ハゲを治す方法

ハゲを治す方法

AGA(男性型脱毛症)治療について

AGAのメカニズムは科学的に解明されており、AGAの進行を遅らせる治療薬のフィナステリドまたは、ディタステリドと、発毛させる治療薬ミノキシジルによりハゲを克服できます。

プロペシアと同じ、育毛成分フィナステリドが含まれる薬品のプロペシアのジェネリック治療薬がフィンペシアです。
 
公的に認められているプロペシアと同成分だけに、興味を持つ方も多いことでしょう。
そこで今回は、フィンペシアの特徴と効果、プロペシアとの違いから、副作用や飲み方まで多様な情報をご紹介します。
 
同製品の購入を検討されている方は、ぜひチェックしてください。
 
フィンペシアとは
 
フィンペシアとは、育毛促進を目的に開発されたAGA治療薬です。
 
プロペシアと同じフィナステリドが含まれていて、位置付けとしてはプロペシアより安価です。
 
ジェネリック医薬品といわれていて、値段の安さがメリットですが、国内未承認のため、日本国外から取り寄せる必要があります。
 
含まれる成分
フィンペシアには、AGA改善に有効なフィナステリドが含まれています。
 
成分量は1mgほどで、成分量もプロペシアと変わりません。AGAの主因子は、男性ホルモンが変異したジヒドロテストステロンで、5αリダクターゼとの結合によって生成します。
 
フィナステリドには5αリダクターゼの働きを阻害する性質があるため、同成分配合の育毛剤はAGA治療薬として皮膚科などで処方されています。
 
ちなみに、フィナステリドは男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(日本皮膚科学会)で、推奨度が「A」とされていて、AGAの方には、内服が推奨されています。
 
フィナステリドは、さまざまな育毛成分の中でも、医学的に男性型脱毛症への効果が認められる数少ない成分といえます。
 
プロペシアとの違い
 
フィンペシアとプロペシアは、ともにフィナステリドを主成分とするAGA治療薬で、効果・副作用の面で大きな違いは、ほとんどありません。
 
ただし、国内における位置付けが異なります。
 
プロペシアは国内承認を受けたAGA治療薬で、開発はアメリカのメルク社です。
 
皮膚科やAGA専門クリニックなど、幅広く取り扱われています。対してフィンペシアはインドのジェネリック医薬品開発会社が製造・販売する製品で、国内では公的な認証を受けていません。
 
そのため、フィンペシアはジェネリック医薬品といわれているだけに、プロペシアより安価な値段で手に入ります。
 
ただし、フィンペシアは国内で購入することができないため、購入する場合は、海外から直接取り寄せるか、個人輸入代理店を通すしか方法がないのが実情です。
 
フィンペシアの効果
 
フィンペシアにはプロペシア同様の効果が期待できると考えられています。
 
AGA症状の改善
 
プロペシアやフィンペシアに含まれる、フィナステリドには、AGAを引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える働きがあります。
 
DHTを生み出す酵素が5αリダクターゼで、主に頭皮の皮脂腺や毛乳頭に存在します。
この酵素を多く持つ方ほど、AGAリスクが高まります。
 
中でも、ジヒドロテストステロンと結合しやすいのは頭頂部と前頭部に存在する2型5αリダクターゼで、フィナステリドはこの部分におけるDHT抑制に効果を発揮します。
 
そのため、フィンペシアは生え際から徐々に進行するM字タイプのAGAや、頭頂部から薄くなるO字タイプAGAに有効な治療薬として効果が期待できます。
 
また、フィンペシアは皮脂の過剰分泌を抑制する効果にも期待が持てます。
 
毛根に皮脂がたまると髪の毛の成長を妨げるため、頭皮コンディションにとってよくありません。
 
皮脂の量を適度にコントロールすることで、毛根の周りがクリーンになり、ヘアサイクルの正常化につながります。
 
前立腺肥大症の改善
 
フィンペシアは前立腺肥大の症状改善にも有効な治療薬です。フィナステリドはもともと、前立腺肥大の治療薬として開発された経緯があります。AGA主因子である5αリダクターゼは前立腺にも存在する酵素で、フィナステリド投与によって前立腺肥大症の改善や予防に期待が持てます。
 
フィンペシアの副作用
 
高い育毛効果が認められるフィンペシアですが、副作用に注意して服用する必要があります。発症例としては少ないものの、中には重大な副作用も確認されており、服用の際は、注意を守って服用してください。
 
