ハゲを治す方法

ハゲを治す方法

AGA(男性型脱毛症)治療について

AGAのメカニズムは科学的に解明されており、AGAの進行を遅らせる治療薬のフィナステリドまたは、ディタステリドと、発毛させる治療薬ミノキシジルによりハゲを克服できます。

ハゲに悩んでいる方ならAGA治療の新薬であるザガーロは一度は聞いたことがあると思います。
2015年9月28日に正式承認された薄毛・AGA治療薬で、商品名は「ザガーロ」といい、0.1mgと0.5mgの2種類があります。
 
主成分は(デュタステリド)です。グラクソ・スミスクライン社の事情により発売が延期されていましたが、2016年5月26日にグラクソ・スミスクライン社から2016年6月13日にザガーロ販売開始の発表がされ、発売となりました。
 
ザガーロの発毛効果は従来のAGA治療薬であるプロペシアの1.58倍でかなり強力なAGA治療薬です。
 
さらに発毛効果を強めたいという方にはミノキシジル外用薬やミノキシジルタブレット(ミノタブ)との併用で効果が期待出来ます。
そこで気になるのがザガーロ(デュタステリド)とミノキシジル外用薬やミノキシジルタブレットと併用しても問題がないのかどうかをみていきます。
 
ザガーロとミノキシジルの特徴
 
ザガーロとミノキシジルの併用をする前に、それぞれの特徴についてですが、ザガーロの主成分である「デュタステリド」と「ミノキシジル」はそれぞれ本来は別の治療目的で開発されました。
 
デュタステリドは前立腺肥大症治療薬として、ミノキシジルは高血圧治療薬(血圧降圧剤)として開発されたものでした。ザガーロとミノキシジルは共に薄毛・AGA治療薬としての効果が認められていますが、作用は異なるお薬です。
 
ザガーロ
 

 
ザガーロの主成分はデュタステリドです。日本では「デュタステリド」といえば、前立腺肥大症薬の「アボルブ」にも含まれる成分として知られていました。「アボルブ」は、日本では前立腺肥大治療薬として認可されておりAGA治療薬としての認可は受けていませんでした。しかし、AGA治療に効果があることは知られており、海外ではAGA治療薬として認可されている国もありました。
ザガーロは、アボルブと同じデュタステリドを主成分としているためアボルブと同じ効果が期待出来るます。
 
ザガーロは5a還元酵素阻害剤とも呼ばれ、ザガーロの主成分のデュタステリドの作用は、テストステロンと5a還元酵素が結び付くのを抑えてくれる働きがあり、男性型脱毛症(AGA)の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することが出来ます。
 
さらに5a還元酵素にはⅠ型とⅡ型があり、デュタステリドはその両方の作用を阻害できることが大きな特徴です。AGA治療薬のプロペシアの主成分であるフィナステリドはⅡ型にしか効果が得られないため、ザガーロに対する期待が高まっています。
そのため、毛髪のヘアサイクルを整えるだけではなく、より高い発毛効果も期待できるのです。
 
ザガーロ0.5mg・0.1mgとフィナステリド1mg、プラセボ(有効成分の入っていない試験用薬剤)を比較した臨床試験で服用24週間で500円玉大(直径25.4cm)の頭皮からフィナステリド1mgは+56.5本、ザガーロ0.1mgは+63.0本ザガーロ0.5mgは+89.6本の発毛が認められ、プラセボは4.9本でした。
 
また、海外の臨床試験でもザガーロ0.5mgとフィナステリド5mg(プロペシア1mgの5倍量)を半年間服用した場合、ザガーロを服用したグループの方が約30%も発毛量が高かったという事です。
 
ザガーロは男性ホルモンDHTの生産を抑えることでヘアサイクルを整え脱毛を抑えることと、産毛を多く生やしてくれる薬剤です。そのため、作用機序の全く異なるミノキシジルと併用することで、強い発毛・育毛効果が期待できます。
 
ミノキシジル
 
 
ミノキシジルの主成分はミノキシジルです。
ミノキシジルは元々高血圧症の治療薬として開発されたもので作用は血管拡張による血圧の降圧です。そのミノキシジルに体毛を増加させる作用があることが分かったことで、発毛剤として利用できないかという研究が始まり、発毛剤に転用され、日本以外では「ロゲイン」として販売され、あの「リアップ」の元になりました。「リアップ」は日本での権利を大正製薬が買い取り販売しているもので「ロゲインのジェネリック医薬品・OTC医薬品」になります。
 
また、ミノキシジルのもう一つの作用は毛包の成長促進で発毛効果があります。その後、様々な臨床試験が行われ薄毛対策の治療薬として認められました。
 
ミノキシジルにはタブレットタイプのものとローションタイプのものがあり一般的にはタブレットタイプの方が発毛効果が高いといわれ、タブレットと外用剤の併用も可能で併用することで効果も期待できるといわれています。
 
ミノキシジルは頭皮の血管を拡張させる作用があり、たくさんの栄養を毛髪に運ぶとともに毛乳頭や毛母細胞を活性化させるため毛髪の発育を強く促します。毛乳頭や毛母細胞は髪の毛を生やしたり、しっかりと成長させてくれる細胞であり、この細胞が死滅してしまうとその部位からは発毛することはなく、発毛の命ともいえる細胞です。
 
