「塾長の気になる銘柄」の3か月に1回の募集&購読期間更新をご案内いたします。「気になる」は、これから上昇しそうで気になるの当塾独自の意味で火曜夜にメールマガジン形式でメール配信いたします。


 まぐまぐからも同じ内容で月契約の「塾長の気になる銘柄」を発行しています。まぐまぐは月契約ですが当塾から直接配信するこの形式は3か月に1回の募集で、3か月と6か月のそれぞれ長期契約になり、長期割引きをしています。


 現在の状況ですが、昨年12月の暴落後、リバウンドと方向感のない持ち合い圏を繰り返しながら徐々に買い有利となってきたわけですが(そのへんは前回1月21日のメールで想定していた通りの展開になっています)今後さらに買い方有利が予想されます。

 

 先週から今週にかけて海外→国内で株式市場が安定的に強気相場に傾いてきています。それまで世界的な景気減速不安と欧米中央銀行による金融緩和姿勢の強弱材料を背景に売り買い交錯の方向感がない地合いが世界的に続いていたのですが、昨年下押しの最大要因、米中による貿易戦争が今月内に終結する可能性が急浮上したことによる、リスク回避→リスク選好の転換がだいぶ明確化したためです。 

 

 業績悪不安の要因だった中国の経済成長失速の 懸念がだいぶ解消されたことで市場センチメントがポジティブになってきています。先週木曜、決算発表した安川電機が業績下方修正を発表し翌日、ギャップダウンスタートも、プラス圏回復で引けました。 そして週明けの今日、今度は逆にギャップアップスタートで年初来高値を更新しています。このへんに現在の市場センチメントとリスクテイクの方向感が現れています。

 

 当メールマガジンでは3月12日号に掲載の9450ファイバーゲートと3991ウォンテッドリーがともに1か月4割、上昇。現在、全市場でこの上げ方は最高水準ですが、まだまだ買い相場のピークではなく、入り口と考えています。

 

9450ファイバーゲート

3991ウォンテッドリー

 

 申し込み方法は「塾長の気になる銘柄」購読希望のメールを「実名」で 


 yamanonaka17171919@email.plala.or.jp 

 までお送りいただくと、規約同意書兼申込書を返送します。規約とは著作権の順守など購読上の最低限のルールです。メールの氏名欄に著名し返信し、ご入金いただくと、申し込み手続きは終了です。申込み締め切りは今月24日まで。購読料のご入金は26日まで。月締め募集になり27日以降は大型連休で延長はありません。

 

 ファイバーゲート、ウォンテッドリーのような銘柄はまだまだ眠っています。第二、第三のサラブレッド銘柄を我々と一緒にゲットしましょう。

 

「塾長の気になる銘柄」購読料金

 

☆3カ月契約 15000円 半年契約 29000円(消費税含む)