修学旅行の思い出を探して 行き道 | 福岡の団塊ジュニア世代進路アドバイザー社労士・山本幸司のブログ

テーマ:
2018(平成30)年1月5日(金曜日)の早朝、

私は福岡県直方市にいました。


直方の象徴である日の出橋、


一級河川・遠賀川に架かるこの長い橋は「或る青春ドラマ」の舞台にもなりました。


『翼をください』、

1988(昭和63)年の1月3日(日曜日)にNHK総合にて放送された単発ドラマで、脚本家のジェームス三木先生が自身の講演で直方市を訪れた際に

「別々の学校へ通う高校生が日の出橋の下流域と上流域を完全に分かれて歩いている光景」

を見たことがヒントとなった作品であり、テーマは「高校格差」です。


片岡鶴太郎さんとブレイク前の江口洋介さんが主演を務めたこのドラマは当時の高校生から絶賛され、何度も再放送がされました。




『翼をください』、私にとっては名作の1つとなっています。


1988年と言えばバブル全盛期、

この頃までは「大学に進学してナンボ」の世相でしたので進学校クラスの高校が今以上にもてはやされました。


この日の福岡県は小雨、

直方駅前のシンボルである大関・魁皇関の銅像も雨粒に耐えていました。



「直方のスーパースター」こと魁皇関が日の出橋の近くにある直方第二中学校から角界へ入門したのが1988(昭和63)年の3月、

『翼をください』のオンエアから僅か2ヶ月後のことでした。


その直方駅からは5時19分に発車するJR九州・筑豊本線の折尾(北九州市八幡西区)行き普通列車に乗ります。



今回の目的地は大阪市中央区の

「大阪府社会福祉会館」

私が昨年2017(平成29)年の4月より勤労学生として在籍している東京都世田谷区の「産能大学」こと

*産業能率大学  情報マネジメント学部  現代マネジメント学科  通信教育課程

の面接授業「スクーリング」が1月6日(土曜日)から翌7日(日曜日)にかけて開催されます。


折尾駅は筑豊本線と鹿児島本線が立体交差をする「迷路のような駅」、

現在、「迷路」状態の解消を目的に配線変更を伴う大規模なリニューアル工事が行われています。


その折尾駅からは5時45分発の門司港(北九州市門司区)行き普通列車で小倉(北九州市小倉北区)へ、


小倉駅では横のホームに停車している下関(山口県下関市)行きの普通列車に乗り換えます。



ひと駅先の門司(北九州市門司区)からは路線名が山陽本線となり、関門トンネルを通過すれば本州そしてJR西日本へ上陸、

下関駅6時36分発の岩国(山口県岩国市)行き普通列車はJR西日本の黄色い車両となります。



神戸駅(神戸市中央区)まで延々と続く山陽本線ですが、普通・快速列車の車内は基本的に快適な「2人掛け座席」、

そのため苦になりません。

この岩国行きもそうです。



新山口(山口市)は山陽新幹線の併設駅、


2003(平成15)年の10月に実施されたJRグループのダイヤ改正より新幹線「のぞみ」号が一部停車することによりそれまでの

小郡駅

より改称されましたが、現在でも「小郡」と呼ぶ人が少なくありません。


新日鐵の街・山口県光市はソフトバンクのCMのおかげで一躍話題となりました。

3年前の今頃、毎日のように流れていた「お父さん犬」カイ君のほのぼのとしたCM、


舞台となった光駅はあのCMと同じく静かな雰囲気でした。


但し、CMの天候はこの日と違って「快晴」でしたが。


柳井港(やないみなと、山口県柳井市)は「柳井港フェリーターミナル」の最寄り駅、


柳井港フェリーターミナルと四国・松山市の三津浜港とを結ぶ防予フェリーは日曜日を除いて終夜運航しています。


9時49分、岩国に到着。

昨年の11月26日(日曜日)に新しい駅舎へ生まれ変わった岩国駅は長きに渡り苦楽をともにした跨線橋が役目を終えていました。



その跨線橋から後を引き継いだ自由通路の下に待機している新型車両は7分後に発車する糸崎(広島県三原市)行きの普通列車、