ザガーロとミノキシジルの併用で効果アップ
 
ザガーロとミノキシジルを併用するとなぜ効果アップが期待できるのか。これはザガーロとミノキシジルは作用機序が違うことと、またAGA治療に対して得意分野が違うためです。
 
ザガーロはヘアサイクルを正常に戻し脱毛を抑え、産毛を生やし髪の毛が生えやすい状態にします。
 
ザガーロだけでも十分な効果を感じる方も多くいますが、AGAにお悩みの方の大半は髪に栄養を与えるための血管が細くなっているために十分な栄養が行き渡らないことが多いようです。そのため、ザガーロの服用による効果で生えた産毛がしっかりとした毛髪に育ってこない場合があるため、ザガーロの効果で発毛しても、十分に元気な毛髪が生えたとは一概には言えません。
 
そこでミノキシジルで頭皮の血管を拡張させ、毛乳頭、毛母細胞を活性化させ毛髪の発育を促し、産毛にしっかりと栄養を取らせるとしっかりとした発毛効果が得られるようになるのです。
 
また、部位によって薄毛・AGAの原因が異なることが知られており、一般的に生え際・前頭部の薄毛にはザガーロが効果的です。頭頂部にはミノキシジルが効果的と言われています。
 
もちろん、生え際にはミノキシジルが効かない、頭頂部にはザガーロが効かないというわけではありません。ザガーロの頭頂部の効果は臨床試験でも示されています。
 
ザガーロでヘアサイクルを整え、脱毛を抑え、産毛を生やし、ミノキシジルでその産毛にしっかりと栄養を取らせることにより、元気な毛髪となっていきます。
 

今回は発毛と育毛の違いと髪に役立つ情報について見ていきます。
 

まず、発毛と育毛の違いですが、発毛とは自分の髪が生えてくることをいいますが、一般的には抜け落ちた髪を再び生えてくるようにすることをいいます。

育毛とは、現在残存している髪の毛の成長を助けて、太く長く抜けにくい髪に育てることをいいます。
市販の発毛剤と育毛剤の違いですが、名前が示しているとおり、発毛剤と育毛剤の目的は 生やすことと育てることでそれぞれ異なります。
発毛剤と育毛剤についての詳しい内容は以下のとおりです。
 
 
発毛剤
 
発毛剤は、すでに髪が抜け落ちた状態となっている部分から、髪を生やすことを目的としています。
ヘアサイクルに関わる指令を出している毛乳頭の働きを活性化させる成分を主に使用しています。
医薬品に分類される発毛剤は細胞に強く働きかける成分を含んでいますが副作用のリスクがあります。
血管を拡張して血行を促進することで毛根周辺に栄養が行き渡りやすくするミノキシジルという成分や、 過度に働いている男性ホルモンの働きを抑制することで抜け毛の進行を抑えるフィナステリドが効果的です。
医薬品に分類される発毛剤に入っている成分には、血圧低下、頭痛、発疹、勃起不全などの副作用が報告されているので、 一般用医薬品(OTC)の中ではリスクがあるのは第一類医薬品に指定されています。
医薬品に指定された発毛剤を初めて使用する場合には、専門的な診断を行っている皮膚科のある病院を受診するか、 薬剤師のいる薬局で薬剤師による説明後に購入することが可能となります。
 
育毛剤
 
育毛剤は、育毛環境をしっかりと整えることを目的にしています。
髪は生えているが、細い髪や短い髪が増えている、また毛髪が全体にやわらかく、弱くなってきたなど、今ある髪を抜け毛や薄毛から守る場合に向いてます。
抜け毛を予防する、フケ・かゆみ・炎症を抑えて頭皮の環境を良くするなどの成分が配合されている場合が多くみられます。
発毛剤がすでに髪が抜けてしまった場合に使用するのに対して、 育毛剤は抜ける前の段階で予防的に使用するという違いがあります。
発毛剤に比べて作用がマイルドな分、効果が弱くなるのは否めません。
髪を健やかに保つためには、生活習慣や食生活、ストレスなどの改善も重要です。
ハゲ克服のために、自宅でできる育毛方法をまとめてみました。
 
フィナステリド
 
 
フィナステリドは、酵素「5α-リダクターゼ」が男性ホルモン「テストステロン」に働きかけ、「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換してしまうのを防ぐ効果があります。
DHTはAGAにおける抜け毛の原因のひとつであるため、DHTの生成そのものを阻害することにより、抜け毛のもとを遮断することができます。
フィナステリドは日本国内では「プロペシア」の名で製造・販売されています。
 
ミノキシジル
 
 
ミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけ、血流を増やす作用があります。血流を増やすことにより、毛根に栄養が多くいきわたり、髪の成長を促します。
ミノキシジルを単剤使用した場合は、すでにある毛根に対しては成長を促しますが、産毛を生やすという作用は多くありません。
髪の成長を最も効果的に促進するにはミノキシジルとフィナステリドの併用することと考えられています。
ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、外用薬については薬局でも購入できますが内服薬については通常の医療機関では取り扱いをしているところは少なく、発毛専門の医療機関で取り扱うことが多いです。
 
