シルトホルンから | 見る、歩く、登るー山との日々

見る、歩く、登るー山との日々

見たり、歩いたり、登ったりして山を楽しみつつ、
たまにはのんびり平地ハイキングや花を眺める散策など。

ベルナーオーバーラントでは、

ラウターブルンネンの谷を挟んで、ヴェンゲンの向かい側、

ロープウェーを乗り継いでひょいっと行かれる、シルトホルンからの眺めも素晴らしい。


アイガー、メンヒ、ユングフラウ、さらにずっと連なっていく山並みを一望できる。


この日は、ラウターブルンネンは曇り。

ロープウェーの乗り継ぎのミューレンは、もう5月だと言うのに、まさかの雪。


シルトホルン山頂のライブカメラの映像を見ていたので、雲の上は晴れなのはわかっていた。

しかし実際にロープウェーに乗っている途中で雲海を抜け、

この景色が目の前に現れたときは、奇跡のように思えたし、

ゴンドラに乗っていた人たちも、一斉に

「おおっ」

と声を上げていた。