私はこの列車に乗り換えます。


糸崎行きを途中の宮島口(広島県廿日市市)で降りまして


駅から見えるJR宮島口桟橋より


今回の行程で唯一の船舶であるJR西日本宮島フェリーへ…。



桟橋付近は工事中のために慌ただしい雰囲気でした。



宮島口桟橋を9時10分から16時10分に出航する便は有名な大鳥居に最接近する「大鳥居便」、

私が乗船した10時40分出航の「みせん丸」も


「大鳥居便」なので大鳥居の目の前を通りました。



約10分ほとで宮島フェリーターミナルに到着、

日本三景・宮島の玄関口だけあって威風堂々としています。



新年早々ということもあり参道は多くの参拝客が歩いていましたが


鹿にとっては年末年始など関係ありません。



生の大鳥居を見たあとは


300円の参拝料を納めて


厳島神社の境内に入ります。



早朝に直方を出発して以来、どんよりとした天候が続いていましたが、僅かながら回復の兆しが…。


果たして清盛公による奇跡が起こるでしょうか。


11時55分、行きと同じ「みせん丸」で宮島フェリーターミナルを出航、


自身にとって16年振りとなる宮島のひと時を充分に楽しめました。


宮島口駅に戻った私は


12時19分に発車する2回目の糸崎行き普通列車に乗りました。


広島市西区の新井口(しんいのくち)駅と直結している

『天満屋アルパーク』


広島市内だけではなく山口県の岩国市や柳井市も商圏エリアとなっている県内屈指の大規模な商業施設です。


その新井口駅を過ぎるとJRのライバルである広島電鉄・宮島線の荒手車庫が右手に…。



「線路を走る路面電車」宮島線は宮島口駅から西広島駅(広島市西区)までをJRと完全に並行していますので山陽本線の車窓によく現れます。


広島駅(広島市南区)への到着は12時48分、

広島駅周辺は駅だけでなく


駅前も大幅に変わりました。


『ビックカメラ  広島駅前店』


TSUTAYAと広島発祥のエディオンがコラボした『エディオン蔦屋家電  広島店』


いずれも広島駅前の将来を担う「若手ホープ」です。


頼もしき2大ホープに期待を込めた私は自宅にて作成した産能大学のリポートを広島駅に隣接する広島東郵便局から2通提出しました。



通信教育の大学・短大にとって通学制に於ける「講義の出席」に該当するのがリポート、

私の場合は1年度に18通のリポートが課せられていましたが、この日を以て全18通の投函が完了したことになります。


あと、2月4日(日曜日)に行われる産能大学の科目修得試験、通称「カモシュウ」の申込みハガキも広島東郵便局より出しました。



ちなみに産能大学の定期試験であるカモシュウは

年に6回、偶数月

に全国の指定された会場にて実施されます。


13時35分、広島駅より三たびの糸崎行き普通列車へ、

東広島市にある入野(にゅうの)駅のホームに立てられている駅名票タイプの観光案内板は

「平成十年一月十日」

に設置されたとのこと。


あと5日で丸20年となりますね。


岩国駅から3回連続でお世話となった新型車両とは糸崎駅でお別れ、


15時06分発の岡山駅(岡山市北区)行き普通列車に乗り継ぐと右手にすぐ瀬戸内海が見えます。


この景色はお隣の尾道まで続きますが、駅間距離が長いだけに山陽本線の中でも「名所」として有名です。


やがて車窓に岡山ドームが見えると


岡山駅へ。


1988(昭和63)年の4月に開通した瀬戸大橋線は本州と四国にこれ以上ない革命を起こしました。



岡山と四国・高松は完全に通勤・通学圏内、

両区間の気軽な足である快速「マリンライナー」が目指す高松駅(高松市)周辺は


「サンポート高松」計画によって都会的な街になりました。




瀬戸大橋線を渡って松山へ向かう特急「しおかぜ」号


同じく高知方面へ向かう特急「南風」号


いずれも起点は岡山駅です。


この4月で革命から30年を迎える岡山駅より16時44分発車の姫路(兵庫県姫路市)行き普通列車の人となります。