AGA(男性型脱毛症)
 


AGAはAndrogenetic Alopeciaの略称で、日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれています。
AGAは成人男性に多くみられる脱毛症の一種で、現在では薄毛の症状に悩む男性のほとんどがAGAであるといわれています。
AGAは男性ホルモンに起因して発症する進行性の疾患です。
主に額の生え際や後頭部のつむじ周辺から抜け毛が起こり、時間をかけて少しずつ薄毛が進行していく特徴があります。
また、AGAの発症には遺伝や生活習慣など様々な要因が関わっていると考えられています。
AGAを発症した場合は、何らかの治療を施さない限り薄毛の進行を食い止めることはできないとされているため、早い段階で医師の診察を受けることが推奨されています。
髪の毛の成長にはヘアサイクル(毛周期)と呼ばれる一定の周期があります。
通常のヘアサイクルは大きく3つの段階に分けられており、髪の毛が最も活発に育まれる成長期、髪の毛の産生が止まり細胞の自然死(アポトーシス)によって毛包が退縮していく退行期、毛包の活動が停止する休止期で構成されています。
さらに成長期は早期、中期、後期の3段階に分かれ、それぞれの過程で髪の毛の成長が行われています。
また、ヘアサイクルは個々で一生涯に繰り返される回数が決まっており、ヘアサイクルが終了するまで繰り返されることで日々の髪の毛の健康状態が保たれています。
 

AGAは悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が男性ホルモン受容体のアンドロゲンレセプターと結合することによって発症するものです。
DHTは男性ホルモンの一種テストステロンが体内の還元酵素5αリダクターゼ(5α還元酵素)によって変化し生成されます。
アンドロゲンレセプターと結合したDHTは、髭などの体毛に対しては成長因子を刺激して毛を太く成長させる作用を持ちますが、前頭部や頭頂部など髪の毛に対しては、毛母細胞の分裂を抑制しヘアサイクルにおける成長期を短縮させてしまう働きを持っているのです。
通常のヘアサイクルは約1000〜2000日かけて1周しますが、AGAの発症によってヘアサイクルが乱れるとヘアサイクルの成長期が100日程度へと極端に短縮されてしまいます。
これはDHTの生成に関わる5αリダクターゼにおいて、体毛では“毛の成長を促すシグナル”が関与するのに対し、頭部では毛の成長期を阻害するシグナルが関与するためであると考えられています。
 
生活習慣
 
 
生活習慣も髪の毛に大きく影響します。
睡眠不足や質の低い睡眠は薄毛の原因になりやすいです。
成長ホルモンは眠っている間に分泌されます。
成長ホルモンによって髪は伸びますが、成長ホルモンが分泌されないと髪の成長も妨げられてしまいます。
食事のバランスも大切です。現代はどうしても脂質、糖質、炭水化物などが多くなってしまい勝ちですが、ビタミン、ミネラルなどもしっかりと摂取し、バランスの良い食生活を心がける事が大切になります。
また、タバコも薄毛の大きな原因となります。ニコチンは血液の循環を悪化させ、毛細血管に栄養が行き届かなくなってしまいます。
さらに、アンドロゲンを持ってる方は、喫煙によってさらに薄毛が進行してしまいます。
髪の事を考えるなら、すぐにでもタバコはやめるべきです。
ストレスも薄毛の原因になります。
ストレスがかかると血管が収縮され、血行障害が起こってしまいます。
すると頭皮に栄養が行き届かなくなってしまう為、髪が成長できなくなり、薄毛になってうしまいます。
さらにストレスがたまると睡眠不足になったり、暴飲暴食に走ったりしてしまう危険があり、薄毛が進行してしまう可能性があります。
 
睡眠
 
 
午後10時~午前2時に分泌がピークになる成長ホルモンは、毛髪の再生促進に必要なホルモンです。
この時間帯は、とくに質の良い成長ホルモンの分泌が増えるといわれていますので睡眠の時間帯も調節するが効果的です。
夜にぐっすり熟睡できるように睡眠環境を整えるようにしましょう。
寝る一時間程度前にぬるめのお風呂に長めに浸かると熟睡しやすくなると言われています。
またストレッチで首や肩をほぐす、 朝に起きた時に明るい光を浴びる、寝る直前にはスマホやPCは見ないなどの習慣を取り入れることが効果的です。
 
運動
 
 
散歩やジョギングなどの有酸素運動を定期的に行う、また加えて無酸素運動も取り入れると幅広く筋肉に好影響を与えることになります。
またジョギングは 全身の新陳代謝を促進する作用やストレスの解消にも期待できます。
普段の日常生活で運動する習慣がまったくないという方は、軽いストレッチから始めたり、エレベーターではなく階段を使ったりするなど短時間の軽い運動から無理せず始めることがポイントです。
 

AGAのメカニズムは科学的に解明されており、AGAの進行を遅らせる治療薬のフィナステリドまたは、ディタステリドと、発毛させる治療薬ミノキシジルによりハゲを克服できます。

 

