こんにちは!お世話になります。
梅雨ですが、夏日が続いて暑いですね〜
車の中もですが、屋内でも熱中症には気をつけてうまく気候と付き合っていきましょう晴れ
現場も外での作業が多いので、安全&体調管理も徹底していきたいと思っています!


以前も庭でのタイル施工を紹介しました、従業員のHさん宅にて
今回はトイレの壁にタイルを貼ったのでその様子を簡単に記事にします!



まずクロス(壁紙)にタッカーという器具でクロスが剥がれてこないための作業をします。

本当は剥がして貼ったほうがいいのですが、自宅なので割愛します(笑)
タッカーで留めても問題はないので、それぞれの作業者のやり方や現場の指示により変わってきます。



次に内装用のボンドを塗っていきます。


タイルをペタリ。


このようになりました!
使用したタイルは『エコカラット』という商品です。
サイズは303✕303角です。
目地をいれない為303角という表記になります。




こちらは『ガラスモザイクタイル』というタイルです。
サンプルタイルとして会社に残っていたものを頂きました。

実際の大きさは300✕300角のタイルです。
サンプルは見本なので100✕100角になります。
写真の3倍くらいの大きさと思っていただけたら良いかと思います。





後日。ガラスモザイクタイルの目地詰めをしました!
これで一応完成になります。
目地が入るとよりタイル感が増す気がしますね(*^^*)

自宅用なので多少の目地ズレはご愛嬌を。笑
ですが仕事となればプロです。
しっかりお客様に満足していただける仕事を心掛けています!

サンプルなのでカラーはバラバラですが、それもいいアクセントになりました☆
壁紙だけだった時よりもトイレの中が明るくなったように思います。

ガラスモザイクも内装に使われる事が多く、洗面場などにポイントで貼られています。

確かに、全面に貼ったら目が疲れてしまいそうですね。笑




最後に。余ったレンガ調のタイルで天井付近も、、
ここだけ見たらお洒落な感じですが、トイレです。。笑

今回使用したタイルは全て捨てる予定のものでした。
その為数も半端な分しかないので壁のタイルも一部分だけで統一感はありませんが、
Hさんの技量アップと廃材を少なくできたので良かったと思います。
ほかの部屋なども少しずつ改装?してるようなのでまた紹介出来たらと思います!

タイルは今ある壁紙の上から新しく貼ることができます。
もし『ちょっとお洒落にしたいな〜でも難しいのかな、どうしたらいいんだろう。』
そんな疑問をもしお持ちになったら是非相談して下さい。
お客様に寄り添ってお手伝いさせていただきます(*^^*)v