• 29 Apr
  • 23 Apr
    • 霞城公園の桜 2008

      この時期山形に帰れない人のために、山形の桜の写真を撮ってきました。しばしお楽しみ下さい。286号線、山形蔵王インターをでたところ。(松原浄水場付近)ここは「馬見ケ崎川さくらライン」というそうだ。400本のソメイヨシノが植えられており、夜はライトアップされる。背景は盃山。北西方向には月山、東には蔵王を眺望する。ところで山形は今日26度もある!-- 堰があり、大河原の「日本一の一目千本桜」に匹敵する眺望。 歩道も雪が降ったように見える。 ため息が出るほど美しい風景。 オーヌマホテルは3月30日で営業は終了したはず。 周囲にフェンスが建てられて・・・ なんと解体が始まっていた! ガーデン・ウェディングの写真も今は悲しい。今度来た時には更地になっているかもしれない。 霞城公園の土堤。今日の開花情報では「散り始め」となっている。今年山形の桜は、暖かさのためか咲き始めから3日で満開となり、満開から5日で散り始めた。なんとせわしないことだろう。 歩道には花びらが降り積もっているが、まだまだ見頃。 サイカチの木のうろを覗く人。 うろの内部はこのような空洞になっている。昔ならこの中を登って、上から顔を出そうと考えるだろう。(今は・・・腹が引っ掛かりそう・・・) これは40年前に父が撮ってくれた写真。犬を連れているのが辰つぁん。 それと同じ場所。思わず亡き父母が向こうから歩いてくるような錯覚にとらわれる。東大手門を入り、東側の土堤を南に70m程行ったところ。左の木の真ん中の枝が折れたようだ。いずれ自分のお骨はこの木の根元に散骨してもらいたい。 風が吹くと花吹雪・・・やはり満開は過ぎているのだろう。 中央広場の枝垂れ桜は満開だった。 いた!ハモニカおじさん!2月の「雪のカフカ」以来。 山形の人の花見はほんとに静かだ。仙台と違って、じょうごを使った一気飲みもない。 やっぱり玉こんにゃくを食べなきゃおさまらない。こんにゃくは山形人のソウルフード。 桜ー堀ー土堤ー線路ー桜 は霞城公園独特の景観。辰つぁんはこの土堤で友達とかけっこしたり、下に降りて雷魚釣りをした。堀の底は枯れ葉が堆積して腐食し、底なし沼だという噂があった。ほんとかどうか、裸足で縄を持ち、こわごわ堀に入ってみたが全然底なしではなかった。線路に釘を置く→電車が通って平らになる→手裏剣を作る、という創造的な遊びも考案した。鉄橋にぶら下がって懸垂をする運動神経の良いサブちゃんという子供もいた。サブちゃんは線路に耳を当てて、あと何分で電車が来るか予測する技を持っていた。材木屋のA君は雷魚に手をかまれて大けがをしたことがあった。A君はその雷魚を学校に持ってきて水槽に入れた。その日の学級当番が水を半分替え、餌をやることになったが、みんな迷惑そうな顔だった。幸いその雷魚は3日と持たず死んでしまった。今の親が聞いたらびっくりする事ばかりだなあ。 奥羽本線の電車がやってきた。新庄行き各駅停車。徐行運転で桜を楽しんでもらう。 今度は仙山線だ。 シーズーも電車を見送る。 霞城公園整備計画。野球場は平成40年に撤去、ソフトボール場は同じく平成20年、児童文化センターは平成29年に撤去、の予定。 お堀にこぎ出す桜船。 散った花びらを回収している。放っておくと排水溝に詰まるのだそうだ。 南門の石垣。小学生時、正面の石垣から点火した釘付き2B弾を投擲したところ、草むらに落ち、枯草が燃え上がった。あわてて右の石垣を降りて、水をかけて消した。霞城公園を燃やしたら大変なことになるところだった。今思うと、よくこんな崖を降りたものだ。  葉っぱが出てきているが、まだ開いていない花も。 龍山の雪もだいぶ少なくなった。山形は春爛漫。この季節だけは山形に住みたいと思う。 あと何回ここの桜を見られるのだろう。

      テーマ:
  • 21 Apr
  • 20 Apr
  • 19 Apr
  • 17 Apr
  • 12 Apr
  • 06 Apr
  • 02 Apr

プロフィール

辰つぁん

お住まいの地域:
宮城県
自己紹介:
山形市生まれ。仙台市在住。 ダックスフント2匹を連れて毎日広瀬川遊歩道を散歩してます。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。