AGA(男性型脱毛症)による脱毛は多くの場合、前頭部生え際や頭頂部から進行していきます。前頭部生え際の後退は正面から見ると特に目立ちます。
にもかかわらず、生え際が後退していくいわゆるM型の脱毛症は、髪の復活が最も難しい箇所と言われています。その理由は主に次のようなことが原因であると考えられています。
 
 
 
AGAの原因物質が多く存在
 
生え際の薄毛の復活が難しい理由の最も大きな原因がこのAGAの原因物質がそこに多く存在している点にあります。
その犯人は5αリダクターゼという酵素です。
この酵素は血液中を流れてきたテストステロンをAGAの原因物質であるDHTに変換する働きがあります。この影響を受けて前頭部生え際部分は髪の毛が薄くなっていくのです。
されに、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在し、Ⅱ型5αリダクターゼがAGAの進行に大きくかかわっていることはわかっていますが、前頭部生え際部分には、Ⅱ型に加えてⅠ型も存在し、それが育毛の困難性を高めているという見解もあります。
逆に後頭部や側頭部が禿げないのは、この部分に5αリダクターゼという酵素や男性ホルモンレセプターが殆ど存在しないためだと言われています。
 
生え際の周辺は毛細血管が少ない
 
生え際の特徴として、頭皮の厚さが比較的薄く硬くなりがちで、そのため頭髪に栄養を送るための毛細血管の数も少なく血行も悪くなり栄養も十分に行き届かなくなるという見解があります。
しかし、自毛植毛で後頭部から移植した髪の毛が問題なく生え続けることを考えるとこの影響は少ないと考えられます。
いつも刺激にさらされている
前頭部の生え際部分は、髪をかき分ける動作や前方からの風、分け目への紫外線など常に刺激にさらされています。髪の中で最も負担がかかるの髪が前髪だともいえます。
このような刺激に四六時中さらされることは育毛環境には良いとは言えません。
特に分け目を同じ場所で続けていると段々と地肌が目立ってくることは多くの人が経験していることです。薄毛リスクの分散という観点からも分け目はときどき変えてやる必要があります。
 
眼精疲労による栄養分の不足
 
パソコンやスマホ、テレビゲームなどで目を酷使すると網膜が傷つきますが、その傷を修復するの欠かせない成分がシステインです。
システインは、健康な髪の毛の生成に欠かせない成分ですが、傷ついた網膜の修復にシステインが使用されると、毛髪生成時に十分な量を使えなくなり、切れやすかったり細かったり、抜けやすい髪が作られてしまいます。
この影響は特に頭部のM字部分に影響が出やすいと言われていますが、これも自毛植毛で後頭部から移植した髪の毛が問題なく生え続けることを考えるとこの影響は少ないと考えられます。
 
生え際の発毛・育毛対策
 
生え際にはこのような特徴があることから、その特徴に合った対策が必要となります。
AGAの原因となる物質を阻害する成分を配合する育毛商品
何はともあれ、生え際の薄毛対策は、AGAの原因となる物質(5αリダクターゼやDHT)を阻害したり、発毛因子を増やしてやることです。
日常生活(食事や睡眠、運動、ストレス発散など)の改善だけでAGAの進行を阻止することは難しいため、別途、育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプーなどを利用します。
特に、AGA対策としては、血行を良くしたり、細胞を活性化するだけでは不十分でAGAの原因にアプローチする成分を含んでいなければ意味がありません。
これらの対策成分として、外用(育毛剤やシャンプーなどから)としては、
①アデノシン
②サイトプリン・ペンタデカン
③ヒオウギエキス
④M-034エキス
⑤オウゴンエキス
⑥ビワ葉エキス
など。
主に内服用(食品やサプリメントから摂取)としては、
①ソーパルメット(ノコギリヤシ)
②亜鉛
③イソフラボン(エクオール)
④プラセンタ
などがよく配合されています。
生え際の育毛を重視する場合はこれらの成分を豊富に含んだ育毛剤や育毛サプリメントを選ぶとよいでしょう。
 
血行を良くする成分を配合する育毛商品
 
さらに、生え際はおでこに近く頭皮が薄く硬いため、血行も悪く栄養も行き渡りにくいという見解もあります。その真意はともかく、血行を良くする成分を含む育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプーなどは血流を促進し頭皮環境を整えますので極力そのような成分が配合されているものを選ぶようにします。
 
システインの不足を補う
 
目の酷使によるシステインの不足は生え際の薄毛を進行させるという見解もあります。
システインは、魚介類や野菜などから摂取することも可能ですが、これらは、簡単にミレットエキスなどのサプリメントで摂取すことも可能です。

 

生え際が上がってきたのを薄々感じてはいたものの、まだ二十後半だしと油断していると、
気が付けばくっきりM字型の生え際に。
さすがにこのまま放っておくと間違いなく親父と同じ悲惨な末路になると、
早々に改善方法を探すことにしました。
自分で調べていくうちに、育毛剤の中にも錠剤などの内服タイプと、
頭皮に直接塗る外用タイプがあり、さらにその中にも発毛を促進するものと、
脱毛を防止するものがあるということがわかりました。
ひとまず自分は、効果が高いと話題の内服タイプの育毛薬を試してみることにしました。
(何となく塗るタイプのものは頭がベタ付きそうな気がしたし、めんどくさそうだったので)
が、しかしこの飲むタイプ、自分の身体には合わなかったようで、
動悸などの副作用が出てしまい、半分も飲まないうちに諦めることに…。
結局、消去法で塗るタイプを選択せざるを得ない状況となり、試してみようと、
成分やコスパなどあれこれ加味して行き着いたのがリグロースラボでした。
 