男性胎児の生殖器異常
厚生労働省は、フィナステリド含有医薬品の副作用として、男性胎児の生殖器に異常を起こす可能性があるとしています。
 
そのため、妊娠中または妊娠している可能性のある女性、授乳中の方は服用を避ける必要があります。
 
服用だけでなく、成分に直接触れることでも副作用を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。
 
もともと、フィナステリド含有医薬品は女性型脱毛症には効果が認められておらず、女性の服用自体が禁止されています。
 
フィンペシアにはプロペシアと同量のフィナステリドが含まれるため、そのリスクは同等と考えて問題ありません。
 
肝機能障害
 
機能障害に関する副作用の記述があります。
 
もともと肝臓に障害がある方は、特に注意が必要です。
 
健康診断などで肝臓機能の低下を指摘されている方は、使用を控えましょう。
 
男性機能の障害
 
フィナステリドには男性ホルモンの働きを抑える作用があるため、男性機能の低下を引き起こす可能性がゼロではありません。
 
しかし、男性機能の低下は非常にまれなケースでもあるため、あくまでその可能性があるという程度にとどめてください。
 
フィンペシアの購入方法
 
フィンペシアは国内未承認の医薬品であるため、クリニックや薬局で買い求めることはできませんが、個人輸入を代行してくれるサービスがありますので、パソコンやスマートフォンなどのインターネット環境さえあれば、誰でも簡単に入手できます。
個人輸入代行
 
 
個人輸入というのは、海外製品を個人で購入する事です。
 
しかし個人輸入となると、言語や税関の手続きなど全て個人で行わなくてはなりません。
 
その際、個人輸入代行を利用すると代行業者が個人の代わりに現地の企業や店舗と直接コンタクトをとり、面倒な手続きなどを個人に代わって全て行ってくれます。
 
通販業者を介して海外製品を購入するサービスを行っているのが個人輸入代行です。
 
ここでは海外医薬品を個人輸入する名目で紹介します。
 
気を付ける要点は2つだけです。
 
通販サイトを利用する事で簡単に医薬品を購入する事ができます。ただし、個人輸入にはきちんとルールがあります。
 
個人輸入の利用を考えている方の中には違法でないのか。という心情などありますが、ルールを破るともちろん違法になります。
 
日本の法律では海外から医薬品を輸入する事は決して違法ではありませんので、安心して下さい。
 
医薬品の個人輸入のルールは2つです。
 
①輸入者が使用すること
②1度に輸入できる量に制限あり
 
この2つさえ守れば安心して医薬品の輸入が可能になります。
 
購入した本人が使用せず、他人に譲ったり個人売買をすると違法です。
 
海外から安い金額で仕入れ他人へ売買するというのは違法です。
 
あくまでも購入者本人のみの使用目的という決まりがあります。
 
分かりやすく言うと、勃起不全の薬を女性が購入する事はできないという事です。
 
これは法律を犯す事になります。
 
次に輸入出来る量についてですが、医薬品においては規定の量が決まっています。
 
安いから大量に購入するという事ができません。
 
そこにも注意が必要です。
 
法律上、医薬品や医薬部外品は2ヵ月分までの購入しかできないので注意が必要です。
 

AGAとは、「男性型脱毛症」のことで日本では、約1,260万人以上の方が対象とされており、成人男性を中心に髪が薄くなる状態をいいます。

特定の薬剤の名称や治療法のことではなく、薄毛や抜け毛に悩んでいる方や将来自分の頭髪に不安があるという方をサポートし、生活習慣の改善まで含めてケアしていくことが「AGA治療」とされています。
 

 
成人男性の約3人に1人がAGAに悩まされていますが一番の理由とされるのが男性ホルモンの過剰分泌といわれ、頭頂部と額の生えぎわから起こることが特徴です。
よく、AGAと薄毛の差で混乱される方がいます。
 
薄毛は、一般的に思春期以降、額の生え際や頭頂部の髪の一方または双方から薄くなっていくとされます。
 
遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられていますが、AGAは皮膚内で毛髪を作り出す毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいうことが原因といわれ、徐々に薄毛や抜け毛が進行していきます。
 
