子どもの育ちと文化

こんにちわ!


12月1日と2日の2日間は文京学習センターで面接授業でした。


お題は「子どもの育ちと文化」です。


こちらの面接授業に参加したいと思った理由は教育学入門を勉強した時に「アニマシオン」の学びが、とても興味深くて!もっと「アニマシオン」の学びをしたいと思ったのが、きっかけでした。


先生の話が面白く時間は!あっという間に過ぎました。


私たちが慣れ親しんでいる昔話の話しも大変興味深くて勉強になりました。


猿かに合戦の昔話は終始!かにの視点で描かれています。猿は悪さをしたからといって殺されないといけないのでしょうか?もし現実の世界なら!かには逮捕されてしまいますね…。


昔話から!猿の視点にかにの視点で昔話を読みとく奥深さに大切さを感じました。


これが論理的な考え方に繋がっていくんだなあと思いました。


私の中では当たりの面接授業でした。ちょっと上から目線ですみません汗


今回の学びを今後の心理学の学びに子育てに沢山役立てていこうと思いました。


大変勉強になりました。


芥川龍之介の猿かに合戦と桃太郎を読んでみたいです。
AD