どうも山口です。



病院の子ども達にエンタメを届けたいということで、走る個展会場『プペルバス』を作りました。



このプロジェクトを進めるにあたり会社を作っていますが、会社でプペルバスを作ったのではなく、全国各地にいる仲間と一緒に作ったものです。



走る個展会場なるものもおそらく日本にないし、こんなビジネスモデルもないので、仕組みからマネタイズから全て手探りでやっています。



コロナの影響で光る絵本展は軒並み延期になっていますが、それでも維持費などはかかってきます。



この前もバスの修理代にサクッと30万かかってぶっ飛びました。



その中で立ち上げたクラファンは、皆さんのお陰で83万円も支援が集まりました。ご支援ご協力頂いた皆さん本当にありがとうございます。



それでも運営はまだまだ赤字で毎日ヒィヒィ言いながら、子ども達の笑顔でなんとか耐えていたんですが、光る絵本展も延期で“笑顔パワー”もなくなり、歯を食いしばっています。



そんな中、西野さんのサロンメンバーでアサヒ飲料社に勤める方より、『プペル自販機』の話を頂きその仕組みがめちゃくちゃ素敵だったので、「やりましょう」と即答し水面下で準備を進めていました。












『プペル自販機』の特徴は、自販機をラッピングするだけでは無く、オーナー様に入る売上の一部をプペルバスの活動資金に回して頂くという仕組みになっております。




大人、子ども達関係なくジュースを買った一部が支援に回るという、リアルな優しいクラファンです。




これめちゃくちゃよくないですか!?




自分のために買ったもののお金が、そういう使われ方をしているって分かったらなんかホッコリするし、そういうこと(プペルバス)をしている人達もいるんだと知ってもらえるし、子ども達の笑顔が増えるしもうめちゃくちゃ最高と思いました。




『プペル自販機』が全国に広がる事で、プペルバスの活動が加速するだけでは無く、年末に控える映画の広告塔にもなります。




そしてそして〜愛知の『とよはしボクシングジム』の富永さんに御協力を頂き、ジムの入口に第1号の設置が完了しました!!











もしこのブログを読んで『プペル自販機』を設置したいという方いらっしゃいましたらご連絡下さい。



秋までに100台を目標に動いていきますので、皆さんよろしくお願い致します。



プペルバスプロジェクトで子ども達の笑顔を増やします!!!












POUPELLE BUS STORY 
ーみんなの笑顔に会いに行くー







■移動式個展会場『プペルバス』■

【Webサイト】

【Facebookグループ】

(覗くだけでも大丈夫ですのでお気軽にご参加下さい(^^)入ったからと言って無理に何かをお願いすることはありません)


【BASEショップ】

プペルバスショップ







■セミナー情報■






■ライフデザイナー山口修平■

【LINE公式アカウント】
ブログ、セミナー情報や、身体の使い方、
脳の使い方、働き方、稼ぎ方など
様々な“カタ”をお届けしています。
セッションのご予約、ご相談もこちらから!! 友だち追加