• 31 Jul
    • 夏みかんの丸漬 1

      萩市の名物「夏みかんの丸漬」が届きました。  去年ケンミンshowで紹介されてから注文が殺到し、しばらく売り切れになっていました。  外観はこんな感じ。グラニュー糖が全体にまぶしてあります。  切ってみます。  外側は夏みかんの皮の砂糖漬けです。中身はくりぬいて、白い羊羹を詰めてあります。  羊羹は夏みかんの香りがします。  外側の苦みと羊羹の甘さが良いバランスを醸し出しています。(続く)

      2
      テーマ:
  • 24 Jul
    • 泣き歌の貴公子

        今気になる同郷の歌手、林部智史。 勝ち抜きの歌番組、ドラマの主題歌でよく彼の声を耳にしていたが、ようやくメジャーになってきた。「山形県出身」、「山形南高校卒」、「苦節10年」と聞くとなおさら応援したくなる。  2107年7月2日の河北新報「河北春秋」から 切ない歌詞と歌声が相まって、いつの頃からか「泣き歌の貴公子」と呼ばれる。新庄市出身の歌手林部智史さん(29)は、透明感のある歌声の持ち主だ。10万枚を販売したデビュー曲「あいたい」など、これまでシングル3枚を発表した。線が細い印象とは裏腹に、小学2年生からバスケットボールに打ち込み、一時はプロ選手を目指した体育会系だ。夢をかなえようと1浪までして全国大会準優勝の実績を持つ山形南高に入学。その後、ボールをマイクに持ち替えるまで多くの試練を味わった。高校では全国の舞台に立つ力を備えながら、けがを恐れ、こぼれ球に飛び込めない自分に限界を感じ競技者の道を断念。看護師を志して専門学校に進むも、実習で患者の死をきっかけにうつ病を患い、退学した次々と目標を失い、住み込みで働きながら全国を転々とする日々を送る。放浪先で歌声を絶賛され、歌手になろうと決意。上京後、新聞奨学生をして学費を稼ぎ、音楽専門学校を卒業した。アルバイトを経てテレビのカラオケ番組で脚光を浴び、2016年にデビューを飾った地声は若いのに、歌になると情感にあふれ、憂いを帯びる。「歌は人生経験が出る」と林部さん。実年齢以上に成熟した響きは、多感な時期の苦悩と挑戦のたまものだろう。(2017.7.2)  Wikipediaによると バスケットボールの強豪校への進学を考え高校受験をするものの失敗し、1浪の末山形県立山形南高等学校に合格するなど学生時代から挫折を経験している。バスケットボールでは、全国大会に出場し、山形県の国体選手になるなどの結果を残している。同高卒業後は鶴岡市荘内看護専門学校に入学した。しかし、うつ病を経験し看護師を目指すのが困難になり、引きこもり生活を経験する。その後、アルバイトをしながら放浪の旅を続けることになる。そして北海道の礼文島にあるホテルで働いている時、友人に「その声で歌手を目指さないのはおかしい」と言われたのがきっかけとなり、音楽活動に専念することを決めた。その後は新聞奨学生として懸命に働き、ESPミュージカルアカデミーヴォーカルコースを首席で卒業するなど、生活と歌の両立を図る努力を怠らなかった。しかし首席となるも、数あるオーディションに合格できず卒業後の歌手デビューは叶わないでいた。一度は歌手になることを諦め東京ディズニーシーでキャストとして働くが、THEカラオケ★バトルから出演のオファーがあり、そこからは仕事もボイストレーナーに就き、今一度歌手を目指し始める。同番組では、なかなか優勝できずにいたが、2015年1月には優勝しないと番組出演を辞退すると決意し、初優勝。その後も優勝を重ね、2015年の年間王者を決める大会で番組史上初となる予選、決勝連続100点満点をたたき出し完全優勝を決めた。2016年に歌手デビューを果たし、THEカラオケ★バトルの2016年年間王者にも輝き連覇している。その後、自身の音楽活動に専念するため、同番組は「殿堂入り」という形で卒業した。  抱きしめたい https://www.youtube.com/watch?v=AsNBQECzZeUあいたい https://www.youtube.com/watch?v=WrevSkNHD7M  晴れた日に、空を見上げて https://www.youtube.com/watch?v=rNA-4ecqn-I   

      2
      テーマ:
  • 17 Jul
    • 人さらいとサーカス 2

       当時、バタ屋と呼ばれる廃品回収業者がいた。 彼らは毎日陸橋の西側からやって来た。 背中に大きな籐の籠を背負い、古い機械、針金など金目の廃品を探して東側の街を徘徊した。そして籠をいっぱいにして、重そうな足取りで夕陽の中を帰って行った。 子どもをさらうときはああいう籠に入れるんだと噂して子供らは怖がった。 当時スズラン街の子供たちにとって、陸橋の西側は異界であった。サーカスも人さらいもバタ屋も、みな陸橋を越えてやってくると信じていた。  

      1
      テーマ:
  • 10 Jul
    • 人さらいとサーカス 1

      昔、暗くなっても外で遊んでいると祖母が「もう籠しょった人さらいが来る時間だ」と迎えに来た。「さらわっだらどうなるんだ?」 「サーカスさ売られるんだ」 「・・・・」「朝昼晩、茶碗一杯の酢飲まさっで、骨やっこぐして軽業(かるわざ)させられるんだ」「ご飯はないのか?」「ご飯なのない。酢だげだ」少年は「三食とも酢」という食生活に震え上がった。  サーカスはお薬師様の境内で1か月ほど興行を行なうと、いつの間にかいなくなった。きれいな服を着て、旗を持って踊っていた女の子もいっしょに。後にはチラシ一枚、塵一つ残さなかった。今どこにいるかも、次にいつ来るのかも分からない。いったいあの女の子は学校に通っていたのだろうか。(続く)

      3
      テーマ:
  • 03 Jul
    • 春の月岡公園(上山)

       上山のお城の隣にある月岡公園。 桜の名所でもあります。 訪れたのはゴールデンウィーク。桜はやや盛りを過ぎたがまだまだきれいだった。 明治期に東北を旅した英国女性イザベラ・バードの碑。この上山の地でのもてなしを絶賛している。 残雪少なくなった蔵王。この地の人は365日、蔵王を仰ぎ見て生きている。 山を見て理想・憧憬を高く持ち続ける人と、常に山に見下ろされて卑屈、陰険に育つ人が出てくる。私は両方の上山人を知っている。 

      1
      テーマ:

プロフィール

辰つぁん

お住まいの地域:
宮城県
自己紹介:
山形市生まれ。仙台市在住。 ダックスフント2匹を連れて毎日広瀬川遊歩道を散歩してます。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。