しかしながら、完全に髪がなくなるのではなく、細く弱々しいうぶ毛は残っている状態です。
 
とはいえ、毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。AGAの中心年齢は、30代~50代の中年の男性にみられる傾向ですが、近年では20代の若い人のAGAも増えてきています。
 
特にAGAは進行度に個人差がありますので、何もしないでゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・薄毛が徐々に目立ってきます。

髪は一定のサイクル(毛周期)にしたがって、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返すとされています。
 
本来、髪の毛は抜けるものなので、シャンプーの際の抜け毛や朝起きたときの枕元の抜け毛などはあまり気にする必要はありませんが、抜け落ちる量が極端に多い場合は心配です。正常な毛髪のサイクルが保たれていれば、薄毛になることもありませんが、実はこのサイクルを乱す物質が存在します。
 
これが、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンの一種で、本来は男子の胎児期に外性器の発達を促す重要な働きをするホルモンです。
DHTは思春期を過ぎると、悪玉男性ホルモンへと変化し、この変化により、AGAだけでなく、ニキビを増やしたり、前立腺肥大などの症状を引き起こす原因となってしまうのです。
 
DHTが正常な毛髪サイクルを乱す原因となるメカニズムは、男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって「ジヒドロテストステロン(DHT)」となり、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びついてしまうと、薄毛を加速させてしまうといわれています。
 
通常、生えた髪の毛は2年~6年、維持されますが、「DHTタイプII」がターゲットである前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある「男性ホルモンレセプター」に接続すると脱毛に関するたんぱく質を生成し、一気に毛髪の寿命を縮めてしまいます。
 
これにより数ヶ月から1年で成長が止まってしまいます。髪は、「毛周期」にあわせ、毎日少しずつ成長しています。AGAは、このヘアサイクルが崩れることによって起こってしまいます。
 
前述したとおり、AGAは「男性型脱毛症」という意味を持ち、数多くある脱毛タイプのひとつに数えられますが、男性であれば、薄毛・抜け毛の悩みはすべてAGAに当てはまるということではありません。
 
若い男性に多く見られることが多い脱毛タイプで、男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係していると言われています。
 
その他にも、加齢・ストレス・食事・生活習慣なども関わっているとされています。
過剰なストレスなどを受けると血管収縮のため、頭皮への影響もありますので、ストレスのない生活を目指すことも大切です。
 

男性の薄毛や抜け毛の代表的なものにAGA(男性型脱毛症)というものがあります。AGAは男性ホルモンが深く関わっているため、そこにアタックすることによって改善が期待できます。育毛剤もAGA特有の原因に作用するものがいくつか出回っています。そのひとつがプロペシア(フィナステリド)ですがこの育毛剤よりも効果的という意見が多くあるのがアボダート(ディタステリド)です。
 
 
 
育毛剤には外用と内服のものがありますが、アボダートは内服するタイプの育毛剤です。
またアボダートはアボルブとも呼ばれます。
イギリスのグラクソ・スミスクラインという会社が製造と販売行っているのがアボダートです。
 現在のところ世界85カ国で育毛剤として処方されている信頼できる薬です。もともとは前立腺肥大症の治療の薬として開発されて使われており、アメリカFDAの認可もあります。
アボダートに含まれている有効成分デュタステリドで前立腺肥大の治療に使っていたところ、発毛効果が見られたためその後育毛剤として使われるようになりました。
 
日本のお隣・韓国では、2009年にすでにAGA治療薬として認可されています。
 
アボダートの作用のメカニズム
 
男性ホルモンが強いと薄毛や抜け毛になる傾向があると考えられていますが、最近ではさらに細かい原因が解明されてきています。AGA(男性型脱毛症)の場合は男性ホルモンのテストステロンが脱毛を誘引してしまう酵素である5αリダクターゼと結びついてしまうことで起こります。
テストステロンと5αリダクターゼが結びつくのを抑えてくれる働きがあるのがフェナステリドというものです。アボダートにはフェナステリドよりさらに強力なデュダステリドが主成分として採用されているためフェナステリドが主成分のプロペシアより大きな効果が期待できるのです。
 
