「聖母」…じゃ、なくね⁇

テーマ:
ども。
子どもの頃、

という歌が、大・大・大好きだった、
絵本セラピストのふゆちゃんです。

私の歳がバレてしまうので、
小学校2年生くらいだったことは、
内緒にしておいてくださいませ…デレデレ

さて。

「聖母」 
…って聞いて、
どんな女性をイメージしますか?

私は、
「聖母マリア」さまが頭に浮かびました。

実際にお会いしたことはないので、
これまでに聞いたエピソードや、
絵画や、彫刻などのイメージですが。

「聖」という文字に、
清らかさを感じる人は、
私だけではないかもしれませんね。

✨✨✨

ところで。

冒頭で、私が大・大・大好きだったと書いた
『聖母(マドンナ)たちのララバイ』ですが…、




私は、
「聖」という言葉ではしっくりこない
もっともっと深い情愛っていうか、
誤解を恐れずに言うならば、
「性」を伴った愛で包み込むような、
そんな印象を受けました。

私的には、
「聖母マリア」ではなく、
「マグダラのマリア」の方が、
ピッタリ馴染むんでないかなぁ…って。

…って言うか、
小学校2年かそこらで、
この歌を熱唱していた私ってニヤニヤニヤニヤ