幸せの経済、世界会議出席のため、ナマケモノ倶楽部の辻信一教授とイタリアにきています。 | 山田正彦 オフィシャルブログ Powered by Ameba

山田正彦 オフィシャルブログ Powered by Ameba

山田正彦 オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

今日は五つ星のリカルド・フラッカーロ大臣にお会いしました。

私は、昨年ローマで彼にお会いして、五つ星運動党の素晴らしさに感動して、直ぐに日本にきて頂き、各地でも講演して頂きました。

 

五つ星はコメデアン、ベッベ・グリッロが若い人達と作った新しい政党です。今年3月4日の総選挙で第1党に躍進、中道右派の同盟と連立、内閣を構成しています。

日本では五つ星のことを大衆迎合政党、同盟のことを極右政党等と報道、直ぐにも行き詰まるような報道がされていますが、決してそうではありません。

10年前のイタリアはメディアが本当のことを報道せず、政党は党利党略に溺れ、政治家は利権にまみれ、国民が政治にソッポを向いていたのです。

その時に、五つ星は自分達の住んでいる町で身近な問題で条例を作ることから始め、地方議員、ローマ等の市長、そして国政へと9年足らずで政権を取ったのです。

現在では五つ星は支持率も60%と高く、経済も順調に上向いています。リカルドはデ・マイオ代表に次ぐ重要閣僚、政府を代表して議会対策の要を担っています。

そして五つ星の重要政策である最低所得補償の責任閣僚でもあります。

かつて、私に民主党が政権交代する前のネクスト厚労大臣として掲げた最低補償年金、農水大臣として実現した戸別所得補償制度について、質問を受けたことがありました。

今回は、日本でも種子法廃止に伴い、都道府県から条例ができてきて、地方から政治を変える機運ができてきた話をすると、彼は大層喜んでいました。

そして、ベッベ・グリッロが日本に行くこと、自分も、ラッジローマ市長と一緒に行きたいと話して頂きました。

昨夜は苫米地英人さんと片上日本大使と一緒に会食美味しいワイン、楽しい宴でした。

山田正彦さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース