千葉市の借金総額は13年ぶりに1兆円を下回る | 千葉市議会議員 山本直史 オフィシャルブログ「行動する市議会議員」Powered by Ameba
2018-09-14 17:38:28

千葉市の借金総額は13年ぶりに1兆円を下回る

テーマ:千葉市について

千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする

山本直史です。

 

今日は自民党と、僕が所属している未来民主ちばの2会派が「代表質疑」を行った。(我が会派の代表質疑は幹事長の麻生議員が行いました)

 

代表質疑は市政全般に及ぶため、各分野に対する質疑項目が多いので、少なくとも僕が市民の皆さんにお伝えしたい内容について抜粋してブログで紹介させていただく。

 

〇市政運営の基本姿勢について

 

【質疑】

第2期財政健全化プランの達成状況は?

建設事業債/市債残高

 

【熊谷市長答弁】

・建設事業債の発行額、市債残高と財政健全化プランの達成状況については、平成26年度~29年度までの建設事業債の発行額は4年間の累計で789億円であった。

→計画期間4年間で880億円以内とする目標は達成した。

 

・千葉市の全会計の市債残高は、4年間で400億円以上削減する目標に対し、事業の厳選を行うなど市債発行の抑制や効率的な執行に取り組んだ。

 

→平成29年度末で9,941億円であり、512億円削減し、目標は達成した。

 

なお、全会計の市債残高は、平成16年以来、13年ぶりに1兆円を下回ることとなった。

 

【山本の視点】

僕が千葉市議会議員になった2007年時点で、千葉市の借金総額が1兆円を超えており、熊谷市長になってから「脱・財政危機宣言」を発出するなど、千葉市としてまずは財政を健全化させよう!と様々な取り組みを進めて来ました。

 

なので、千葉市の借金が「1兆円を下回る」という状況はある意味ニュースでもあります。

 

少なくとも、厳しい財政状況の中でまずは市債残高を1兆円を下回る状況になったことは評価できます。

 

行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース