プチ終活をしてみました。 | やまびこDr.の診療日記

やまびこDr.の診療日記

人生の大事業の子育ては、ほとんどぶっつけ本番! 分からない事だらけで心配がつきません。
でも正確な情報を知り納得できれば心配は減らす事が可能です。
薬よりもっと大切な事をお伝えする小児科医のブログです。

自分の生き方を見つめ直す方法の一つに、「もし自分が後○○日しか生きられないとしたら?」という質問があります。

 

普段は「命」に意識を向けずに生活をしているので、明日も明後日も1年後も10年後も自分は生き続けていると何と無く思っているのですが、「その日」はいつやってくるか分からないというのは、よく考えれば当然の事です。

 

そして「その日」が来たら、後悔する方もたくさんいるのではないかと思います。

 

後悔しないためにも、元気な今のうちから「その日」が来る事を想定し、「だったら今自分は何をすれば後悔せずにすむのか?」を考えておくのは、とても大切だしとても有効な方法だと思います。

 

先日ある集まりに行った時にそのような話となり、自分の命が(1)1日だけだったら、(2)1週間だったら、(3)1ヶ月だったら、(4)最低3ヶ月の無期限だったら、という4つの条件で考えてみました。

 

もう忘れてしまいましたが(^^;)、おおよそどれも、「大自然の下で空や雲や星をボーッと眺めていた」と言った気がします。

 

そして突然「(1)1日だけ」を宣告されても、なるべく家族に迷惑がかからないように、「プチ終活」をしてみることにしました。

 

そうしたら、自分が思っている以上にやる事がわんさかとあり、これは元気なうちに自分ができるだけの事をしておかないと、家族がめっちゃ/でら(名古屋弁)困ると思いました。

そして、この週末ずっと色々調べ続けたので、疲労困憊になりました・・・(- -;)

 

まず、保険証/年金/銀行/携帯の解約や生命保険の手続きはまだ楽だと思いますが、車の名義変更は多少煩わしくなります。

 

残された車は配偶者と子供たち全員の共通財産となるため、全員に何か書類を書いてもらう必要が出てきたり、その後廃車にするのか誰かが乗るのかによって変わってくるのでまた話し合いやら書類やらが必要になってきて、事務手続きなどがとっても苦手な(嫌いな)僕としては、この時点で「うっ、もう嫌じゃ・・・」となりました。^^;

 

家のことも同様ですが金額が大きくなるためにさらに煩雑となり、これも「うっ、もう絶対嫌じゃ・・・」となりました。

 

でもそれぞれ代行してくれる職種の方がいらっしゃるのでお任せすればよいのですが、細かいところはもちろん家族ですることになります。

 

そして一番大変そうだと感じたのが、クリニックの閉院の手続きです。

どえらい(名古屋弁原型)大変です・・・ o_o

 

診療所廃止届/保険医療機関廃止届/生活保護指定医療機関廃止届/廃業届/個人事業廃止届/雇用保険適用事業所廃止届/労災保険確定保険料申告/小規模企業共済解約/他関係業種との契約解除/医療機器のリース契約解除とリース品の返却/医薬品などの廃棄/他いろいろ・・・

 

それぞれ管轄や業者が違って書類も色々あって、あまりにも大変だし自分しか分からないこともたくさんあるので、これは自分でやるしかないなと確信するに至りました。

 

クリニックを立ち上げたのが平成16年8月ですので間も無く満17年を迎えますが、最初からこのクリニックは自分一代で終わりにしようと思っていました。

 

というわけで、この度「やまびこ小児科クリニック」は、満17年を迎える令和3年8月23日を持ちまして、

 

18年目に突入することになりました。^0^

 

ありがとうございましたー!

 

 

とにかく、週末ずーーーーっとプチ終活の調べ物をしていたので、「どえりゃあ疲れてまったでかんわぁ(名古屋弁変形)」

 

でも人生の最後の身支度、今のうちやってみると心の断捨離をするチャンスでもありますので、お勧めです。^^

--------------------------- 

 

【やまびこよろず相談所】

医療相談・育児相談・不登校相談・その他全般の悩み相談をお受けしています。

医師・父親・夫・その他の経験談を交えたお話をしています。

メールでの相談/ZOOM相談/対面での相談

お問合せ・お申し込み

 ⇨クリニックに電話(055-284-8015)/メール(yamabiko.dr@gmail.com)/メッセンジャー

 

【オンラインサロン】

横地真樹の隠れ家サロンやまびこロッジ 

入会のお申し込み/お問い合わせ ⇨ http://mirukuyu.com/yokochi/