【さまざまなタイプから選べて、コスパ良しのリグロースラボというブランド】
このブランドを選んだ理由は、発毛促進タイプ、脱毛抑制タイプの2つのカテゴリに分かれて、
組み合わせ可能な商品が用意されていて、言ってしまえば商品選択が楽だったのと、
リアップなどの有名商品と同成分なのにコスパが良く、長く続ける上で経済的負担が
少なそうだったから。
他にも、外用タイプでよくある副作用の「かゆみ」を抑えるため、
その原因となるプロピレングリコール(PG)を使用せず、
頭皮に配慮した作りとなっているという点も好感が持てました。
なんせ飲むタイプと違って塗るタイプは直接気になる患部に塗るわけですから、
炎症が起こって余計にハゲたりでもしたら大変ですから。
また、リグロースラボは上記に加えていずれの商品も、
「リポソーム技術」を採用しているとのことです。
簡単に言うと、この技術によって頭皮の奥まで有効成分が浸透し、
効果を最大限、かつ持続的に引き出してくれるのだとか。

【使い心地◎ 産毛発毛でモチベーションもアップ】
ひとまず自分はリアップと同成分「ミノキシジル」を5%配合した、
発毛促進タイプの「5M」と、脱毛抑制成分「スピロノラクトン」を配合した、
「SP2」を合わせて購入。
現在朝と夜、二度ほど生え際に塗ってマッサージするようにしています。
使い心地としては気になっていたベタ付きも特になく、また、赤くなったり、
かぶれて痒くなるといった副作用も起きませんでした。
まだ使いだしてふた月ほどですが、最近、気になっていた生え際に、
前はなかった産毛が現れはじめ、前に撮っておいた写真と比べて、
鏡の前で一人感動していました。
この調子で続ければおそらく、額のM字のカーブも早々に元の緩やかな状態に戻るのではと、
モチベーションも上がり、さぼらず続けられそうです。
他のメーカーのものについては詳しくはないのですが、
自分のような育毛初心者にとっては使いやすく、わかりやすかった上に、
他のものと比べてコスパも良かったので、個人的にはこのブランドは当たりだと思います。
 
 

AGA治療は一部の例外を除き、自由診療なので、保険は適用されません。
治療費は、全額自己負担になります。
これは、AGA治療を専門で行っている病院、一般の病院や皮膚科どこでも一緒です。
AGA治療が厚生労働省が定めた医療保険の適応外(美容整形などと同じ分類で、命に関わる治療ではない)とされているためです。
そのため、費用の面で躊躇してしまい、治療開始が遅れてしまうケースが多々ありますが、AGA治療で最も重要なのは、早期に治療を開始することです。
早期に治療を開始することで、全体的な治療費も抑えることができ、早期にハゲ克服することができます。
それでは、一般的に行われているAGAの治療法である、外用薬、内服薬、植毛、かつらの治療費について見ていきます。

 

AGA治療の費用相場
 
外用薬のミノキシジル
1カ月3,000~8,000円
内服薬のフィナステリド
1カ月6,000~7,000円
 
デュタステリド
1カ月9,000~1万円
 
自毛植毛
20~30万円程度の基本的な手術費用に加えて、植毛範囲に応じて50~300万円
 
外用薬療法の相場
日本皮膚科学会は、AGAが軽症の場合、一般用医薬品であるミノキシジルの使用を推奨しています。
ミノキシジルは、直接頭皮に付けるタイプの外用薬で、日本では、大正製薬のリアップという商品が、認可を受けて製造販売されています。
リアップは、発毛剤として、ドラッグストアでも市販されており、病院へ行かなくても入手して使用することができます。
ミノキシジルの配合濃度が5%と高いリアップX5プラスも認可され、販売されています。
薬のタイプによりますが、ミノキシジルを使用した場合、1カ月で3,000~8,000円の薬代がかかります。
 
内服療法の相場
日本皮膚科学会は、AGAが中等症、重症の場合には内服薬治療を推奨しています。
AGAの内服薬は、医師の処方箋がないと購入・使用できない医療用医薬品です。AGAの内服薬には、フィナステリドとデュタステリドの2種類があります。
フィナステリドは1カ月で6,000~7,000円、デュタステリドは9,000~1万円の薬代がかかります。
 
自毛植毛の相場
自毛植毛術は、自分の後頭部の毛の組織を脱毛部に移植する治療法です。
日本皮膚科学会は、診療ガイドラインの中で、外用薬や内服薬治療を1年間行ってもAGAの症状が改善されない場合には、治療の選択肢として自毛植毛術を推奨しています。
自毛植毛術は、移植する範囲や部位によって価格が大きく異なります。基本的な手術費用だけで20~30万円かかり、加えて植毛範囲に応じた費用が50~300万円かかります。
一方、化学繊維で作られた人工毛を移植する人工毛植毛術は、トラブルが多く、米国では米国食品医薬品(FDA)により実施が禁止されています。
日本では、日本皮膚科学会が人工毛植毛術を行わないように呼びかけていますが、厚生労働省は禁止していないので、現在でも人工毛植毛を行っている施設があります。
 
