指名手配犯 小暮洋史 現在の目撃情報 | ハゲを治す方法

ハゲを治す方法

AGA(男性型脱毛症)治療について


テーマ:

小暮洋史(こぐれひろし)被疑者

 

<
 

懸賞金上限額:300万円


生年月日:1969年(昭和44)7月31日
身長:170cm位
群馬一家3人殺害事件。(群馬県警察手配:殺人)
群馬一家3人殺害事件とは1998年1月、群馬県で発生した殺人事件。
未解決。
1998年1月14日、群馬県群馬町(現:高崎市)で電気工事業を経営していた男性(当時48歳)とその妻(当時48歳)、男性の母(当時85歳)の一家3人が殺害された。
群馬県警による捜査の結果、以前から経営者の長女に好意を持ち、電話したり、車でつけまわすなどのストーカー行為を繰り返していた男性(事件当時29歳)が容疑者と断定され、全国に指名手配された。
犯行後、群馬県太田市や埼玉県熊谷市周辺で指名手配犯の愛車である黒色の日産・シルビアが確認されているが、以降足取りは途絶えている。
指名手配犯名義の金融口座には全く動きがなく、本人の身柄はおろか逃走車両も見つかっていない。
県警は逃走車両ごと自殺を図った可能性も視野に入れ、群馬県内外の湖沼約20個所を捜索したが成果はなかった。
2007年11月1日、捜査特別報奨金制度の対象事件として告示される。
報奨金額は300万円である。
問い合わせ先
群馬県警察本部
電話: 027 - 243 - 0110 (代)

 

事件は平成10年の出来事だった。
北関東を覆う冷たい寒風は、西高東低の気圧配置を象徴する自然現象である。『空っ風』と呼ばれるこの強風は、人の心に乾きをもたらし、時として人の感情を殺伐とさせるのかもしれない。事件は、20年前の1月14日夜、旧群馬町三ツ寺の電気工事業を経営する、石井武夫さん宅で起きた。
 
小暮洋史容疑者の生い立ちを辿る

この事件の主犯は、当時28歳の小暮容疑者。この1月14日で、事件発生から20年が経過する。だが、小暮容疑者の居所は杳として掴めていない。
彼はある女性にストーカー行為をし、感極まって1998年1月14日に群馬県群馬郡群馬町(現:高崎市)のこの女性宅で女性の家族3人をあやめた容疑で全国に指名手配されている。
小暮容疑者は群馬県前橋市出身。学生時代はほとんど友達がいなかったようで、地元の群馬工業高校を卒業をして、トラック運転手として働いていた。
当時の彼を知る人はほとんどいない。
ただ、仕事ぶりはまじめで、トラブルなどは一切なかったというし、とはいえ、いつも無表情で、誰ともほとんど口を利かず、人付き合いが苦手で 後輩の面倒見は非常に悪かったという。
学生時代は地元の工業高校で、決して目立つ存在ではなく、その状況は運送会社に勤めている時も同様であったが、決して凶行を及ぶような兆候はなかったという。
転機になったのは、1996年、ドラッグストアで働く女性に一目ぼれをしてしまったことだ。
ここからの人生は光を浴びつつも、そして斜陽に一気に加速していった。
彼女に対する想いが募りに募り、車で女性の後を追い回したり、女性の家の車のワイパーに手紙を挟んだり、電話を掛けたり、多額の金品を貢いだりしたという。
そのしつこさに女性は辟易し、そのことを父親に相談すると父親は小暮容疑者をどやしつけるという一幕もあったという。
その熱烈なラブコールは1年以上も続き、ついに1998年1月4日、何かを決意したかのように会社の社長に「やめます」と辞表を突きつけ会社を退社している。
 
群馬前橋市小暮事件の詳細は?

20年前の1月14日午後7時ごろ、石井さん方に押しかけた男は紛れも無い、小暮洋史容疑者である。
彼は石井さん宅に押し入るや、あっという間に長女の父親の石井武夫さん、その妻の千津子さん、祖母のトメさんの命を次々に奪っていった。
その後、何を思ったか、小暮容疑者は石井さん宅に留まり、玄関で長女の帰りを待ったという。
夜21時頃に帰宅した彼女だが、即座に監禁されるかと思いきや、長女は期せずして話し合いの場面に遭遇し、小暮容疑者を説得することに。
小暮容疑者はその時、玄関先に立ち尽くし呆然としていたという。
長女は勇敢にも興奮した小暮容疑者を落ち着かせるために、彼を一旦家の中に招じいれ、そこで話をし、しばらくして落ち着いた小暮容疑者は、おもむろに車に乗って立ち去ったという。
小暮容疑者は、その足で国道50号線を水戸市方面に逃走した。逃走車は黒の日産「シルビア」(群馬33も8670)。
その後、太田市や埼玉県熊谷市周辺でシルビアが確認されたのを最後に消息が途絶えている。
3人の家族の命を奪う凶悪事件、何故自分だけ生き残ったのか、長女の自責の念がこだまする。
長女は現在40歳になっている頃だ。
20歳代はじめの多感な頃を小暮容疑者という偏狭的な男に、真っ黒に塗りつぶされてしまったのだ。
彼女はこの20年間、ずっとずっと何故自分だけ生き残ってしまったのかと、小暮容疑者から奪い取った僅かな僥倖を、逆に恨めしく思ったに違いない。
彼女の中ではきっとあの時から時間が止まったままだと思う。
勇敢にも容疑者を説得し気丈な自分を演出して命を保全したことが、果たして正しかったのか、そんな思いにかられる瞬間を何度となく味わったことだろう。
そんな20年の年月。
でもその間、変わらず空っ風は毎年お決まりのように吹き続けてきた。
風が吹く。
西高東低の冬型の気圧配置になると、日本列島には北西の季節風が吹き、日本海側では雪の日が多くなる。
その日も雪がちらついてた。
この『空っ風』が吹き始めると、彼女はひとり、家族のことを思い出す。
彼女のなかで、いつになったらこの『空っ風』と家族の不幸を連動させなくていい時が来るのか。
その答えは彼女にしか分からない。
 

 

ハゲを治す方法さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