自分の感覚で選ぶ | やまびこDr.の診療日記

やまびこDr.の診療日記

人生の大事業の子育ては、ほとんどぶっつけ本番! 分からない事だらけで心配がつきません。
でも正確な情報を知り納得できれば心配は減らす事が可能です。
薬よりもっと大切な事をお伝えする小児科医のブログです。


テーマ:

うちの看護師がたまに腰痛になります。

 

先日も腰痛で動けなくなったので、近所の「腱引き」をする整体院に行ってきたそうです。

痛いところのずれた腱を手でグリグリと押して戻す手法のようです。

 

それですぐに効果のある方もたくさんいるようですが、うちの看護師は押したところの痛みがひどくて、今日青あざになっていたそうです。

その整体の方が悪いわけではないのですが、その看護師には合わなかったということだと思います。

 

こうだから絶対大丈夫とか、これさえすれば間違い無いとか、そんな方法は世の中に多分存在しないんだろうなと思います。

 

病院で一般的にされている「西洋医学」も絶対ではありません。

命を助ける医学が「西洋医学」ですので、かなり強引なわけです。だからかえって具合が悪くなることもあるわけです。

 

でも逆に自然療法的なものも、絶対安全で絶対効果があって絶対いい、というものでもありません。

 

どちらもメリットとデメリットがあるので、全否定せず全肯定せず、その中間のどこにするかを、自分の感性感覚で選んでいくしかないのかなと思います。

 

僕も整体を受けたことはありますが、気持ちの良い痛みは後に残らず、気持ちの悪い痛みは後に残ると感じています。その自分の感覚で良し悪しを判断することです。

 

これってどんなことでも同じじゃ無いでしょうか?

 

この料理おいしいけど、なんか後味が気になると思っていたら、化学調味料をふんだんに使ってたりとか、この人良さそうなんだけどなんかひっかかるなあと思ってたら、後でトラブルを起こす人だったりとか。

 

慣習や常識によって自分の感性・感覚を無視してしまいがちですが、それって自分の想いを無視してることにもなり、自分で自分を生きづらくしてることにもなります。

 

もっと自分の気持ち(感性・感覚)に素直に正直に生きてもいいんじゃないかな、そうすれば人生楽しくなるんじゃないかなと最近思っているところです。

 

やまびこ小児科クリニック 横地真樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