フェナステリドよりデュダステリドの効果が高い理由
 
フェナステリドが主成分のプロペシアはAGA育毛剤としても最も有名といえます。
しかしそれよりもアボダートは効果が高いと言えるのは主成分の効果の大きさの違いがあるからです。
ではプロペシアの主成分であるフェナステリドよりもアボダートの主成分であるデュダステリドがより効果的な理由はどういうことなのでしょうか。
テストステロンと結びつくことで脱毛を促してしまう酵素5αリダクターゼは、実はⅠ型とⅡ型があります。フェナステリドもデュダステリドもいずれも5αリダクターゼがテストステロンに結びつくのを抑えるのは同様です。
しかしながらフェナステリドはⅡ型5αリダクターゼの一方だけしか結びつくのを阻害できません。
デュダステリドはⅠ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼいずれにもアタックでき、結びつきを阻害できるのです。
だからデュダステリドが主成分のアボダートのほうが、AGA治療にはより効果的なのです。
 
プロペシアの約1.5倍以上の効果を発揮するアボダート
 
AGAは、ジヒドロテストステロンが毛母細胞の働きを低下させることが原因と言われています。
ジヒドロテストステロンとは、男女問わずヒトの体内に存在する男性ホルモンのテストテロンが5αリダクターゼと結びつくことで生成される物質です。このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の成長が抑制されます。
アボダートはⅠ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼどちらにも作用し、ジヒドロテストステロンが毛包のレセプターと結合するのを防ぎ、抜け毛・薄毛の症状を抑制します。
またフェナステリドは頭頂部と前頭部に起こる脱毛を抑えることは得意ですが、それ以外の部分への効果がやや低いというデータがあります。
デュダステリドの場合は頭頂部、前頭部に加え側頭部や後頭部の抜け毛についても効果が高いのです。
頭髪全体のAGA起因の抜け毛にアタックできるのがアボダートの大きなアドバンテージ。アボダートとプロペシアで効果を比較すると、おおむね1.5倍以上もアボダートのほうが効果が高くなると言われています。
 

ハゲに悩んでいる方ならAGA治療の新薬であるザガーロは一度は聞いたことがあると思います。
2015年9月28日に正式承認された薄毛・AGA治療薬で、商品名は「ザガーロ」といい、0.1mgと0.5mgの2種類があります。
 
主成分は(デュタステリド)です。グラクソ・スミスクライン社の事情により発売が延期されていましたが、2016年5月26日にグラクソ・スミスクライン社から2016年6月13日にザガーロ販売開始の発表がされ、発売となりました。
 
ザガーロの発毛効果は従来のAGA治療薬であるプロペシアの1.58倍でかなり強力なAGA治療薬です。
 
さらに発毛効果を強めたいという方にはミノキシジル外用薬やミノキシジルタブレット(ミノタブ)との併用で効果が期待出来ます。
そこで気になるのがザガーロ(デュタステリド)とミノキシジル外用薬やミノキシジルタブレットと併用しても問題がないのかどうかをみていきます。
 
 
ザガーロとミノキシジルの特徴
 
ザガーロとミノキシジルの併用をする前に、それぞれの特徴についてですが、ザガーロの主成分である「デュタステリド」と「ミノキシジル」はそれぞれ本来は別の治療目的で開発されました。
 
デュタステリドは前立腺肥大症治療薬として、ミノキシジルは高血圧治療薬(血圧降圧剤)として開発されたものでした。ザガーロとミノキシジルは共に薄毛・AGA治療薬としての効果が認められていますが、作用は異なるお薬です。
 
ザガーロ
 

ザガーロの主成分はデュタステリドです。日本では「デュタステリド」といえば、前立腺肥大症薬の「アボルブ」にも含まれる成分として知られていました。「アボルブ」は、日本では前立腺肥大治療薬として認可されておりAGA治療薬としての認可は受けていませんでした。しかし、AGA治療に効果があることは知られており、海外ではAGA治療薬として認可されている国もありました。
ザガーロは、アボルブと同じデュタステリドを主成分としているためアボルブと同じ効果が期待出来るます。
 
ザガーロは5a還元酵素阻害剤とも呼ばれ、ザガーロの主成分のデュタステリドの作用は、テストステロンと5a還元酵素が結び付くのを抑えてくれる働きがあり、男性型脱毛症(AGA)の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することが出来ます。
 
さらに5a還元酵素にはⅠ型とⅡ型があり、デュタステリドはその両方の作用を阻害できることが大きな特徴です。AGA治療薬のプロペシアの主成分であるフィナステリドはⅡ型にしか効果が得られないため、ザガーロに対する期待が高まっています。
そのため、毛髪のヘアサイクルを整えるだけではなく、より高い発毛効果も期待できるのです。
 
