古民家 伝統耐震.床下診断 | やまSONのぼちぼち歩こう

やまSONのぼちぼち歩こう

日々の出来事と気が付いた事 大好きな木造建築 古民家 古材にかかわる活動の事を 発信していきます。


テーマ:
佐賀県にて 古民家の伝統耐震診断 およびロボットによる床下診断が行われました。
{D5792CA3-E26F-4069-882C-B4E0F3861618}

昨今、建物調査(インスペクション)の重要性が高まっている中、伝統構法の古民家への耐震対策の調査として 注目されている診断方法です。

{8EE63814-E17E-428F-A3AB-6482193C25CF}

{AACF52DC-198D-4640-A295-DD1EB6E91F95}

太い丸太梁組みとサス組みによる 築150年経過した茅葺き古民家です。
{22D7267D-C038-44B8-996B-E01856B22E32}

{23D65A3B-9302-4092-A4E0-29CEE036753A}

長押飾りの意匠があり 地域性のある曲がり屋の小屋組がとても良い状態で 残った建物です。

できることなら 良い状態で後世に伝えていただきたいものです。

やまSONさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス