フィッシュアウルの釣行記

フィッシュアウルの釣行記

いよいよ渓流も大詰めだね!!

雨が降ると釣り人が少ない(^^)

 

フライフィッシングの雨は出かける気にならないが、友釣りは水遊びみたいなものだから、

熱中症になりそうな暑い日よりも、雨の日の方が涼しくて釣りをするには条件がいい。

 

 

雨だから、釣り人も少ない(^^)

 

時期的に数は望めないが、掛かる鮎は「でかいサイズ」ばかり!!

 

 

 

 

平均サイズは24cm

 

今回の最大は27.2cm

 

今年は久々にレコード更新を狙えそうなシーズンだけど、

10月になると海に行きたくなってしまうんだよね。

 

 

 

 

子持ち鮎もいて、塩焼きにしたら最高だった!!

 

今年は水温も高くて鮎も若いから、もう一回ぐらいは出かけたいね。

 

水量は落ちたはずだけど、予想外の水量。

 

 

 

まぁ~ 何となく予想はしていたけどね・・・

 

水量は多くても気にならないが、出るはずのポイントからも魚の反応がない。

 

先行者か??

 

いや・・・

 

違うな。

 

気温が下がった影響もあるかもしれないが、それだけでもなさそうだ。

 

 

 

こんなサイズはボチボチ釣れたが、久しぶりの「不完全燃焼」

 

期待をして出かけなければ十分な釣果だけど、期待をして出かけたばかりに・・・

 

9月も中盤。

 

そろそろ今年も、納竿の季節だね!!

フライフィッシングも楽しいが、フライに負けないくらい楽しいのが友釣り。

 

今回は天気も曇りで涼しそうだから、久々に友釣りに出掛けよう!!

 

 

 

 

何処で竿を出そうか迷ったが、釣り人の少ない瀬で竿を出してみる。

 

 

時期的に沢山釣れる事はないから、今回は数よりもサイズ狙い。

 

 

囮を付けて流れに入れると、すぐに目印が飛んで一匹目(^^)

 

 

連続で掛かることは少ないが、

掛かるサイズが大きいので十分に楽しむことが出来る。

 

 

 

のんびりとした釣行だから、昼食は「ヨコザワテッパン」を使ってBBQ

 

のんびりとお昼を食べて午後の部に突入!!

 

 

3時ごろからはいい感じに掛り始めたが、帰りの渋滞も考えて4時で納竿。

 

 

 

 

釣れた鮎は20cm~25cm 

 

数は囮込みで16匹

 

 

 

25cmクラスは4匹だったけど、釣れたサイズの殆どが23cmクラスだったから、釣りとしては大満足だったね!!

 

 

 

 

昨年の台風で荒れてしまった渓は数知れず・・・

 

ここ数年は、大雨や台風の影響で、毎年のように川が潰れていく。

 

あの渓は大丈夫だろうか??

 

そんな事を考えながら入渓点で川を覗くと、

好きだったポイントは浅くなり、砂で埋まってしまっている。

 

やっぱり、影響はあったか。

 

好きなイワナたちは大丈夫だろうか・・・

 

増水気味の渓を釣り上がると、大きなポイントからはイワナたちが飛び出してくる。

 

 

大雨の影響が残る魚体。

 

想像もつかないような濁流の中を生き抜いたイワナ。

 

 

 

このイワナはコンディションも回復している(^^)

 

 

ハンプバックアマゴに負けない、ハンプバック尺イワナ。

 

このイワナに会うことが出来れば、言うことは無いな。

 

 

惚れ惚れしてしまうような魚体の尺上。

 

このイワナたちが子孫を残してくれたら、この後も安泰だろう!!

 

何年も何十年も・・・

 

いや、きっと、何百年よりも遠い昔からここに住んでいるネイティブ達。

 

来年も同じ場所で会うことが出来ればいいんだけどね。

 

 

 

盆明けの山岳渓流!!

 

前日までの雨の影響が気になったが、様子見を兼ねて釣り上がり。

 

増水で渡渉に苦労する場所もあったが、教科書通りのポイントからは、8寸クラスが顔を出してくれた。

 

 

3時間ほどの釣り上がりで8匹。

 

見つけた尺上には見切られてしまったが、次の楽しみにしよう(^^)

 

 

前回の釣行から3日後。

 

今回は水量が落ち着いているかな?

 

そんな期待をして渓を覗き込むと・・・

 

う~ん。

 

前回と変わらないレベル。

 

まぁ~渡渉に苦労はしそうだけど、こんな時の方がいい釣をする事が多いからな。

 

流心を流すことは厳しいから、狙いは巻き返し。

 

 

釣れるイワナは7寸から8寸。

 

前回見つけた尺上は、お留守のようでちょっとだけ凹む。

 

数は釣れるから釣り自体は楽しいが、ドキドキするようなサイズも釣りたい。

 

見るからに釣れそうな一級ポイント!!

 

ここは出るだろう!!

 

流心を避けて巻き返しと脇を流してみるが、反応がない・・・

 

おかしいな。

 

ここにはいるはずなんだけどな。

 

考えられるポイントの全てにフライを入れた後で、何も考えずに流心を流すと!!

 

デカい影が水面下に現れてフライを抑え込んだ。

 

ここか。

 

水面下でギラギラと翻る魚体。

 

慎重にやり取りをして無事にネットイン。

 

 

今日の釣りはこの一匹で100点満点!!

 

 

「増水は大物の気配」

 

やっぱり増水は「ドキドキするサイズ」に出会えるチャンスだね(^^)