ザガーロ0.5mg・0.1mgとフィナステリド1mg、プラセボ(有効成分の入っていない試験用薬剤)を比較した臨床試験で服用24週間で500円玉大(直径25.4cm)の頭皮からフィナステリド1mgは+56.5本、ザガーロ0.1mgは+63.0本ザガーロ0.5mgは+89.6本の発毛が認められ、プラセボは4.9本でした。
 
また、海外の臨床試験でもザガーロ0.5mgとフィナステリド5mg(プロペシア1mgの5倍量)を半年間服用した場合、ザガーロを服用したグループの方が約30%も発毛量が高かったという事です。
 
ザガーロは男性ホルモンDHTの生産を抑えることでヘアサイクルを整え脱毛を抑えることと、産毛を多く生やしてくれる薬剤です。そのため、作用機序の全く異なるミノキシジルと併用することで、強い発毛・育毛効果が期待できます。
 
ミノキシジル
 
 
ミノキシジルの主成分はミノキシジルです。
ミノキシジルは元々高血圧症の治療薬として開発されたもので作用は血管拡張による血圧の降圧です。そのミノキシジルに体毛を増加させる作用があることが分かったことで、発毛剤として利用できないかという研究が始まり、発毛剤に転用され、日本以外では「ロゲイン」として販売され、あの「リアップ」の元になりました。「リアップ」は日本での権利を大正製薬が買い取り販売しているもので「ロゲインのジェネリック医薬品・OTC医薬品」になります。
 
また、ミノキシジルのもう一つの作用は毛包の成長促進で発毛効果があります。その後、様々な臨床試験が行われ薄毛対策の治療薬として認められました。
 
ミノキシジルにはタブレットタイプのものとローションタイプのものがあり一般的にはタブレットタイプの方が発毛効果が高いといわれ、タブレットと外用剤の併用も可能で併用することで効果も期待できるといわれています。
 
ミノキシジルは頭皮の血管を拡張させる作用があり、たくさんの栄養を毛髪に運ぶとともに毛乳頭や毛母細胞を活性化させるため毛髪の発育を強く促します。毛乳頭や毛母細胞は髪の毛を生やしたり、しっかりと成長させてくれる細胞であり、この細胞が死滅してしまうとその部位からは発毛することはなく、発毛の命ともいえる細胞です。
 
ザガーロとミノキシジルの併用で効果アップ
 
ザガーロとミノキシジルを併用するとなぜ効果アップが期待できるのか。これはザガーロとミノキシジルは作用機序が違うことと、またAGA治療に対して得意分野が違うためです。
 
ザガーロはヘアサイクルを正常に戻し脱毛を抑え、産毛を生やし髪の毛が生えやすい状態にします。
 
ザガーロだけでも十分な効果を感じる方も多くいますが、AGAにお悩みの方の大半は髪に栄養を与えるための血管が細くなっているために十分な栄養が行き渡らないことが多いようです。そのため、ザガーロの服用による効果で生えた産毛がしっかりとした毛髪に育ってこない場合があるため、ザガーロの効果で発毛しても、十分に元気な毛髪が生えたとは一概には言えません。
 
そこでミノキシジルで頭皮の血管を拡張させ、毛乳頭、毛母細胞を活性化させ毛髪の発育を促し、産毛にしっかりと栄養を取らせるとしっかりとした発毛効果が得られるようになるのです。
 
また、部位によって薄毛・AGAの原因が異なることが知られており、一般的に生え際・前頭部の薄毛にはザガーロが効果的です。頭頂部にはミノキシジルが効果的と言われています。
 
もちろん、生え際にはミノキシジルが効かない、頭頂部にはザガーロが効かないというわけではありません。ザガーロの頭頂部の効果は臨床試験でも示されています。
 
ザガーロでヘアサイクルを整え、脱毛を抑え、産毛を生やし、ミノキシジルでその産毛にしっかりと栄養を取らせることにより、元気な毛髪となっていきます。
 

 

 

ザガーロはプロペシアの1.6倍の発毛力効果があります。

AGA治療薬で我々がイメージする薬にはプロペシアやミノキシジルがあります。
ミノキシジルにはロゲインのような液状タイプやミノキシジルタブレットのようなタブレット(錠剤)があります。
これらを駆使し、AGAの症状である脱毛を抑制し発毛を促すのが最も効率の良い薄毛改善方法でした。
しかし2016年6月、発売延期などもありましたがザガーロという新たなAGA治療薬が発売されたことにより、ハゲに悩む男性にとってはさらなる選択肢の広がりができ、AGA治療の可能性が大きく高まりました。

