話が前に進まない | 奇妙なクソブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

奇妙なクソブログ

今まで集めたデータ、ウンチクを紹介していきます。
チラシの裏に書くメモをブログで書いています。
どうでもいいものばかりです。

唐田えりか様の事を書いたら、土星人「甲子」の事を書きたくなる。

              ↓

「1.甲子」から始められたぜ!と喜びも束の間、

              ↓

甲子の人物・朝倉義景の甲子エピソードを書いていたら、なぜか話が織田信長へ脱線。・・・アレ?

              ↓

「甲子の性質」のページなのに、織田信長のエピソード集になってしまうというザマに。

 

 

 

ここ数か月、脱線スピンオフばっかりやってる。

「何でこんな事になった?」

・・・犯人探しと自己分析をしてみた。

 

 

わかった。

「アメーバブログ」のせいだ。

ここが悪い。

 

書きやすいなんて思って始めたら、とんでもない。

 

「ここは居心地がいいな~」

周りを見渡したら、なんと女子更衣室だったという事態。

 

ダメだここは。

アメーバ使い始めてからおかしくなった。

 

 

僕は16歳からプレハブ建てのオンボロ道場に監禁されて育った「ザ・昭和のインチキ格闘技人間」なので、男の体臭がプンプンした所じゃないと本領発揮できない。

 

きっかけは全部コイツ↓

 

 

ベニー・ユキーデ。

中学生のとき、友人のS君が「ザ・マーシャルアーツ」4冊とユキーデのビデオを、なぜか僕にくれた。

S君のお兄ちゃんが、高校名門ボクシング部の選手で、ユキーデの技術を取り入れるために、本とビデオを持っていた。

そのお下がりが、なぜか私に。

 

なんで?
 

格闘技なんて、プロレスの陳腐さに寒気がしていて、大っ嫌いだったのに・・・。

ユキーデが本気で殴る蹴るの暴行をしているのを観て、ユキーデのファイトに芸術を見出してしまった。

いま観ても凄すぎる。

あれから35年が過ぎても、このレベルで出来るヤツがいないって事は、あんなヤツはもう作れないんだわ。

 

 

そういえば、ユキーデのフェイバリットにローリングソバットがあって、僕はマネしようと思って、ヒマさえあればずーっとソバットのシャドーをやっていた。

高校生になったら、そこいら中の壁やらドアやらにソバットで穴をあけていた。

打点も170センチまで行って、得意になっていた。

今考えるとゾッとするイリーガルなのだが、これが昭和(開き直る)。

 

しかし、いざキックの試合でソバットをやってみると、なぜかタマ○ンを直撃してしまうというありさま。

なぜか股間より上に入らないのよ。

 

おかげで反則選手のレッテルを貼られて、僕は手玉が無くなってしまった。

まともな回し蹴りと突きの稽古なんてしていないから、完全にスランプ。すべてを見失ってしまった。

 

僕の人生を狂わせたのは、S君とユキーデ。

格闘技なんてやらなかったら、僕の未来は・・・

 

 

こんな感じでYouTube使って手抜きが出来る。

アメーバブログは便利だわ!