感性ゆたかなひと・感受性の強いひとのための「しあわせと成功の交差点」への道案内〜山口由起子オフィシャルブログ【ララマル】

感性ゆたかなひとや感受性が強いひとのための、自分らしい仕事や働き方、生き方を見つける後押しをしています。


テーマ:

今日は、自分の世界をつくり育てるコース

9月土曜スタートコースの初回でした!


参加者の状況・状態をヒアリングして

自分の世界をつくり育てるために必要な取り組みを

完全個別フィードバックしながら進むコースです。

仕事、発信、人間関係、パートナーシップ、起業、

可能性について、資質、苦手と苦手意識、
全身全霊で生きる、内面的な課題・・・

めっさ色んなことを話して、


途中で甘いもの休憩もして(笑)、
あっという間に3時間。

image

 

今回の参加者は、やりたいこと、進みたい方向は

ハッキリとある方々です。

 

でも、
「では、すぐに始めましょう!気合い!」とはしない。

気合いが必要な時って、時期尚早。
 

新しいことって、始まっていくのですよね。


起業でも、新しい活動でも、企画でも、

始まっていくようにする。

 

そのために、自分の世界をつくり育てる。


内面と外の世界を耕して、

畑から作物が生えるように、

新しいことが始まっていくようにする。

 

そんなイメージで、取り組んでいます。


 

全6回のコース。
次回までの間、FBでフォローしながら進みますよ。

 

 

★9月スタート、水曜コースはまだご参加頂けますよ。

 


自分の世界をつくり育てるコース

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、自分の世界をつくり育てるコース

8月スタートコースの3回目でした。


お一人お休みで、3人で開催。

image



初回は楚々としたお嬢様のようだったのに、

イタリアンマダムのように格好良くなってる方。

憧れるぜ・・・!

image

 

 

自分の世界をつくり育てるコースは

ふるい世界観を手放しながら


新しい世界観に基づく
”自分の世界”をつくっていきます。

 


その過程で、日々のこころの状態が変わったり、
暮らし方が変わったり、
仕事が変わったり、
ファッションが変わったりします。


例えば、

・ふるい世界観&ふるい世界:

人生は戦いだから(世界観)、
いつもボーイッシュで、
自分を守るような暗い色を身につけている。


・切り替え中:

戦いマインドが変わり、脱力できるようになる。
今まで怒りを感じてたことが、それほど気にならなくなる。
(世界観=徐々に”人生が平和”になってきている)

ガーリーで、ふわっとした素材の洋服を
身につけるようになる。
でもまだ少し、戦いの世界観が残っているので、
暗い色で自分を守っている。


・・・というようなことが起こります。


切り替えを促進するようなフィードバックを、
月1回のグループコンサルで行います。


新しい世界観への切り替えが進むことで、

 

 

最初の時点で「やりたいことが、よくわからない」

という状態だったひとでも、

 

おぼろげに「やりたいこと」が見えてきます。


このときのやりたいことは、

=新しい世界観に基づく世界で、

やっているであろうこと、です。
不足感からの欲求ではなく、本心でやりたいこと、ね。
 

 

3回目の今日は、

みなさんの一歩先の未来が
おぼろげに見えて来たような回でした。

 

すでに見えていたひとも、より具体的に。

 

同時に、「ふるい世界観を、手放しきること」も

テーマに上がってきます。

 

もう、自分らしくない行動は、やめよう!ということ。

 

顕在化されたということは、

もうやめる準備ができているということなので、

あとは具体的にやめて、定着させるだけです。

 

 

というわけで、今回も色々な話をして終了。


仕事について、お休みの日に訪れるとよい場所、

運動と食事、パートナーシップ、
生かすと良い強みと生かし方


・・・など、多岐に渡りました。

 

 

コースはあと3回、続きます。


 

 

自分の世界をつくり育てるコース

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

きのうは、自分の世界をつくり育てるコース

3月スタートコースの最終回でした。

 

image

 

「自分を取り戻しながら、世界をつくり育てる」

というテーマの期でした。


内面的な変化が大きかった、お二人です。
内面の変化に伴い、
自分を取り巻く外の世界も変化をするのは自然なこと。

仕事を手放したり、人間関係が変化したり。

毎回、何が起こるか予想がつかないけれど、
最後は”なんかいい場所”に着地するコース。

「ああ、こういう感じになっていくのね・・・!」
と、見守っていますよ。


今回のお二人は、ある意味、対照的な性質のお二人で
お互いを「うらやましい・・!」と思う、と
最終回に告白(?)されてました。


※「自分の世界は、いいものだな」と受け入れてる前提でね。


 

 

参加者の、みよさんの記事。


 

=====

 

このコースを受けて、何か大きな変化が起きたか?
 