 

ザガーロ

 

 

5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬


ザガーロは2型だけでなく1型の5α-リダクターゼにも作用する、国内で2番目に承認された、内服型AGAです治療薬です。

今まではAGAの治療としては2型のみを抑えれば良いと考えられていましたが、脱毛部位の毛包に1型も発現していることからAGAとの関係が示唆されています。頭頂部のみならず、前頭部にも強い発毛効果が見られることが特徴です。

 

主要有効成分:デュタステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害
形状:ソフトカプセル剤
種類:0.1mg/0.5mg
海外の承認商品:アボダート
添加物:ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、黄色三二酸化鉄(0.1mgのみ)、三二酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン

 

ザガーロの特徴
 
ザガーロは日本でも有名なグラクソ・スミスクライン社によって販売されるAGA治療薬です。
主成分はデュタステリドといいプロペシアの主成分であるフィアナステリドと同様に脱毛を抑制する効果があります。
5αリダクターゼ阻害薬という位置付けです。
しかし、ただそれだけであればただの類似品であり、期待値としてはそこまで高くはなりませんがザガーロはプロペシアの1.6倍の発毛力効果が期待できます。
 
ザガーロとプロペシアが違う点
 
ザガーロがプロペシアと違うのは1型の5αリダクターゼにも作用するという点です。
一見すると何が違うのかわからないかもしれませんが、簡単に説明するとアサイクルを乱すDHTの大元になる酵素である5αリダクターゼは1型と2型の2種類があるのです。
プロペシアは2型しか抑えることができないですが、ザガーロは2つともを抑えることができるので、より一層脱毛を防ぐことが可能になっています。
ちなみに、2型は毛乳頭に存在し(頭頂部と前頭部)、AGAの典型的な症状である頭頂部などがハゲてしまうのはそれが理由により起こります。
今までは2型のみを抑えればAGAは改善されるというのが一般的でした。
しかし、1型にも脱毛を促すという作用が2型よりも少ないですが確認されています。
その場所は皮脂腺に多く存在し、頭の部分で言うと後頭部や前頭部に多くあります。
つまりプロペシアよりも広く作用することでより脱毛をカバーできる場所が多いと言えます。
そう言った理由で1.6倍の発毛作用があると言われており、プロペシアでなかなか効果が見られなかった場合は、ザガーロに切り替えることで改善が期待できます。
 
ザガーロの副作用
 
より効果の高いザガーロですがその分副作用の発症もプロペシアと比べると少し強いようです。
抗アンドロゲン作用により男性機能の低下が良く報告されています。
勃起不全(ED)や性欲減退、精子数が減少してしまうなど男性にとっては少々厄介な症状です。
男性ホルモンを抑えるわけですのでどうしても起きてしまいます。
その他にも蕁麻疹やめまい、倦怠感。
そして肝機能障害が起きるなどプロペシアとほぼ同じ症状が起きます。
妊婦への使用、近づけてしまうことも禁止です。
男児であった場合、性器の発育に支障をきたしてしまうためです。
これも抗アンドロゲン作用による副作用です。
 
ザガーロの服用方法
 
服用方法は1日1回の服用です。
推奨されるタイミングや時間も決められておりませんのでお好きなタイミングで服用で問題ありません。
次に服用する際は24時間空けることが好ましいので、自身で決めて毎日服用です。
用量は通常0.1mgで大丈夫ですが、0.5mgも必要に応じて使用しても問題ありません。
まだはっきりとした検証結果は出ていませんが、ミノキシジルとの併用がおすすめされています。
プロペシアと機構が似ているためです。
ザガーロは脱毛を抑制する効果が、ミノキシジルには発毛を促す効果があり、相乗効果が期待されているのです。
単体で使用されるよりもより改善を実感できます。
 
ザガーロの購入方法
 
購入方法は医療機関で処方してもらうか、通販で購入するか2通りの方法があります。
医療機関では通常の薬のように診察後に処方せんをもらい処方されます。
ただAGA治療に関しては保険適用がされませんので、全額自費負担となります。
 
