デュタステリドのザガーロ アボルブ 違い | ハゲを治す方法

ハゲを治す方法

AGA(男性型脱毛症)治療について

デュタステリド(商品名:アボルブ)は前立腺肥大症の治療薬ですが、AGA治療薬としても使われており、フィナステリド(商品名:プロペシア)よりも強力な薬です。
デュタステリド(商品名:ザガーロ)はAGA治療薬として誕生し、日本でも普及し始めています。
アボルブとザガーロは同じ製造元で組成(デュタステリド)、性状(カプセル)も同じ薬です。
 

 
全く同じ薬ですが価格はザガーロがアブロブの1.5倍以上高いのです。
 
現在のところは、アボルブ」とザガーロは同じで、違うのは価格だけです。
 
ちなみにアボルブ、ザガーロ、フィナステリドは5α還元酵素阻害薬ですが、アボルブとザガーロは5α還元酵素1型・2型両方を阻害するのに対して、フィナステリド(商品名:プロペシア)は2型だけを阻害します。
 
AGAの原因は主に2型なので通常はフィナステリド(プロペシア)を使用し、フィナステリド(プロペシア)が効かない場合にデュタステリド「アボルブ」を使用するのが効果的です。
 
アボルブにはベルトリというジェネリックがありこちらの利用することで費用をかなり抑えることが可能です。
 
ベルトリドは、日本国内で承認されているザガーロカプセルとも同一の有効成分です。
ベルトリドは、男性ホルモンの働きを抑えて、肥大した前立腺を小さくし、尿の排泄を促したり、頻尿、残尿感などの症状を改善したりする薬です。
 
また、男性型脱毛症(AGA)にも効果を発揮します。ベルトリドに含有されている有効成分・デュタステリドは、テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素である5α還元酵素の働きを抑えることにより、血中や前立腺組織中のDHTの濃度を低下させます。
 
肥大した前立腺を小さくし、尿の排泄を促したり、頻尿、残尿感などの症状を改善したりします。男性型脱毛症(AGA)の発現にはDHTが関与していると考えられているため、デュタステリドは男性型脱毛症(AGA)の治療にも有効です。