仕事もやめてないし、一人暮らしも始めてない。
 
でも、ブログは始めた。
なんとなく、力入れて生きなくてよくなった。
気持ちは楽になった。
アウトプットができるようになってきたのが大きいんだろうと思う。
事柄として変化はなくても、大きいといえば、大きい変化。
 
自分の強みなども改めて聞いてみて。
まあ色々あったのですが。
 
淡々と積み重ねていくことで、気づいたら違う世界に変わっている感じ。
 
…大きい変化が急に起きないわけだ。
劇的な変化に憧れたり、個性的な人に憧れたりするけれど。
それは私の持ち味ではないんだなぁ。
ということがわかった。

=====

 

自分の世界は、他の誰とも違う、

自分自身の個性を認めた先に出来上がるものです。

 

個性をまるっと認めて、開花させるからこそ、

コースが終わっても、自分の世界を育て続けられるのです黄色い花

 

【9月スタートコース:募集開始】自分の世界をつくり育てる6回コース

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、自分の世界をつくり育てるコース

木曜コースの2回目でした。

 

お一人早退されたので、3人でぱちり。

image


「自分の世界をつくり育てる」ことって、
当たり前ですが、参加者それぞれの個性も違うし
それぞれの”時期や流れ”も違うのです。

あるひとは、「古い世界観を手放す」ことに取り組むし、
あるひとは、「今まで封印していた資質を取り戻す」ことに取り組む。
あるひとは、「可能性を探る」ことに取り組むし、
あるひとは、「すでに見えている方向性に対して、行動して行くこと」に取り組む。


なので、完全個別のテーマに取り組むことになります。
でも、グループで開催すると、”場のちから”が働くのが
いいところです。

違う個性のひとの、違う時期の話であっても、
いまの自分とつながるテーマがあったりします。

また、ひとがいることで、
「自分は、こういうひとなんだ」
「自分は、こういう時期なんだ」と
客観視できる効果もあります。


今回は、

しとやかお嬢様だったひとが
ロックな美人になっていたり、

毎日履いていたデニムに違和感を感じて
毎日スカートに変わったり、
(フィードバックもしたけど、
自分自身としても違和感を感じたようです)

人生の夏休みを堪能したり、

発信を始めたり(コースの時間内に・・!)

みなさんそれぞれの方向で、
それぞれの変化のプロセスを進まれていましたよ。


コースは、続きます。

 

 

 

【9月スタートコース:募集開始】自分の世界をつくり育てる6回コース

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、自分の世界をつくり育てるコース

3月スタートコースの5回目でした。


セミナールームを飛び出し、ラウンジへ。

image

世界観のうち、大きな割合を占めるのが、「人間観」です。
人間とは、こういうものだ・・・という大前提。

 

 


世界観が変化するにつれ、人間観も変化します。

人間とは、煩わしい存在だ。
という世界観で生きていると、

表面的な人付き合いを頑張ってしまったり、
人付き合いそのものが億劫になります。
頑張りすぎた結果、息苦しい人間関係が
出来上がってしまっている場合もあります・・・!


それが、「人間とは、いいものだ。やさしいものだ。」
に変化していくと、

ひとと一緒にいたいな、と思うようになったり、
出会いを求めるようになります。


このとき、人間=煩わしいの時とは、別の形で、
人間関係が構築されていきます。

「いいものだ」が大前提なので、
「いい、と感じるひと」「気が合うひと」に
センサーが働くようになり、

結果的に、心地がよい人間関係ができるのです。


・・などなど、人間観の変化の話は一部で、
色々な話を色々な角度からしました。
色々なことが、起こるなあ!

image

コースは、あと1ヶ月、続きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)