別保(べっぽ)炭鉱跡地 | やんまのブログ

やんまのブログ

平凡な毎日のはずが…

昭和24年に閉山となった、別保炭鉱跡地を観に行きました廃病院。

それは 釧路町別保駅の南に位置し、住宅地のすぐ近くにありました!

photo:01

--別保炭鉱年表--
 ・別保地区の開坑は明治時代
 ・大正 9年 太平洋炭礦発足後、本格的な採炭を開始
 ・昭和19年 国策により休坑 (九州へ強制転換?)
 ・昭和21年 終戦後、再開する
 ・昭和24年 出炭が思わしくなく、閉山する


photo:02

コンクリートの壁のみ残っている状態で、建物の面影はありません汗

長い年月の間に風化してしまったのでしょうか・・・

photo:03

廃墟とは言えない姿だなぁ、土台だけ残っている!

しかもこの青空の中、不気味さは感じません!

photo:04

遺跡でも観るような感覚で眺めましたきらきら

photo:05

それにしても天気がいいsky*

photo:06

廃墟には、どんよりとした曇り空の方がお似合いなんだけど曇り

photo:07

photo:08


上まで登りたかったのですが、周りの住宅からの目が気になり

登ることができませんでしたガクリ 小心者なんです!