3月11日。 | 『 山 田 新 聞 』

『 山 田 新 聞 』

全国80万人の「山田さん」で岩手県「山田町」を応援する
『山田町応援団』の公式ブログです。
「山田町」と「山田さん」にまつわる記事を
掲載していきます。


テーマ:

 

あれから8年がたちました。

もう8年。まだ8年。いろんなことを思う、今日という日。

 

山田町応援団は、「全国80万人の山田さんで山田町を応援しよう!」という掛け声のもとスタートしました。

どこからどこまでが団員か、という規定はとくにありません。山田さんかそうではないかもこだわらず、その時々にできることを、できる人たちで。アメーバのように形を変えながら、ゆるく、たしかに、つながってきました。

 

 

ある団員は、、、

山田町の漁師さんから「船が壊れて漁ができなくなってしまった」と相談をうけ、仲間たちに呼びかけました。船が直った漁師さんからは、山田町の新鮮な海の幸が届いたり、直接伺ってごちそうになったりと、交流が続いています。

 

ある団員は、、、

山田町出身のご夫婦が営む料理店でオフ会を開いています。

東京・大田区にある「きさらぎ」さんに集まり、山田町直送の旬の味を楽しみます。

 

ある団員は、、、

Facebookに山田町の情報をアップします。

 

ある団員は、、、

「道の駅やまだネットショップ」「五篤丸水産」「びはんネット」でお買い物します。

 

ある団員は、、、

山田町を観光し、ブログやエッセイで伝えます。

(案内してくださるのは、山田町在住のかっつさん!

かっつさんはご自身のブログやYouTubeで、現地の様子を伝えてくださいます。YouTubeチャンネル、すごいです!

 

ある団員は、、、

山田町を舞台にした児童書「山田県立山田小学校」を出版。シリーズ全7巻は10万部に達し、全国のこどもたちが読んでくれています。

 

 

・・・などなど、それぞれに、ほそぼそながらもいろいろに、山田町と関わりをもっています。

 

発足当時からの合言葉は、「ずっと見守る」。

 

山田町を気にかけて、好きになって、応援する人は、みんな応援団の団員です。

 

これからも一緒に声援を送りましょう。

 

フレフレ山田!

山田町応援団さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