【今日のはがき絵】

 

image

「仕合わせの集まり

 人それぞれが素適です」

  

 

赤塚高仁氏と武田数宏氏で開催する

「やまとこころの祭り」

第一章「出逢い」に参加してきました。

 

*********************************

赤塚氏の

日本がひずみを直して、

世界の灯明台になる。
それが「令和」の日本の、
日本人である我々の使命です。

世界で一番の歴史があるということは、

長く続いてきた理由があるのですから。

ひずみを直しましょう。

そのために、まず、

日本人が日本人になりましょう。

やまとこころの祭りは、

そんなことを思い出させてくれる

天の恵みのひととき。
どうぞ、
伊勢にお帰りください。

*********************************

 

という呼びかけに応えて!

戦後の教育の中で語られっることの無かった

日本のことや戦争での日本人の姿。

どれも教わってきたことと違うのです。

赤塚さんを知って10年以上になります。

伊勢を案内してもらい

中山靖雄先生をご紹介いただいたのが

最初でした。

 

それ以降何度か修養団を訪ね、

禊をし、日本人としての誇りを取り戻しています。

何千年の歴史を重ねる我が国日本!!

祈りの国だということです。

朝に夕に国民のために祈られる

天皇という存在が大きいのでしょうか?

 

知らないことばかりです。

知らされていないことばかりです。

今少しずつ周りの目を恐れずに

語る人たちが出て来ています。

とても良いことだと思います。

 

30年ほど前初めて海外旅行へ行きました。

オーストラリアだったのですが、

観光目的の団体旅行で

貸し切りバスで移動していました。

バスの中でカラオケが始まり

運転手さんも何か1曲

とマイクが向けられると

朗々と大きな声で誇りいっぱいに

オーストラリアの国歌を

歌ってくれたのです。

 

カルチャーショックでした。

日本では、

入学式や卒業式に国旗の掲揚や

国歌の斉唱が否定されているのに・・・・。

何という違いだろう!!

国歌を愛する心に感動したのです。

 

海外に行って気づきました。

自分達の教育ってどうだったんだろう?

語れる日本、北海道、札幌を

知らないのです。

私が歴史を苦手としていたのですが・・・。

それにしてもひどすぎる。

 

帰国後アンテナを高くして

本を読み、

人の話を聴きに出かけ、

素晴らしい誇れる日本を

見つけることが出来ました。

 

伊勢は日本人の心の故郷です。

行くと頭でなく、心で感じます。

調和の時代です。

 

人々が美しく

心を寄せ合う中で

文化が生まれ育つという

願いを込めて

「令和」

image

 

ただの観光では味わえない

公益財団法人修養団

伊勢青少年研修センターを通して

伊勢を味わってほしいと思います。

 

 

読んでくださってありがとう!!

 

今日もはがき絵描いて   

仕合せがいっぱい。

あなたが笑顔になりますように♪

ツイテル♪ツイテル♪

 

「いいね♪」と思ったらクリックしてね♪

 

はがき絵をしたい。はがき絵を買いたい方は、メールアドレス aim@aimry.co.jp へ、「はがき絵の件」とメールくださいね♪

 

Facebook・・・https://www.facebook.com/emiko.yamaya

Twitter・・・https://twitter.com/eyaim

Instagram・・・https://www.instagram.com/emikoyamaya/?hl=ja

ブログ・・・・・・・http://ameblo.jp/yamabiko39/