悪送球による安全進塁権 | yakyunoteのブログ

yakyunoteのブログ

野球ノートを通じて、小学校低学年から大学生までの野球の上達の一助になればと思います。

野球のルールなど、少しでもお役に立てる情報を
あげさせていただきます。

ご意見お待ちしてます❗️


テーマ:
こんにちは

ブログのアップ遅れてしまいました
すみません

テイク2にならず、テイク1になる場合があります。
これはどのような状況でしょうか?
ヒントは「投手」です。

ということで前回終わりました

テイク1 つまり1ベースのみ与えられる・・
それは、投手がプレートをふんだまま送球した際に与えられます

例1、プレートをふんだまま1塁への牽制球が暴投となりボールデットゾーンに入った
例2、ランナーがいる際、打者への送球を捕手がそらし、ボールデットゾーンに入った
   などです
*そらした球を捕手が捕球後、ボールデットゾーンに入ってしまった場合はテイク2になります

投手がプレートを外しますと、その時点で野手と同じ扱いになります

現在、プレートを踏んだままの偽投は2塁にのみ許されております
右左投手に関わらず、プレートを踏んだままの1塁と3塁への偽投はボークになります


どのようなことでも、ご意見、ご質問あれば是非いただければと思います
よろしくお願いします

次回は 基本の基本 ストライクゾーンに関して書かせていただきます!

yakyunoteさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス