こんばんは、石山芽衣です。
今日も1日おつかれさまです😌☕



人は自分の感情や欲望を抑え続けて生きていると、自分の欲しいものが分からなくなってしまいます。

欲望は、人間にとってとても大切なものです。
生きるための原動力となり、その人が幸せに生きるためのヒントになります。

「こうなりたい!」「こうしたい!」「これが欲しい!」といった気持ちは、
その人がどんなことをしたら幸せになれるかを教えてくれています。

欲望があることで、なにかを得られたときの嬉しさや楽しさ、喜び、、、
時には何かを失ったときの悲しみや、怒り、、などいろいろな感情が引き出されます。

そういった豊かな感情や欲望は自分自身を守ります。
そして、自分の人生をもっと楽しく、もっと良くしていくための力になります。


もし、自分の欲望を抑制し続けると、だんだんと欲望を感じられなくなり、生きるための気力が低下してしまいます。

何をしても楽しく感じられなくなったり、何をもらっても嬉しく感じられなくなってしまいます。

自分がどんな風になりたいのかも分からずに、気力を失ってしまうのです。


「これをやってみたい!」「これが欲しい!」
と言った気持ちは、自分の答えを知るヒントになっています。

どんなことをしたら、自分は楽しく感じたり、やりがいを感じるのか。

どんなことをして自分は生きていきたいのか。

自分は生きている間、どんなものを手にいれたいのか。

自分はどんなことが向いているのか。

自分が幸せに生きるための答えは、「やってみたい!」「欲しい!」という気持ちから見つけていくことができます。

やってみたいと思ったら、すぐにやってみる。
欲しいと思ったら、すぐに手に入れてみる。

そうやって体験を増やしてみることで、自分のことを知ることができます。

どんな小さなことでも、自分の欲しい!やってみたい!を無視してはいけません。
それは、自分にとって必要なことだからです。
自分のやった方がいいことを無意識に教えてくれています。

仕事や勉強、目の前のやるべきことがあるからと、自分の欲望や感情を先伸ばしにして先伸ばしにし続けると、一生先伸ばしです。

気がついたときには、自分の欲しいものが分からなくなってしまいます。

欲しい!やってみたい!は、そのときのリアルタイムな気持ちです。

その時にやるべきだったから、その時やりたくなったのです。
その時に手にいれるべきだったから、欲しくなったのです。

先伸ばしに先伸ばしにして、時間が経過してからやってみても、もうなにも感情は湧きあがってこないのです。

先伸ばしにして先伸ばしにして、時間が経過してから手に入れてみても、もうなにも感情は湧きあがってこないのです。


少しでも、気になると思ったことがあったのなら目を背けないで向き合うことが大切です。

もし今、本当に欲しいものが分からなくなってしまって、何をしても何を手に入れても楽しくないと感じているときは、新しい体験を自発的に増やすことで解決に繋がります。

今まで見たことのない新しい景色を見てみる、気になる場所へ行ってみる、会ったことのない人と会ってみる、今まで読んだことのない本を読んでみる、今までやったことのないことをやってみる、、、。


そうして、少しでも気になることや少しでもワクワクすることを見つけてみましょう。

小さな感情でも感じることが大切です。
小さな欲望でもそれを満たすことが大切です。

そうすることで、だんだんと欲望や感情が回復していきます。


世界は広いです。
まだまだ見たことのない景色がたくさんあります。

まだまだ言ったことのない場所がたくさんあります。

まだまだ食べたことのないものがたくさんあります。

まだまだ着たことのない服がたくさんあります。

まだまだ会ったことのない人がたくさんあります。

まだまだやったことのないスポーツがたくさんあります。

まだまだ知らないだけで、必ず自分が楽しいと思えることはこの世界に沢山あります。

まだまだ知らないだけで、欲しいと思えるものがこの世界には沢山あります。

まだまだ知らないだけで、感動して涙をながしてしまうような素敵な景色がこの世界にたくさんあります。

まだまだ知らないだけで、食べたい!と思える食べ物がこの世界には沢山あります。

まだまだ知らないだけで、一緒にいると楽しいと思えるような人がこの世界には沢山います。


世界を広げて、欲しいものやりたいことを沢山見つけてみることで人生はもっと楽しくなります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

石山芽衣