アメーバブックスと幻冬舎の業務提携 | イージー・ゴーイング 山川健一

アメーバブックスと幻冬舎の業務提携

 アメーバブックスは幻冬舎と業務提携することになりました。アメーバブックスの流通に関して、旧知の先輩である幻冬舎の見城徹氏に相談に行ったところ、「うちと業務提携して、幻冬舎の販売ネットワークで全国流通させては」と言っていただき、実現したんだよね。持つべきものは良き友人と言うか、良き先輩だよね。したがって、アメーバブックスの今後の書籍は、「発行・アメーバブックス/発売・幻冬舎」になります。既刊本に関しては、順次奥付やカバーを変更し、全国の書店に再流通されることになります。
 ただ、切り替えの時期が必要なので、数日間だけど、一時的に「絶版」になります。
 これでぼくの『イージー・ゴーイング』も、念願の全国流通が実現するよ。
 
 先週は五木寛之氏と、大阪で行われた玲子夫人の個展に行きました。
 五木さんの『運命の足音』の装丁に使われた版画「悲歌」をいただきました。大切にしよう。

悲歌  
 1泊して金曜日に五木さんと2人で帰京。その夜、業務提携にともなう食事会を見城さんとサイバーエージェントの藤田さんとやることになっていたんだが、五木さんが突然「ぼくも行こうかな」とおっしゃり、「是非とも」ということで、五木さんを交えての食事会になった。
 
 アメーバブックスは、これで新しいステージに立つことになります。
 みんな、よろしくね。