ジェネリック医薬品の相場
内服薬のフィナステリドはジェネリック医薬品が販売されているジェネリック医薬品のフィナステリドを使用すると、先発品の3~7割程度に費用を抑えられます。
AGAの治療薬の中にも、先発品より安価なジェネリック医薬品が出ているものがあります。
ジェネリック医薬品とはこれまでに有効性や安全性が実証されてきた薬と同等の効果があると認められた低価格な薬で、新薬として先に売られていた先発品の特許が切れた後に、製造・販売が認可されたものです。
新薬と同等の効果を有する成分が含まれていますが、開発費用が大きく抑えられるために、新薬に比べて低価格で購入することができるのがジェネリック医薬品です。
AGA治療薬のうち内服薬のフィナステリドにはジェネリック医薬品が販売されています。
フィナステリドは日本において、2005年にMSD株式会社よりプロペシア錠という名称で販売が開始されてます。
その後、プロペシア錠の特許期間が終了し、各社からフィナステリドを有効成分としたジェネリック医薬品が販売開始されてます。
フィナステリドは、ジェネリック医薬品を選べば1ヶ月2,000~3,000円で購入することができます。
 

AGAのメカニズムは科学的に解明されており、AGAの進行を遅らせる治療薬のフィナステリドまたは、ディタステリドと、発毛させる治療薬ミノキシジルによりハゲを克服できます。

 

自毛植毛とは、自分の薄毛の影響が少ない部分の毛髪を細胞ごと採取して髪が薄くなっている部分に植え込むことです。 一般的に言って、後頭部や側頭部はAGAによる薄毛の影響を受けていないのでその部分から毛髪を採取することが多いです。
 
同じ植毛でも、人工毛植毛というものもあります。これは、ポリエステルやナイロンなど合成繊維で作られた人工毛を植え込む治療ですが、人口毛は成長しないため自毛が伸びてくると違和感が生じますし、頭皮が拒否反応を示して皮膚が荒れてしまうこともあり、自毛植毛よりもリスクが高いとされています。
 

定着する可能性が高い

元々自分の体に生えていた髪を植え込むわけですから、頭皮が拒絶反応を示すことはほとんどなく、定着率が非常に高いです。

定着したら自然に成長する

植毛した自毛が一度定着すれば普通の髪と同様に成長していきます。人工毛植毛だと定期的にメンテナンスをする必要がありますが、自然に成長していく自毛植毛はメンテナンスが基本的に不要です。
 
定着した自毛は生え続ける

AGAの影響を受けにくい部分から取った自毛は、頭頂部や生え際などのAGAの影響を受けやすい部分に植毛したとしても、問題なく生え続けると言われています。ですから、一度自毛植毛して定着すれば、長い年数髪がそこにとどまってくれるのです。自毛植毛が最強の薄毛対策と言われる由縁はここにあります。
自毛植毛のデメリット
 
費用が高い

自毛植毛は保険診療適用外で、費用は高額になります。例えば、生え際の後退を改善させるために1,000~2,000本程度の毛髪を移植した場合の相場は、60万~100万円程度です。しかし、一度植毛してしまえば、その後長年にわたって効果を得られますので、この費用を高いと考えるか安いと考えるかは人それぞれでしょう。
※症例や術式、クリニックによって費用は異なります。
 
赤みやカサブタができる

術後は頭皮に赤みができたりカサブタができたりしますが、1週間くらいでカサブタが取れてスッキリすることが多いようです。

定着までに半年~1年ほど時間がかかる

植え込んだ自毛は術後1ヵ月くらいで一度抜け落ち、その後半年~1年くらいで生えそろうようです。ですから、手術は数時間で終わるものの、効果が出るまでにそれなりの時間がかかる点に注意が必要です。

 

多くの男性が悩むAGAですが、その治療薬は値段も種類も様々です。
どれを選んだら良いのだろうかと悩んでしまう方も少なくないことでしょう。
AGA治療薬は値段が高ければ高いほど効果を発揮するものではなく、また安価なものが粗悪品であるというわけではありません。
有名なAGA治療薬に「プロペシア」という薬がありますが、これを病院で処方してもらうと1カ月分で数万円するほど高価です。
しかもAGAは長期間の治療が必要になるため、1月当たり数万円の負担が数年かかってしまうことになります。
負担額がかさむことから治療をあきらめてしまう方も少なくありません。
できる限り金銭的な負担をかけずにAGA治療を行いたいと考える方には「フィンペシア」の使用をお勧めします。

 

 

