こんばんは、石山芽衣です。
今日も1日おつかれさまです😌☕



みんな平等で1日は24時間です。
仕事や勉強、家事など人によって1日の使い方は違いますね。


しかし、平等に1日24時間なのに、いつも時間に追われながら生活している人といつも時間に余裕を持ちながら生活している人がいます。

時間に追われる人と、時間に余裕をもっている人ではいったい何が違うのでしょう。


実はその人の置かれている状況や環境は関係ありません。

一人暮らしだから時間に余裕が持てるようになったり持てなくなったりするわけではありません。

家族暮らしだから時間に余裕が持てるようになったり持てなくなったりするわけではありません。

社会人だから、時間に余裕が持てるようになったり持てなくなったりするわけではありません。

学生さんだから、時間に余裕が持てるようになったり持てなくなったりするわけではありません。

時間に余裕が持てるかどうかというのは、その人の置かれている状況や環境は関係していません。

時間に追われる人と時間を追う人を分ける決定的な違いは、その人の時間の管理能力です。

時間の管理能力とは、自分の持っている時間をきちんと使いこなすための能力です。

時間に余裕のある人というのは、どんな状況や環境だったとしても時間の管理をすることができています。少ない時間だったとしても、正しく管理して使いこなすことができます。

一方で時間に困っている人というのは、時間の管理ができていない人です。
時間の管理ができていないため、1日24時間を正しく使いこなすことができていないのです。

その人は、仮に1日が25時間や26時間になったとしても時間に追われています。

なぜなら、人は自分の管理できる範囲のものしか使いこなせないからです。
今自分の持っている24時間という時間すら使いこなせていないのに、さらに多い時間を使いこなすことはできないのです。

1日は24時間。
本来、24時間とはとても長い時間のはずです。

時間に余裕がない人というのは、実は自分でやることを沢山増やしてしまっているのです。

無意識のうちに無駄なこともたくさんやっているのです。

時間の管理とは、シンプルです。
やることを減らすだけです。

時間に余裕がある人、仕事が早く終わる人というのは、実はやらないことを沢山決めています。

自分が1日のうちでできることを、謙虚に謙虚に決断しているのです。

決断とはその漢字の通り、他の選択肢を断ってやることをハッキリと決めるという意味です。

やらないことを決めて、今日やることを本当に必要なことだけに絞っていくのです。

やることが減れば減るほど、集中しやすくなります。

時間の管理ができている人は一度やると決めたことは、1日のうちで必ずやり遂げます。

目の前のことに集中して、一つ一つの仕事を確実に終わらせていくと、全てのことが意外と早く終わっているのです。

結果的に、時間を追うことができるようになります。

時間に追われている人は、自分のキャパシティを超えた沢山のことを1日にやっているのです。無意識にいろんなことに手をつけてしまっているのです。

そして、やることが増えると一つ一つのことに注げる時間が分散してしまいます。
いろんなことが中途半端になって終わらないので、時間に追われてしまいます。


時間を管理する人は、謙虚に謙虚にやることを減らして、1日のうちで自分ができることを決断します。
本当に優先順位の高いもの、本当に必要なことだけをやるのです。

そして、一度やると決めたことは必ずその日のうちで達成するようにします。

やることを紙に書いて、目の前の一個のこと、目の前の一個のことに集中して終わらせていきます。

時間を管理するときは、今の自分の時間の使い方を記録して、「見える化」する必要があります。

人は目に見えるものしか管理できないからです。

自分の1日の時間の使い方を紙に記録してみることで、普段の時間の使い方が見える化します。

時間に困っているということであれば、無駄な時間が沢山見つかるはずです。

無駄にテレビを見ていたり、無駄にスマホをチェックしていたり、自分が思っているよりも多くの時間をいろんなことに使っています。

自分の時間の状況を見える化して、一日にやることを謙虚に謙虚に絞っていきましょう。

今日必要なことだけを選ぶのです。
今日大丈夫なら、大丈夫なんです。

今日必要なことを決めて、決めたことを確実に終わらせます。
今日、今日、今日。今、今、今。
目の前の大事なことから集中して終わらせていくと、早く終わります。

時間に余裕が生まれて、時間を追っていくことができます。


私たちは今日その1日1日を生きています。
今日その1日1日の時間が、私たちの命です。

自分の体のこと、自分の好きなこと、自分の夢、将来に向かってやりたいこと…
1日のうち、どれだけ自分の時間を自分のために使えているでしょうか。

仕事や勉強は、自分が幸せに生きていくための「手段」です。
人生の「目的」ではありません。

人はよく、手段を目的にしてしまいますが、
勉強や仕事というのはあくまで自分が幸せに生きるための「手段」です。

だから、自分の睡眠時間や健康を削るような働き方、勉強の仕方は長期間続けていくべきではありません。

自分の1日、1日を犠牲にするような生き方をしてはいけません。

今日その1日1日は、自分自身の命です。
時間は命です。

自分の時間をしっかり管理することで、自分のために使える時間を増やしていくことができます。

自分の体のこと、自分の将来のことをもっと大切にしてみましょう。

生きている今この瞬間が人生です。

今日1日1日、時間を管理できるようになると、人生に豊かさがうまれます。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
石山芽衣

応援よろしくお願いいたします!
下のバナーをポチっとお願いいたしますm(__)m



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村


フリーターランキング