元気の出る話です。 | 山田正彦 オフィシャルブログ Powered by Ameba

山田正彦 オフィシャルブログ Powered by Ameba

山田正彦 オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

シエア拡散して頂けませんか。

明日、4月1日からいよいよ主要農産物の種子法廃止が実施されます。

これ迄、コシヒカリ等伝統的な固定種のコメも民間の三井化学のみつひかりF1、モンサントのとねのめぐみ等民間の種子に代わって行くことになります。

 

米国、カナダ、豪国等も主要農産物の種子は公共の種子で守られているのに。

しかし、今地方から力強い大きなうねりが沸き上がって凄いことになって来ました。

内閣総理大臣、衆参両議院議長宛に野田市、国立市、秋田県では17、長野県でも14と50を越える市町村から、種子法廃止への意見書が続々と。

これ迄都道府県に義務付けていたコメ、麦、大豆原種、原原種の維持、種子の増殖の制度をこれ迄通り残して欲しいと。

中にはには公共の種子を守る法律を作って欲しい、モンサント等に、これ迄蓄積してきた育種の知見を提供しないで欲しいと言った意見も。

そして、ついに新潟県、兵庫県、埼玉県が種子法に変わる条例を全会一致で採決、明日から施行されることに。

埼玉県では自民党議員が提案。長野県、北海道等条例に向けて複数の県で動きが。

また群馬県のように要綱でこれ迄のように種子の制度を維持しようとの動きもあるものの、要綱は内部の規則に過ぎません。

条例であれば、変えるにしても再度議会での議決が必要になります。出来れば要綱よりも条例でどうでしょうか。

米国も主要農産物が公共の種子なのは、州法で定められているので、州立の試験場等で作られています。

地方の時代、地方から日本を変える、動き出しています。

先ず、私達も市町村の議会に意見書を審議して欲しいと要請することから始めたら如何でしょうか。

 

山田正彦さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース