抱き癖について | やまびこDr.の診療日記

やまびこDr.の診療日記

人生の大事業の子育ては、ほとんどぶっつけ本番! 分からない事だらけで心配がつきません。
でも正確な情報を知り納得できれば心配は減らす事が可能です。
薬よりもっと大切な事をお伝えする小児科医のブログです。


テーマ:

先日1歳の女の子のお母さんより、「子供が抱っこをせがんで来たら、抱っこした方がいいのでしょうか。抱っこしない方がいいのでしょうか」という相談を受けました。

 

ママ友からは「子供は泣いていてもそのうち諦めるから、抱っこしない方が楽でいい」と言われ、祖母からは「甘やかすと抱き癖がついて困るから、抱っこしない方がいい」と言われるそうです。

 

でもそのお母さんは、自分の感覚では抱っこした方がいい気がするし、何より抱っこしてあげたいから本当は抱っこしたい、とのことでした。

 

僕は抱っこをするのは何も問題ないと考えています。

 

子供が抱っこをせがむのには、二つの理由があると思います。

 

寂しくなった、不安になった、疲れたから歩きたくない、妹や弟ばかり抱っこしているから私も同じ事をしてもらいたい、といった自分の中の問題を解決したいという理由と、自分を認めてもらえるか確認したいという理由の二つです。

 

子供は心身ともに未熟なので、問題を自分で解決できない場合はお母さんにお願いします。

その願いを受け入れてもらえれば「自分を認めてくれた」と安心しますが、受け入れてもらえなければ、「自分を認めてくれなかった」と不安になります。

 

不安の矛先を自分に向けて、自分がだめだからなんだと自己否定するかもしれません。

不安の矛先を弟や妹に向けて、兄弟に意地悪をするかもしれません。

不安の矛先を親に向けて、もっと無理難題を要求して困らせるかもしれません。

 

小さい時の要求は「抱っこして」ぐらいですが、年齢が上がるにつれ要求も大きくなって行き、

最後には「高級車を買って」「マンション買って」となるかもしれません。

 

一日中抱っこしているのも辛いところがありますが、でも子供は安心し満足すると、自分から降りていきます(個人差はあります)。

 

子供は大人の会話は聞いて理解していますので、「抱っこするから少し待っててね」と話をすれば待つ事ができます(個人差はあります)。できない場合は、今までにいくら待っても抱っこしてもらえなかった経験があるのかもしれません。

 

抱き癖がつくと、自立できなくなるという事はないと思っています。

 

子供にとって絶対的存在であるお母さんに自分を認めてもらう事で、自分は大丈夫なんだと自信がつき、早く自立できるようになります。

自分を認めてもらえないと、自分はだめなんだと自信がなくなり、自立も遅れます。

 

但し、極端にしなくてもいいと思います。

 

お母さんがどれだけ辛くても抱っこせねばならないと「ねば」に縛られるとストレスになり、結局子供にプラスになりません。

 

「抱っこして欲しいのにしてくれない」という想いを経験できていると考えれば、泣いている我が子をだっこせずに用事を優先させる、という事もありだと思います。

 

抱っこするしないの間のどこを選ぶのかは、その都度自分で選んでよいのです。

 

このお母さんの「抱っこしてあげたい」という想いは大切にして頂き、どんどん抱っこして認めてあげれば、自分から「もう大丈夫」と抱っこをせがまなくなる日が来ると思います。

 

親としては寂しいのですが、子供にエネルギーを与える事で自立を促す事は親にしかできないので、その役割を十分果たせばよいと思います。

 

============================ 

 

出張講座のお知らせ

 

やまびこ小児科クリニックでは各種講座を行なっています。

詳細はクリニックのホームページをご覧ください。

 

2018年10月

13日(土)名古屋市 ワクチン講座/14日(日)池袋 医療催眠学会/15日(月)江東区(東京)ワクチン講座/19日(金)出雲市(島根) アレルギー講座/20日(土)出雲市 ワクチン講座/22日(月)倉敷市(岡山)子育て講座・命の講座/23日(火)堺市(大阪)子育て講座・ワクチン講座/27日(土)鹿屋市(鹿児島)ワクチン講座/28日(日)屋久島(鹿児島)ワクチン講座・アレルギー講座/29日(月)屋久島(鹿児島)心のしくみ講座/催眠体験会/30日(火)熊本市 ワクチン講座・子育て相談会

やまびこ小児科クリニック 横地真樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス