アジング道

この歳になってまさかの嵌りよう。
アジング、メバリング最高!


テーマ:

12/8(日)


タイトル、アジングが”あじんぐ”と平仮名のわけは?



午前中は女房殿に言われるまま、お買い物にお付き合いしました。

が、2時を回る頃にはすることもなくなって只退屈な時が過ぎていきます。


TVを点けちゃ消し、点けちゃ消しの繰り返し。

釣りにいきたいな~

夜釣りは女房に言い出せなくて・・・・思いつきました。


「ちょっとその辺に行ってくるから」

散歩でも行くそぶりで,   ふふふ。

明るいうちに行って、明るいうちに帰ればそんなに文句も言われない?


前回の釣りで複雑、かつ目めぐるしく変わる潮に、つい昔やっていた渓流の流れを思い出し

アジを渓流竿で釣ってみたら面白いのじゃ?


釣場までの途中で325円のつけ餌用アミを購入。


目指すは先月から我等仲間内が熱狂して通っていた場所から程なくの餌師が多い場所です。



本流釣り用の渓流竿6.2mにラインは0.4号の通しに目印、ヤマメ針にガン玉3号を打って釣り開始です。

yamazuriのブログ

アジングロッドなら即座にキャストですが何せロッドが6.2mなので電線、背後の建物などを

頭に入れての振込みとなります。


海は穏やかです。

幸いなことに風も殆どありません。

ガン玉3号でフワリと着水した仕掛けはゆっくりと海になじんで行きます。

穂先、アジングロッドならティップといいたいところですが、ここは穂先といわせてください。^^


二つの目印の傾きで潮の方向が分かります。

極々ゆっくりとしか流れていません。

徐々に穂先を下げていきます。

脈釣りです。


しばらくして僅かなアタリが目印と同時に手元に伝わります。

ヒガンフグの赤ちゃんでした。(>_<)


波もおだやかで日も明るいのでどこか隠れる場所があるところがいいのかな?と

ちょっと方向を変え冷却水の泡が流れるところに沈めました。


仕掛けがなじみ、フワフワと漂う目印を少し深く沈めたときいきなり目印がヒューと動きました。

すかさず、竿をすっと立てると思いも寄らぬ力強い引きです。

おっつ、オオーといなしながら上がったのは25cmの良型です。 ははは(笑)


のべ竿が面白いのはリールがないので竿の長さと結んだ道糸以上のラインが出せない、その中でのガチのやり取りというところ、勿論ドラッグで調節して引きが強ければ安易にラインをとりあえず出しておけばということが出来ません。


更に云うならのべ竿の穂先にラインを直接結んだものと、ガイドを通して出て行くラインとは同じ魚が掛かっても竿の受け止め方が違うということです。


のべ竿は加重がかかってくるとそれに耐えようとする弾力は穂先から徐々に手元に入って行きます。

魚の引きの強弱に穂先は敏感に反応します。

少しの差ではありますが、リールの竿は加重をガイドを通して竿全体の弾力で受け止めようとします。

この微妙な違いがのべ竿の魅力なのです。


この後もポツポツ釣れます。

思わずやり取りで身体がつんのめるような態勢も^^


餌師が登場。

じわりとそちらに擦り寄って撒き餌の近くを流します。

ハイエナみたいで悪かったけど三時半から五時半迄、餌師は二人でアジが二匹のみ (^_^;)


面白くてまだまだやりたかったけど、気楽にぷらりとだったので

キャップランプなども準備してないし正味二時間の釣りで終わりました。


20cmから25cmまで6匹、豆10匹(リリース)の楽しい釣りでした。


あじんぐ のべ竿道、捨てられない!


yamazuriのブログ


AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

yamazuriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。