ジェネリック医薬品であるフィンペシアを使用することで高い効果はそのままに治療にかかるお金を大幅に下げることが可能です。
また、フィンペシアの通販を利用することで、より安価に入手することもできます。
フィンペシアはインドの製薬会社の製品であり、インドは医薬品の特許条例に加盟しておらず、特許が切れていない製品の製造が許可されています。
そのため新薬と同一の有効成分を用いた安い薬を販売することが可能になっています。
AGAが引き起こされる原因としては「5αリアクターゼ」という物質の働きが挙げられます。
この物質が男性ホルモンと結びつくことで「ジヒドロテストステロン」という物質に変化をし、AGAの症状を引き起こします。
フィンペシアの主成分である「フィナステリド」はこの5αリアクターゼの働きを抑制する効果があり、AGAの症状を止めることが可能です。
育毛剤というと頭皮に直接塗布するタイプをイメージしがちですが、フィンペシアはさらに手軽に服用可能な錠剤です。
この点もまたフィンペシアの人気の一つであるといえるでしょう。
フィンペシアの効果はおおよそ半年~1年ほどで現れますが、効果が現れたからといってすぐに治療が終わるわけではありません。
その効果を維持するためには飲み続ける必要があります。

 

 

 

ミノキシジルは以下の2つの働きで、髪が抜けている箇所に新たに毛を生やす効果があります。
①血行を促進する
②毛母細胞(毛を作る場所)を活性化させる
 
ミノキシジルとはもともと血管拡張剤(高血圧の経口薬として)として開発された成分ですが、後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、1980年代に世界で初めて認可された脱毛症の治療薬です。
 
世界90か国以上で承認されており、アメリカをはじめとした世界中の多くの国の人が使っている育毛剤に配合されている成分です。ロゲインやカークランドといったものが有名ですが、日本でも、ドラッグストアや薬局などでリアップ(大正製薬)に有効成分として配合されています。
 
ミノキシジルには、リキッドタイプ(外用薬)のほかに経口タイプ(内服薬)のものがありますが発毛剤・育毛剤として認められているのは外用薬のみです。
ミノキシジル配合の育毛剤リアップ、ロゲイン、カークランドについて見ていきます。
 
リアップ
 
リアップは大正製薬株式会社から新規承認医薬品として、1999年6月3日に日本で始めて販売されたミノキシジル配合の育毛剤です。
メーカーが行った臨床試験の結果によると約1年間使用した場合、約7割の人が軽度改善以上の効果があったと言われました。
2015年の10月にリアップがリニューアルされ、販売されています。
 
ロゲイン
 
ロゲインはアメリカの製薬会社で、アップジョン社が1980年から販売している育毛剤です。
現在ではロゲインの販売特許をジョンソンアンドジョンソンに売却しました。
実績としてはリアップ、カークランドより長く販売されています。
 
カークランド
 
カークランドはロゲインのジェネリック医薬品です。
開発会社はアメリカのカークランド社でリアップ、ロゲインと同様にミノキシジル配合の育毛剤になります。
内容はロゲインと同様ですが、ジェネリック医薬品なので、低予算で購入することが可能です。
リアップ、ロゲイン、カークランドの違いを簡単に言うと、リアップは日本で発売された育毛剤、ロゲインはアメリカで発売された育毛剤になります。
また、カークランドはアメリカで発売されたロゲインのジェネリック医薬品としての育毛剤です。
発売国の違い、ジェネリックかどうかの違いということです。
 
リアップの成分と効果
 
リアップは発毛・育毛効果が高いとされ、脱毛の進行を防ぐ作用の主成分、ミノキシジルを筆頭にフケの原因となる、皮脂の余分な脂を防いでくれるピリドキシン塩酸塩、皮脂の酸化防止作用のあるトコフェロール酢酸エステル、頭皮のかゆみを抑えてくれる役割のあるI-メントールを配合しています。
 
ロゲインの成分と効果
 
アメリカ版リアップとも言われているロゲインはミノキシジルを主成分としています。
ロゲインの有効成分ミノキシジルとは頭皮の血管を広げ、血行を良くしてくれる作用があります。
血行が良くなると、血液中に含まれる栄養が頭皮に流れ頭皮環境が良くなります。
 
カークランドの成分と効果
 
カークランドはロゲインのジェネリック製品であるため、ロゲインと同じミノキシジルを主成分としています。
また、有効成分・効果ともにロゲインと同じと捉えて大丈夫でしょう。
 
購入方法・価格での違い
 
さて、ここまでリアップ、ロゲイン、カークランドに含まれている主成分について書いてきましたが気になる購入方法と価格の違いについて比較していきます。
 
リアップの購入方法・価格
 
平成24年1月まではリアップなどの第1類医薬品は薬剤師がいる薬局などでしか購入できなかったのですが、平成26年6月に改正薬事法により第1類医薬品に限り所定の手続きさえすればネットでも購入出来るようになりました。
薬局では定価で販売していることが多いですが、ネットですと差はあるものの、少しは安く購入出来るようです。
定価: 7,611円(税込)
 
ロゲインの購入方法・価格
 
ロゲインはアメリカのみで販売されており日本国内では販売されていないため、入手するなら個人輸入するしかありません。
しかし、購入手続きや支払い方法などで言葉の壁にぶつかり、個人で簡単に輸入するのは難しいというのが現状とです。
そんな時は個人輸入の代行業者を利用し、購入するのがよいでしょう。
価格としては代行業者にもよりますが、4300円〜7000円前後の幅があります。
 
