65歳定年の話 | 千葉市議会議員 山本直史 オフィシャルブログ「行動する市議会議員」Powered by Ameba
2018-10-09 23:34:00

65歳定年の話

テーマ:つぶやきと雑感
山本直史です。

定年が65歳となる話。

日本人の寿命が伸びる中、既に政府は企業に対し65歳まで働くように制度改正を行っています。

企業は60歳定年退職制度を撤廃するか、定年退職を65歳に引き上げるか、65歳まで継続雇用制度を設ける必要があるわけです。

その一方で大企業などでは55歳で役職定年を採用しているところも多くあります。

つまり、会社に真面目に勤めていても55歳で出世が止まり、かつての部下が上司になるケースもあり、それが65歳まで、10年間続くというケースも想定されます。

この場合、よほどモチベーションが高い方が多くないと、企業全体としての生産性は上がらないような気がします。

個人のモチベーションの問題なのか、組織制度の問なのか、企業の成長力の問題はなのか、研修制度のの問題なのか…

そもそも日本の人口構造の問題や、終身雇用制度の限界なのか…

この課題は、今後さらに大きくなるはずなので、抜本的な解決策を早期に考える必要がありますが、個人的には起業かな…とは思いますが、なかなか妙案がなさそうです。












行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース