子育てと暗示 | やまびこDr.の診療日記

やまびこDr.の診療日記

人生の大事業の子育ては、ほとんどぶっつけ本番! 分からない事だらけで心配がつきません。
でも正確な情報を知り納得できれば心配は減らす事が可能です。
薬よりもっと大切な事をお伝えする小児科医のブログです。


テーマ:

自分の心の中は、よく氷山の一角に例えられます。氷山が意識で、海水の下の氷の塊が無意識です。

自分で認識できる「意識(顕在意識)」の下には、広大に広がる自分で認識できない「無意識(潜在意識)」があります。

 

潜在意識には色々な情報が入っていて、それが心・体・行動に影響を与えています。

 

虫が苦手な人は、頭(意識)では自分に危害を加えないと分かっている虫を見るだけで、恐怖感を感じ(心への影響)、手に汗をかき(体への影響)、近づけなく(行動への影響)なります。

意識より無意識の方が影響力が強いために起こる現象です。

 

しかし無意識は広くて深すぎるため、虫を怖いと感じる本当の理由はよく分からないのです。

 

病気になる原因も、実は無意識の深いところに本当の原因があり、心・体・行動へ影響を与えて様々な症状を起こしているのです。

うつ病など(心)、熱・嘔吐・湿疹など(体)、不登校・依存症など(行動)です。

 

無意識には持って生まれた情報の他、生まれてから無意識に入り込んだ情報もあります。

無意識に情報を入れ込む事を「暗示を入れる」といいます。

 

暗示が無意識に入ると、心・体・行動に影響を与えます。

テレビのCMは効率よく暗示を入れる手法の一つなので、スーパーなどでその商品をみかけるとつい手を伸ばしてしまう、という行動への影響を与えているのです。

 

教育やしつけというものも、暗示を入れているということになります。

これにより行動に影響を与え、社会が秩序正しく保たれ自分の人生の選択がよりよくできるという良い影響を与えますが、場合によっては悪い影響を与えている事もあります。

 

「何が起きても大丈夫」という暗示が入っていると、人生でどんな辛いことがおきても前向きに捉える事ができ、ポジティブな行動を起こせるかもしれません。

 

「何をやってもうまくいかない」という暗示が入っていると、人生でどんな素敵な事がおきてもプラスに捕らえられず、ネガティブな行動しか起こせないかもしれません。

 

お子さんに「何があってもあなたは大丈夫!」という暗示を入れてあげられると、自分の人生を自分で選択して自分の足で歩いていくパワーが得られ、どんな困難も乗り越えられる大人へと成長できると思います。

 

=============================

詳しい内容を、心のしくみ講座と子育て講座でお伝えしております。

またこの考え方の基礎をなすのが「医療催眠」ですが、1018年10月14日(日)に、日本医療催眠学会が開催され、私も発表させていただきます。

 

《日本医療催眠学会》

10月14日(日)

 

《心のしくみ講座》

10月29日(月)屋久島(鹿児島)/11月8日(木)佐賀市/11月16日(金)福山市(広島/11月24日(土)代々木(東京)

 

《子育て講座》

10月22日(月)倉敷市(岡山)/10月23日(火)堺市(大阪)/12月2日(日)文京区(東京)

 

《子育て相談会》

10月30日(火)熊本市

やまびこ小児科クリニック 横地真樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス