ロシアプーチン大統領「年内に無条件で平和条約締結を」 | 千葉市議会議員 山本直史 オフィシャルブログ「行動する市議会議員」Powered by Ameba
2018-09-12 23:53:02

ロシアプーチン大統領「年内に無条件で平和条約締結を」

テーマ:時事ニュースに思う

千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする

山本直史です。
 

ロシアのプーチン大統領は「日本とロシアの平和条約について、年末までに無条件で締結しようではないか」という突然の提案を安倍総理に対してウラジオストクで開催中の東方経済フォーラムで行ったというニュースが飛び込んで来た。

プーチン大統領による突然の提案はあらかじめ日本の外務省が把握していたのかはわからないが、少なくとも公の場でロシアのプーチン大統領が安倍総理に対して「平和条約の締結をしよう!」と提案した事実は間違いない。

 

平和条約の締結自体は日本とロシアにとって明らかに前向きな話であることは間違いないが、日本としては平和条約締結前に北方領土の問題を解決しなければならない。

 

現在は平和条約を締結していなくてもロシアと日本の関係はそれほど悪化しているわけではない。

 

そのような中、無条件で平和条約を締結し、北方領土において日本とロシアによる共同経済活動が始まってしまってからでは、北方領土が日本に返還される可能性は著しく低くなると思われる。

 

つまり、日本にとっては「無条件」での平和条約締結には応じられるはずはないと思われる。

 

しかしながら、突然の提案とは言え、プーチン大統領からの安倍総理に提案があったことは事実なので、交渉プロセスで言えば「日本側にボールがある」状態になったため、その提案に対して何らかの返答をする必要があるだろう。

 

日本側としては領土問題を解決した上での平和条約締結が基本線となるだけに、この先の展開がどのようになるのかを注視したい。

 

行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース