新垣結衣インタビュー | 木目言寺光軍のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

木目言寺光軍のブログ

エンタメブログ

【ヒューマン】新垣結衣“大和なでしこ”

ドラマ、映画、そして音楽まで幅広く活躍するガッキーこと、新垣結衣(21)が2年ぶりに「ヒューマン」に登場だ。5日公開の映画「BALLAD名もなき恋のうた」(山崎貴監督、東宝配給)では時代劇に初挑戦。お姫様役を通じて大人の女性の所作を身につけた。プライベートでも自家用車を購入することを記者に打ち明けたガッキー。隣に乗せるのは、いったい誰!?(ペン・佐久間賢治、カメラ・高橋朋彦)

弾けるような“ガッキースマイル”が、和やかな雰囲気を作り出す。2007年11月以来、2年ぶりの「ヒューマン」登場。「また、お邪魔しま~す」と、ひょうひょうとした口調でインタビューの席についた。

--時代劇に初挑戦、お姫様を演じました

「役のキャラ自体には最初からスムーズに入っていけました。着物の所作を覚えるのが大変でしたね。七五三とか成人式ぐらいしか、着る機会がなかったですから」

--慣れるまで時間がかかった

「時間が空いていれば練習していました。(昔は)日常的に着られていたものですから、先生からは『頭で考えるより、体が自然に動くように』と言われてました。どうしても洋服だと大またになっちゃうけど、着物では女性らしさを意識しました。今までは、『たおやか(美しくしなやかなさま)に』と言われても、どういう動きなのかすら分かりませんでしたから」

--女性に磨きをかけることができた

「最近まわりから『顔の輪郭がハッキリしてきた』って言われるんですよ。服も、以前は絶対に着なかったアイテムを身につけるようになりましたね。昔はパーカーみたいな緩い服ばかり着てたけど、最近はジャケットとか、カチッとしたものに興味を持つようになりました」

--買い物に行く場所も変わった

「そうですね。渋谷、原宿だったのが、最近は新宿にもいい店があるんだと知ったり。(大人の街の)銀座はまだ行かないですけど」

--確かに大人っぽくなってきたよね

「ありがとうございます。前は優等生の役柄が多く“元気なガッキー”という感じでしたけど、最近は役柄のイメージに合わせたキャラを演じられるようになって、ナチュラルになりましたね」

--大人になって、そろそろ恋の方も

「そういうこともあればいいんですけど」

--8月下旬には夏休みをもらったそうで

「友達と(静岡県)伊豆の河津へ旅行してきました。旅館の観光チラシで調べて、七滝という名所を見てきたんですけど、すごくきれいでした!滝なのに水面が青く見えるんですよ。(故郷の)沖縄の海も青いんですが、また違った感じで。リフレッシュできましたね」

--プライベートも充実してきた

「今年中に車を買います。丸っぽくもなく、角ばってもない車です。ずっと言い続けてきたけど、やっと決まりました。休日って夕方までボーとしちゃって、(自宅から)1駅先ぐらいしか出かけないんで。ココという名前の犬(カニンヘンダックス=9カ月♀)を飼っているんですけど、車があれば一緒に出かけられるし、行動範囲が広がるから。もちろん、安全運転で!」

1つ1つの質問に対して、自分の言葉で丁寧に返答した。そのきめ細やかさがあれば、安全運転同様に“大人の女性”へのステップアップも視界良好だ。

■イケメン情報がいっぱい-新垣結衣


■イケメン情報がいっぱい-新垣結衣


■イケメン情報がいっぱい-新垣結衣


■イケメン情報がいっぱい-新垣結衣


■イケメン情報がいっぱい-新垣結衣


■イケメン情報がいっぱい-新垣結衣


■イケメン情報がいっぱい-新垣結衣


■イケメン情報がいっぱい-新垣結衣


■イケメン情報がいっぱい-新垣結衣


■イケメン情報がいっぱい-新垣結衣


サンスポ