コミュニケーションの基本は、魂と魂の交流 | やまびこDr.の診療日記

やまびこDr.の診療日記

人生の大事業の子育ては、ほとんどぶっつけ本番! 分からない事だらけで心配がつきません。
でも正確な情報を知り納得できれば心配は減らす事が可能です。
薬よりもっと大切な事をお伝えする小児科医のブログです。


テーマ:

この3年間、各地から声をかけて頂き、ワクチンをはじめとした講座を日本全国でさせて頂いておりました。

 

当初は知識をお伝えするだけの講座でしたが、回を重ねるたびに知識以外の雑談的な事をお伝えしていきました。

 

そのうちその雑談的なものこそが自分の伝えたいものであり、皆さんが身を乗り出して聞くものだと感じるようになったのです。

 

そのエッセンスを、何回かに分けてブログで紹介していこうと思います。

 

1 コミュニケーションの基本は、魂と魂との交流

 

講座をネット配信やDVDで販売したらどうですかというお誘いを頂く事がありました。

しかし、講座でお話をするスタイルを続けていました。

それは、直接お会いしてお話をしないと、伝えたい事がちゃんと伝わらないと感じるからです。

 

目に見えない、想いとか気持ちなどは全て排除し、物質的なことデータで表せることだけで自然界のしくみを解明しようとするのが「科学」です。そしてその「科学」に裏打ちされた医学が、医学部で習う「西洋医学」です。

 

西洋医学では、目に見える肉体こそが人間の本体であり、魂などはあるはずがないと考えています。

しかし、それだけでは説明のつかないことも多く、僕は人間は「肉体」と「魂」の両方で成り立っているのではないかと感じています。

 

もし「魂」があり「肉体」をまとっているとしたら、「魂」は「肉体」をはみ出て広がっているはずです。それがオーラとか雰囲気とか言われるものではないかと考えます。

 

近くにいるだけで周りの人をふわっと緩ませる人もあれば、逆に強ばらせる人もいます。

「魂」があると想定すれば、それも説明がつくかもと思います。

 

コミュニケーションは、そのはみ出た「魂」と「魂」との交流だと思いますので、直接お会いしてお話することこそが、コミュニケーションの基本だと考えます。

 

メールも手紙も電話もそれを補うものなので、お会いしたことがない場合、その人のことを本当に理解することは困難です。

ですので、講座も直接お会いしてお伝えするという、非効率的なスタイルを続けているのです。

(2に続く)

 

やまびこ小児科クリニック 横地真樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