ザガーロのジェネリック アボダート(アボルブ)の効果 | ハゲを治す方法

ハゲを治す方法

AGA(男性型脱毛症)治療について

これまでAGAによる薄毛の治療には、プロペシアなどの薬が用いられていました。
プロペシアを飲んでも効果を感じられないという人にはアボダートがおすすめです。
 
脱毛の原因である男性ホルモン、ジヒドロテストロン(DHT)は、テストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びついて発生します。
 

 
プロペシアは薄毛の原因とされるホルモンに変換してしまう5αリダクターゼという酵素の2型に対して有効でしたが、アボダートの場合は、5αリダクターゼの1型にも効果があります。
5αリダクターゼ
アボダートの主成分であるデュタステリドは1型と2型の5α-還元酵素の両方をブロックしてくれるので、より大きな効果が想定されます。
 
ですから、以前の薬を服用してもあまり薄毛に対して効果を感じることができなかったという人であっても、アボダートを服用することによって、以前よりも効果を実感することができます。
 
このように、アボダートはプロペシアよりも、強力なAGA治療薬だということがわかります。
 
アボダート(アボルブ)の効果効能
 
アボダートは、デュタステリドを主成分とした育毛剤です。
 
男性専用の薬品で、女性が服用することは禁止されています。 アボダートは、もともとは前立腺肥大症に用いられていた薬で、日本では2009年に認可され、日本名ではアボルブと呼ばれています。
 
前立腺肥大症には男性ホルモンのDHTが関係しており、これが異常に活性化することで起こる病気です。
 
男性型脱毛症も同様で、毛髪が抜けるのはDHTの影響が大きいと言われています。 アボダートの有効成分であるデュタステリドは、5αリダクターゼという酵素を阻害する効果があります。
 
この酵素には1型と2型が存在し、今まで広く利用されてきたAGA対策の薬では2型しか抑制できませんでした。
 
しかしデュタステリドは、1型と2型両方の酵素抑制に効果を発現します。
 
アボダート(アボルブ)の使用方法 通常、成人は1日1回0.5mgを服用します。
 
アボダート(アボルブ)の成分 デュタステリド アボダート(アボルブ)の副作用
 
アボダートはAGA治療薬であると同時に、前立腺肥大症治療薬としてイギリスの製薬会社グラクソ・スミスクライン社が販売しています。
 
国内においては2009年に厚生労働省の認可を得ています。
 
AGAは男性ホルモンの一種とされるテストステロンと体内の酵素が結びついて、抜け毛を引き起こすDHTと呼ばれる男性ホルモンに変換されることで薄毛が生じるのが特徴です。
 
5aリダクターゼを抑える効果がプロペシアと同じなため、副作用もとても似ています。
 
副作用の症状は軽く、いずれも5%未満の発症率となっています。