岡山~姫路間、

日中は全ての列車が途中の相生駅(兵庫県相生市)にて乗り換えなければならないので直通列車は助かります。


18時09分、姫路駅にて有り難い直通列車を降り


姫路駅と直結している地下街・グランフェスタの名店『姫路タコピア』にて


姫路のソウルフードのひとつとして長年に渡り愛されている


一皿400円也の「明石焼風たこやき」を頼みました。



姫路のメイン商店街・みゆき通り、


年明け早々「明」と「暗」に分かれていました。


「明」は姫路市出身の演歌歌手・丘みどりさんがNHK『紅白歌合戦』に初出場を果たしたこと。

年が明けてもみゆき通りは祝福ムードです。


『紅白』では自身の代表曲「佐渡の夕笛」を熱唱していましたね。


一方の「暗」はみゆき通り、いや姫路の老舗百貨店である『ヤマトヤシキ姫路』の閉鎖、


昨年の年末、12月29日(金曜日)に突如として公表されました…。

私自身、『ヤマトヤシキ』はみゆき通りの生き字引として頼もしい存在だっただけにショックでしたね。


今年の2月28日(水曜日)を最後に幕を閉じる『ヤマトヤシキ姫路』、

最後の新年を迎えます。



姫路城のお堀に架かる桜門橋は左側通行です。


三の丸広場から見える正面の姫路城と


管理事務所から見える斜め向きの姫路城とは


同じ姫路城でも印象が違います。

皆様方はどちらの姫路城が好きですか。


姫路城管理事務所も新年モード、

階段の前には門松が飾られていました。



「姫路城マラソン2018」の開催は建国記念日(日曜日)、



一人でも多くのランナーの方々が完走出来ますように。


様々な姫路の街を見た私は姫路駅を20時27分に発車する米原(滋賀県米原市)行きの新快速で


大阪を目指します。



ふと気付いたら新快速は三ノ宮(神戸市中央区)へ、



ふたつ手前の神戸駅が山陽本線の終着でした…。


神戸駅からの東海道本線を東に進み、21時30分に大阪駅(大阪市北区)に着きました。



大阪駅からは正面に「梅田阪急」こと『阪急百貨店うめだ本店』を見ながら同じJR西日本でも


大阪環状線のホームに移動します。



大阪ビジネスパークでお馴染みの京橋(都島区)から反時計回りでやって来た21時39分発の関西空港(大阪府泉佐野市)行き関空快速は超満員、


さすがドル箱路線の大阪環状線ですね。


関空快速は新今宮(浪速区)までの乗車、


ホームからは通天閣が見えました。



新今宮駅を21時53分に発車する関西本線のJR難波(浪速区)行き普通列車は阪和線で発生した人身事故の影響により


定刻よりも17分遅れで到着しました…。



新今宮で降りた関空快速も天王寺(天王寺区)からは阪和線を経由しますが、大丈夫でしょうか?


関西本線の普通列車は次の今宮(浪速区)より地下を走行します。

そしてついにJR難波駅へ…。




ここからミナミの地下街「なんばウォーク」をひたすら歩きます。








12分ほどで大阪最初の地下鉄である御堂筋線のなんば駅(中央区&浪速区)に着きます。



なんばウォーク、明けましておめでとうございます。



地上に出て頭上に阪神高速が見えますと戎橋筋商店街、


今夜はその戎橋筋商店街に店舗を構えるインターネットカフェ『プラネット  なんば店』を寝床にします。



明日1月6日(土曜日)は最短ルートで大阪府社会福祉会館まで向かう予定です。





私は福岡県在住の「社労士」こと社会保険労務士です。


私は2012(平成24)年の11月から4年間に渡り

「合格基準が透明な社労士試験」

「受験生の努力が報われる社労士試験」

の実現を目指して日々奔走されていたtktkさんの活動を誇りに思っております。



私の事務所のホームページです。

福岡の団塊ジュニア世代進路アドバイザー社労士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス