受験は体力だーー! | 息子を東大に入れた!山口正記の父ちゃん塾

受験は体力だーー!

忍耐強くなるためには、体と心を鍛えなければならない





と昨日、書いた。





息子は3才から水泳を始めた。





水泳は心肺機能を高める。





4年生からはサッカー教室に入った。





サッカーは足腰を鍛える。





「泳いで走る」単純なことだ、フランスの外人部隊の体力強化法と同じだ。





ただ一筋に体力をつける。体力養成だ。





先は長い。





体力がつくと忍耐力がつく。





10才までに体を動かす癖をつけよう。





その後、浪人時代に8時間、9時間、10時間と勉強時間が伸びても息子は驚異的な集中力を発揮した。





父ちゃんは思った「中学・高校時代からそれ位勉強していたらなぁ~」





因みに息子は高校3年生の1年間だけ勉強すれば東大に入れると思っていたらしい・・・。








息子とキャッチボールをする事を夢見ていた父ちゃんはグローブとボールを買ったが、サッカーを始めた息子は興味がなくキャッチボールは1日で終わった。(××)







にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村