千葉市議会議員選挙は稲毛区が最激戦に | 千葉市議会議員 山本直史 オフィシャルブログ「行動する市議会議員」Powered by Ameba
2019-03-29 21:38:38

千葉市議会議員選挙は稲毛区が最激戦に

テーマ:政治と議会と時々選挙

千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする

山本直史です。

 

いよいよ本日から9日間の千葉市議会議員選挙が始まりました。

投開票日は4月7日です。

 

僕はこれまで2007年、2011年、2015年と過去3回の千葉市議会議員選挙に無所属で立候補し、2007年の選挙で初当選して以来、3期12年に渡って千葉市議会議員として活動を続けて参りました。

 

僕は、今回の選挙には立候補しておりませんので、現千葉市議会議員の任期は平成31年4月30日までとなっています。

 

千葉市議会の定数は50議席ですが、昨日の新聞報道によれば全6選挙区で65人の候補者が出馬する予定となっていますが、稲毛区が千葉市全6選挙区の中で最大の激戦区となっているようです。

 

ちなみに稲毛区の定数は8議席ですが、現職6人に、元職1人、新人6人の13人が立候補していますので、13人中8人しか当選しませんので、5人が落選する選挙区となっています。

 

また、最近の統一地方選挙の投票率は40%前後なので、実に6割の有権者が棄権をしている状況になっています。

 

確かに政治に対する期待感は低下していることは否めません。

 

しかし、それでも一人の有権者として、どの候補者であれば市政を託せるかをしっかりと判断し、「投票する」ことは極めて大切です。

 

それは、未来を自らの意思で選択することに他なりません。

 

僕もこれまで、もちろん現在も、現職の市議会議員としてかなり熱き想いを持って行動して来ました。

 

僕が議会でどんな発言をして来たのか・・・

 

実際に議会においては必ず提案型質問を行い、実際に数多くの提案が形にもなってきましたが、なかなかその熱き想いや成果が伝わらないことも多くありました。

 

僕としては出来るだけ多くの方にもっともっと千葉市政に関心を持ってもらいたいと感じていましたが、振り返ってみるとなかなか思うようには行かなかったような気もしています。

 

そして、僕は自分なりに熟慮した上で、5月1日からは市議会議員とは異なる立場から引き続き違うアプローチで日本を元気にするための活動を継続して行きます。

 

また、選挙に関して言えば、僕の熱き想いを受け継いで、同じ稲毛ファミールハイツに住み、これまで様々な取り組みを僕と一緒に取り組んで来た「守屋さとし」さんが、稲毛区から千葉市議会議員に立候補しましたので、僕は守屋さんを全力で応援したいと思います。

 

このブログをご覧の方は、是非ともご自身の判断で、「この人に未来の市政を託したい!」という候補者に、皆さんの貴重な一票を投票していただきたいと思います。

行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