熊野古道のコース!地図



前編は伊勢路を通った熊野詣の巡礼者たちは一旦死に花窟王子の女陰から子宮への道、つまり黄泉路=参道を通って母胎(熊野)へ、そして中編で神倉社で受精卵となり速玉大社で子宮へ着床し新たな胎児となるお話でした。


さて、いよいよ後編です。



◎浜ノ宮王子・補陀落山寺(ふだらくさんじ)


新宮を海側を通って出発した一行は補陀落浄土の玄関口である那智の浜へ向かい浜ノ宮王子、そして補陀落山寺へとお参りします。



浜の宮王子跡に建つ熊野三所大神社の拝殿



補陀洛山寺



補陀落(ポータラカ)とは補陀落浄土、観音さまの浄土のことです。


補陀洛山寺は那智の七本願の一つで、熊野大本願尼修験の本拠地だったところで熊野比丘尼たちは先の神倉山の妙心寺も含め七本願の何れかに所属して諸国を遊行し牛王宝印を配り「絵解き」勧進していったんですね。



本堂内



補陀落渡海船の模型


還らぬ船、補陀落渡海船を出したところでも有名ですが、これは海の彼方に浄土があるとみる「海に向かっての信仰」海洋他界観に基づくものであります。


でも実際は水定(すいじょう)、つまり入水往生だったことを考えれば海中他界観だったのかもしれませんね。


歴代の補陀落渡海上人の碑


ここから那智川で水垢離をとり市野々王子、多富気王子と拝し大門坂を登って行きます。


↑当時の参詣の様子が描かれている那智参詣曼荼羅。熊野比丘尼と参詣曼荼羅より


↑現在の那智山マップ(^^)



◎飛瀧神社(ひろうじんじゃ)


那智と言えば日本三大名瀑の一つで有名な那智の大滝ですが、那智山への信仰はこの御神体の滝である飛瀧権現(ひろうごんげん)への信仰が中心として発展しました。


滝本聖(たきもとひじり)と呼ばれる強大な勢力を誇った山伏たちの根拠地でした。


那智の大滝(飛瀧権現)




お馴染みのショット


◎青岸渡寺・那智大社


この二つは神仏分離令という悪法、廃仏毀釈運動という日本の精神文化を破壊する愚行以前は一つでした。


残念ながら改修中


拝殿


この那智大社の熊野夫須美大神の本地仏である千の手、千の眼ですべての衆生を救おうとする千手観音に現在世のご利益を祈ります。


青岸渡寺。



本堂内の役行者


那智修験の本拠地、青岸渡寺はもともと那智山如意輪堂だったところで西国三十三所観音霊場の第1番札所で有名ですが、昔は那智七本願所だったので熊野比丘尼たちの本拠地でもあったところです。


今でも熊野修験道として活発に活動されてると聞きます。




◎妙法山阿弥陀寺


青岸渡寺の脇の熊野古道を通り「かけぬけ道」の分岐点からこの妙法山へ登ります。





登ること小一時間



阿弥陀寺本堂内。例時作法を修めました。



↑阿弥陀寺で「ひとつ鐘」を打つといただける密教、法華、浄土の系譜が書かれている有難い「秘密血脈」




この妙法山阿弥陀寺も那智の七本願の一つで、熊野比丘尼たちが絵解きした有名な「熊野観心十界絵図」はここをモデルとした説がありますが、そうなんでしょうね。


熊野比丘尼たちはこの絵を元に仏教の基本的な教義を分かり易く、そして熊野へ参る有難さを絵解きしながら諸国を勧進して行きました。


しかし本当は修験道の重要な教義である、厭うべき地獄も求めるべき浄土も一つの如しとする「十界一如」の義(意味)を説いたものでもありました。


熊野観心十界曼荼羅



この阿弥陀寺の境内にある応照上人の自らの身を燃やして仏へ供養する火定(焼身往生)をした火定跡は日本最古の火定跡と言われています。


応照上人の火定跡


神仏分離令や修験道禁止令、廃仏毀釈等によって弾圧され荒廃を余儀なくされた修験の復興を悲願とした実利(じっかが)行者は、那智の滝へ坐禅を組んだまま飛び込み入水往生(じゅすいおうじょう)を遂げられ、補陀洛山寺の補陀落上人たちはすべての人の罪穢れを背負い還らぬ船に乗り浄土へと旅立たれました。


これら水定といい火定といい、自らの身を儚んで、或いは絶望して命を絶つ、いわゆる自殺とはまったく違うものです。


長く続く戦乱の世や大旱魃大飢饉と言った天変地異によって苦しむ大勢の人々を救わんがために、御仏の加護に一縷の望みを託してなされるものであります。


それを大勢の「苦しみ」を自らが「代わり」に引き「受ける」という「代受苦信仰」(だいじゅくしんこう)と云います。


つまり慈悲の極みとしてのその身を捨てる「捨身行」(しゃしんぎょう)なのであります。


話を戻しますが、熊野三山信仰が確立してからも阿弥陀寺を中心として浄土信仰が盛んになり、人々はここで未来世の安穏善処を祈りました。


妙法山頂上の浄土堂。修験懺法を修めました。


この妙法山の頂上にある浄土堂は「那智山の奥之院」とされ法華経の教主である釈迦如来を祀っており山の名前でも分かるように妙法蓮華経(法華経)を信仰する修験者、特に持経者と呼ばれる行者たちが修行した場所で、すぐ下の阿弥陀寺は熊野比丘尼だけでなく時衆、念仏聖たちの崇敬を集め法華信仰と浄土信仰の場でありました。



