大人! がんばろ! | やまびこDr.の診療日記
新型コロナウイルスに関する情報について

やまびこDr.の診療日記

人生の大事業の子育ては、ほとんどぶっつけ本番! 分からない事だらけで心配がつきません。
でも正確な情報を知り納得できれば心配は減らす事が可能です。
薬よりもっと大切な事をお伝えする小児科医のブログです。

コロナ騒動で分かっている事実。

 

(1)ほとんどが軽症で、感染しても症状が出ない人がたくさんいます。

(2)重症化する人の多くが、免疫力の落ちている高齢者です。

(3)重症化する人の中には、まれに免疫力が落ちていない若い方がいます。

(4)どの方が重症になるのかは分かっていません。

(5)子供の発症はとても少なく、重症者もほとんどいません。

(6)国によって重症化率や死亡率が違います。

(7)新しいウイルスなので、分かっていないことがたくさんあります。

 

他にもあると思いますが、まあだいたいこんなところです。

 

この事実をどう解釈して、どういった行動を起こすのかは、人により全く違って来ます。

今普通の生活が制限されていますが、その制限が必要かどうかで見ていきます。

 

感染すること自体いやなので、制限をした方がよいと考える人。

感染しても軽く済むので普通の風邪として扱い、制限しなくていいと考える人。

 

高齢者を守るため、制限をかけた方がいいと考える人。

高齢者はどのウイルスであっても命に関わることがあるから、制限をかけなくていいと考える人。

 

若い人の重症化を防ぐため、徹底的に制限した方がよいと考える人。

若い人の重症化は稀なのだから、制限しなくていいと考える人

 

子供の感染がない状態を続けるために、制限をした方がいいと考える人。

子供の感染はほとんどないのだから、制限しなくいいと考える人。

 

 

生活の制限は、心理的・経済的・その他の分野に大きな副作用を伴います。

薬と同じです。

 

副作用のない薬はありません。

その副作用が大きいか小さいか、頻度が高いか低いかの違いがあるだけです。

なので、症状の大きさによりどの強さの薬を使うのか、さじ加減が大切になります。

 

色々な立場の人が色々なことを伝えてくれていますが、その答えを知ってる人がいないので、完璧な正解の人はいないのでしょうね。

 

 

 

だから文句も言わず、多くの人のやっている通りに従っていればいいのかもしれないのですが、でも本音言います!(自戒を込めて)

 

 

あ〜、窮屈だ〜!!

 

制限制限ばかりでいやだ〜!!! 

 

子供たちがのびのびいられる社会になってくれ〜!!

 

大人たちが人の目を気にしてお互い牽制しあってる姿を見せてるから、子供たちもそうなってくんだぞ〜!!

 

もっと自分の想いを自分で叶えてあげようよ〜!!

 

自分で自分の未来や自分の可能性をつぶしてるんだぞ〜!!

 

頑張れ大人!!! 

 

死んだように生きるのやめようよ!!

 

大人が自分らしく生きている姿を見せることが、子供たちを守ることにもなるんだ〜!!!

 

以上!!