カークランドの購入方法・価格
 
カークランドもロゲイン同様、アメリカでの販売になるため入手方法は個人輸入のみとなります。
カークランドはジェネリックなので、ロゲインよりも価格は抑えられます。
その為ジェネリックに抵抗がなく、少しでも出費を抑えたい人にはオススメです。
だいたい、1本購入より2本セットなどで購入する方がお買い得になります。
1本でだいたい3000円〜4000円前後です。
2本セットだと3500円〜6000円前後になります。
 

プロペシアの効果は薄毛の原因の進行を食い止めることです。
プロペシアの主成分はフィナステリドという化学物質です。
プロペシアは当初、前立腺肥大症の薬としての開発途中で、服用した被験者から髪の毛が生えたという報告があった事からAGA治療薬として効果的です。
プロペシア(フィナステリド)がAGA治療に有効であることを説明するには、AGAの発症メカニズムを理解する必要があります。
AGAは、テストステロンと5-αリダクターゼが結合して発生する、ジヒドロテストステロンが原因といわれています。
 

 
このジヒドロテストステロンが、髪の毛の成長を抑制するように毛母細胞に信号を送る事によりagaが発症すると言われています。
プロペシアには、その5-αリダクターゼの活性を抑制する働きがあり、その為にテストステロンと結合して出来るジヒドロテストステロンの生成が抑制されます。

 
その制御効果の結果としてプロペシア効果がaga治療に適していると言われているのです。
つまりプロペシアの効果は薄毛の原因の進行を食い止めることです。
現在、日本でフィナステリドを含むAGA治療薬はプロペシアのみとなります。
プロペシアはミノキシジルと違い、専門医に診察を受け処方箋をもらわなければ、薬局で購入する事が出来ない薬です。
つまり自分勝手な自己判断では無く、専門医の指導のもと慎重に服用しなくてはならない薬品だと言えます。
プロペシアの値段なのですが、ボクが調べたところ、およそ一錠¥250程度になります。
通常使用の場合一日一錠服用するので1ヶ月で、およそ¥7500かかることになります。
またプロペシアを購入するには先に説明した通り専門医に診察を受ける必要があります。
その費用として初診料で¥2000~¥3000程度必要となります。
 また、継続してプロペシアを使用する場合には再診察が必要ですのでプロペシアを使用するのに毎月必要な金額は、診察料+プロペシア30錠でおよそ¥10000程度の金額が必要になります。
ただし、個人輸入で入手することにより値段を半分以下におさえることが可能です。
 

頭髪がM字型に後退していく原因として、男性ホルモンのひとつであるテストステロンとの関係が挙げられます。
 
テストステロンの分泌量は加齢によって減少していき、代わりに5α還元酵素という物質が分泌されるようになります。
 
この5α還元酵素とテストステロンが結合するとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化するのですが、このDHTがクセ者で、毛髪を育てる細胞分裂を邪魔してしまうのです。
 
そして、5α還元酵素が前頭部に集中していることが要因で、額からじわじわと頭髪が後退します。
 
症状が進むとM字型にハゲができてしまうというわけです。
 
ちなみに、AGAは人によって進行速度が異なりますが、毛量が多いとなかなか気付けないこともM字ハゲの厄介な点です。
 
 
前髪の部分の血行が悪い状態になると、髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなり、前髪が抜け落ちてしまったり、毛自体が細くなってボリュームが無くなり、前髪が薄くなったと感じる事になります。
血行不良かどうかは肩凝りがあるのか、額や前髪の部分の頭皮が硬くなっていないかなどをチェックしてみると分かりやすいです。
 
もしひどい肩凝りである、額や前髪部分の頭皮が堅い場合には、よくマッサージなどをして凝りの解消や柔らかい頭皮にしていくことで、栄養が行き渡って髪のボリュームがアップすることもあります。
前髪がハゲると、額が広くなって来たりM字型になってきたりします。
前髪を垂らしてごまかしているうちに取り返しがつかないほど、後退してしまうこともあります。
 
遺伝や男性ホルモンが影響する薄毛は、主に頭頂部に出やすいです。前髪がハゲる原因にも男性ホルモンの影響が出ますが、生活習慣の乱れがハゲる原因になっていることも多いパーツです。
原因としては、洗い過ぎ、慢性的な寝不足、栄養不足、運動不足、ストレス、飲酒・喫煙などが挙げられます。
 
洗い過ぎは、薄毛や不衛生を気にするあまり、過度に洗い過ぎて、本来、必要な皮脂まで取り除いてしまっているということが考えられます。
 
一般的なシャンプーに含まれている石油系の合成界面活性剤は非常に洗浄力が強い反面、頭皮に残りやすいと言われています。
 
シャンプーでゴリゴリ洗うよりも、シャンプー前のお湯で洗うということやすすぎ残しが無いようによくすすぐことが大切です。
サラリーマンで多いのが、寝不足や栄養不足、運動不足、ストレス、飲酒・喫煙などです。
 
これらの悪しき生活習慣は、頭皮の血行を悪くしてしまうため、頭皮が硬くなって薄毛の原因を引き起こします。