熊野三山信仰が確立する以前は「熊野二所権現」(新宮・那智)と言われ本来はここまでで「海の熊野」信仰は完結していたのでしょう。



◎熊野本宮へ


ここから降りて大雲取越えなどの難所を越えて熊野本宮大社へお参りに行きます。


熊野本宮大社では本地仏の阿弥陀如来へ未来世の極楽往生、後生安穏・善処を願い、これで過去(新宮)、現在(那智)、未来(本宮)の三世に渡る修行が完結します。


これを三山三世信仰と云います。


さらにこの熊野本宮大社から西国三十三所へ旅立つ人は中辺路へ、高野山を目指す人は小辺路へ、熊野の奥之院とされる玉置神社へ足を伸ばす人は大峯道へと進んだことでしょう。


一番上の地図で場所を確認して下さいね。


逆に言えばすべての道は本宮を目指したと言っていいでしょう。


↑当時の参詣の様子が描かれている熊野本宮参詣曼荼羅。熊野比丘尼と参詣曼荼羅より



さて、熊野詣の宿願を果たした我々は本宮から熊野川を舟で下って最初の新宮へ向かいましょう。



◎川の参詣道


世界遺産 川の参詣道 熊野川マップ


↓で現在も舟で下れます

熊野川舟下り



現在では世界遺産唯一の「川の参詣道」である熊野川を下って新宮で降り、伊勢路へ入り花窟神社へ向かいます。


ここで初めて最初は「死」を表す黄泉路(参道)だった伊勢路の花窟王子からの道のりは、熊野詣(母胎)の様々な難行苦行で成長した胎児である私たちは出産の時を迎え、子宮から女陰への道、つまり「生」を表す「黄泉がえりの道=産道」を通って出産となるのです。


ここで過去世の悪業や穢れに満ちた身をいったん捨て、新たな生命をいただいて蘇ってくる、つまり花窟王子の女陰から出で新しく生まれ変わって出胎するという擬死再生儀礼が成り立つ訳です。


そうです我々はいま新しい人生の旅路が始まろうとしているのです。


さあ、誕生の産声を上げよ!



◎終わりに

私が先達を務め、当ブログをご覧の皆様と一緒に廻った熊野詣はいかがでしたでしょうか?お楽しみいただけましたか?(^_^)


さて、修験道に於いて入峰修行を父母の赤白(せきびゃく)和合(精子と卵子の結合)により受胎、母胎(入峰)に入ることに象徴させ、即ち山の修行を「胎内修行」として、修験道独自の十界修行の行儀を修め、胎内に於ける成長過程を五つに分けた「胎内五位」を経てやがて悟りを開き出産に該当する「出峰」をする。


山伏の教義は秘匿性が高く本来口外しないのだが、諸国から特に関東辺りからの巡礼者を案内する熊野先達たちはそもそも大峯・葛城で修行を積んだ修験者たちなので修験道的見解や教義がダイレクトではないにしろ道すがら語られることは自然な流れだったことは想像できる。


そして宿(しゅく)を転々としながら十界修行に準じた儀礼をしたことでしょう。


現在、山伏の修行と云うと山歩きか山登りのように思われてます。


山々を巡って拝所を行く抖擻行(回峰、縦走)、高山を登り拝んでくる登拝行。


しかしそれは一つの側面に過ぎず、「山伏」と云う名前が示すように山に伏す、つまり山に籠る「山籠行」が主体なのです。


従って本来、霊窟に入り、薪をとり、水を汲み、修験の行義である十界修行を行場(宿、しゅく)を移動しながら修め、姿・形にならない仏の働きを自ら発徳し、求めるべき仏も厭うべき地獄も一つの如しと体得し、速やかに我々が本から持っている心の曼荼羅を開き自身は即ち仏であると悟るをその本旨とする。


現在は修験道の二大修行の大峯奥駈修行も葛城修行も全行程を歩き通す縦走型となっているが、本来は数ヶ月は掛かる大行であった。


現在、この柱源(はしらもと)十界修行を行っているのは我が日光修験と羽黒修験本宗正善院だけである。


「神式」の十界修行などと称して十界修行の真似事を行っている神社もあるが、本来修験道は神仏習合が大前提なので神式だの仏式だのの別などある訳がなく、修験道の法流である柱源法流の行記に基づく十界修行のみが開祖役ノ行者(えんのぎょうじゃ)以来の正伝である。


那智高原公園から見た山々