キャリアメールは送れても、受けられない、という罠。 | くるまの達人

くるまの達人

とか、タイトルで謳いながら、実はただの日記だったりするけど、いいですか?

キャリアメールという仕組みが、日本
にはあります。

具体的には、

@docomo.ne.jp、
@ez−web.ne.jp、
@softbank.ne.jp、等

というドメインネームを使った、携帯
電話専用のアドレスで運用されるメー
ルの仕組みのことです。

この仕組みは、いわゆるEメールとは
異なり、簡潔に言えば、それぞれの携
帯電話会社(キャリア)の社内LAN
が基盤になっています。

言ってみれば、内線電話のようなもの
で、外線への接続は、時代の要請に促
されて後付けされた仕組みによって可
能になっています。

その昔、異なる携帯電話会社へのメー
ルメッセージが送れない時代があった
のも、もともとの仕組みに起因してい
ます。







さて、スピーカーシステムは、Eメー
ルでのお申込みをいただくところから
やり取りが始まり、アフターケアやご
愛用者へのお知らせなども、すべてE
メールを使用しています。

この方法が機能するためには、双方間
でEメールのやり取りができることが
必須です。ところが前述したキャリア
メールでは、基本的にキャリアメール
から発信されたメッセージをわたしが
受け取ることはできますが、わたしか
ら発信したメッセージをキャリアメー
ルで受け取ることはできません。

理由は前述したとおりで、会社の内線
電話に外線から直接電話をつなぐこと
ができないのと同じことです。

会社のデスクにある電話から外線発信
をするときは、最初に0(ゼロ)を押
してから、という手順が必要だった時
代がありましたが(今でも残っている
かもしれません)、キャリアメール
(内戦)からEメール(外線)への発
信も基本的に同じだと考えていいです。

ただ現在キャリアメールでは、0(ゼ
ロ)を押すのと同じ役目を果たす手順
は自動的に行われるようになっている
ので、携帯電話端末からの発信は特に
問題なく行えるようになっています。

ところが、Eメールからの着信は、電
話でいうところの「内戦○○番につな
ぎますね」という手順を踏むことが必
要で、それは携帯端末での処理ではな
く、携帯電話会社の交換機での処理で
す。

そしてその処理の設定は、携帯電話の
利用者自身で「Eメールを受信する
(外線電話を直接つなぐことを許可す
る)」という設定変更をしない限り、
「Eメールからのメールは受け付けま
せん」というモードになっています。

ガラケーでもスマホでもiPhoneでも、
キャリアメールを使う限り、同じです。
初期設定は、Eメールへの発信はでき
るけれども受信はできない、となって
いると考えて、まず間違いないです。


ガラケー、スマホ、iPhoneなどの携帯
電話端末から、スピーカーシステムへ
のお問い合わせやお申込みのメールメ
ッセージを送っていただく場合は、で
きるだけキャリアメールのアドレスか
ら発信しないでください。どうしても
キャリアメール、すなわち

@docomo.ne.jp、
@ez−web.ne.jp、
@softbank.ne.jp

が末尾についたアドレスから発信する
ときは、わたしからの返事が受け取れ
るように設定を変更しておいてくださ
い。

具体的には、

@k−advanced.co.jp

のドメイン名からの受信拒否を解除し
ておいてください。


スピーカーシステムのウェブサイトに、
PCからのメールが受信できるアドレ
スからお送りください、という注意書
きを書き添えてありますが、最近また
キャリアメールからのお申込みメール
が増えてきました。そしてそのうち半
数くらいは、こちらからの返信が届い
ていない気配を感じます。

そう、キャリアメールで受信拒否され
た場合、相手に届いていないのか、届
いたけど返事がないのかさえ、こちら
にはわかりません。

お互いに嫌な思いをするだけの、この
キャリアメール問題なんです。

もはや利用者にとって百害あって一利
なく、携帯電話会社の顧客囲い込みD
M送信用くらいしか意味のないキャリ
アメール、そろそろ廃止か、純然たる
Eメール化への移行を実施してもいい
んじゃないかと思ったりもしています。




山口宗久(YAMAGUCHI-MUNEHISA.COM)
webTV「モーター日本」
Twitter / nineover
facebook / Yamaguchi Munehisa