ザガーロは個人輸入で購入すれば安い
 
そこで個人輸入の利用することで安く手に入れることができます。
医療機関で処方される場合と違って、日数(一週間前後)がかかるのがデメリットではあります。
海外のザガーロ(アボダートという名称で販売されています)は国内処方と比べるといくぶん安く手に入るため、そのハードルは少し下がります。
そして通販ではミノキシジル製品(ロゲインのジェネリックやミノキシジルタブレット)も販売しております。
プロペシアでは満足できなかった場合にはザガーロにすることで改善が可能です。
 

AGAのメカニズムは科学的に解明されており、AGAの進行を遅らせる治療薬のフィナステリドまたは、ディタステリドと、発毛させる治療薬ミノキシジルによりハゲを克服できます。

 

ハゲに悩んでいる方ならAGA治療の新薬であるザガーロは一度は聞いたことがあると思います。
2015年9月28日に正式承認された薄毛・AGA治療薬で、商品名は「ザガーロ」といい、0.1mgと0.5mgの2種類があります。
 
主成分は(デュタステリド)です。グラクソ・スミスクライン社の事情により発売が延期されていましたが、2016年5月26日にグラクソ・スミスクライン社から2016年6月13日にザガーロ販売開始の発表がされ、発売となりました。
 
ザガーロの発毛効果は従来のAGA治療薬であるプロペシアの1.58倍でかなり強力なAGA治療薬です。
 
さらに発毛効果を強めたいという方にはミノキシジル外用薬やミノキシジルタブレット(ミノタブ)との併用で効果が期待出来ます。
そこで気になるのがザガーロ(デュタステリド)とミノキシジル外用薬やミノキシジルタブレットと併用しても問題がないのかどうかをみていきます。
 

 
ザガーロとミノキシジルの特徴
 
ザガーロとミノキシジルの併用をする前に、それぞれの特徴についてですが、ザガーロの主成分である「デュタステリド」と「ミノキシジル」はそれぞれ本来は別の治療目的で開発されました。
 
デュタステリドは前立腺肥大症治療薬として、ミノキシジルは高血圧治療薬(血圧降圧剤)として開発されたものでした。ザガーロとミノキシジルは共に薄毛・AGA治療薬としての効果が認められていますが、作用は異なるお薬です。
 
ザガーロ
 
ザガーロの主成分はデュタステリドです。日本では「デュタステリド」といえば、前立腺肥大症薬の「アボルブ」にも含まれる成分として知られていました。「アボルブ」は、日本では前立腺肥大治療薬として認可されておりAGA治療薬としての認可は受けていませんでした。しかし、AGA治療に効果があることは知られており、海外ではAGA治療薬として認可されている国もありました。
ザガーロは、アボルブと同じデュタステリドを主成分としているためアボルブと同じ効果が期待出来るます。
 
ザガーロは5a還元酵素阻害剤とも呼ばれ、ザガーロの主成分のデュタステリドの作用は、テストステロンと5a還元酵素が結び付くのを抑えてくれる働きがあり、男性型脱毛症(AGA)の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することが出来ます。
 
さらに5a還元酵素にはⅠ型とⅡ型があり、デュタステリドはその両方の作用を阻害できることが大きな特徴です。AGA治療薬のプロペシアの主成分であるフィナステリドはⅡ型にしか効果が得られないため、ザガーロに対する期待が高まっています。
そのため、毛髪のヘアサイクルを整えるだけではなく、より高い発毛効果も期待できるのです。
 
ザガーロ0.5mg・0.1mgとフィナステリド1mg、プラセボ(有効成分の入っていない試験用薬剤)を比較した臨床試験で服用24週間で500円玉大(直径25.4cm)の頭皮からフィナステリド1mgは+56.5本、ザガーロ0.1mgは+63.0本ザガーロ0.5mgは+89.6本の発毛が認められ、プラセボは4.9本でした。
 
また、海外の臨床試験でもザガーロ0.5mgとフィナステリド5mg(プロペシア1mgの5倍量)を半年間服用した場合、ザガーロを服用したグループの方が約30%も発毛量が高かったという事です。
 
ザガーロは男性ホルモンDHTの生産を抑えることでヘアサイクルを整え脱毛を抑えることと、産毛を多く生やしてくれる薬剤です。そのため、作用機序の全く異なるミノキシジルと併用することで、強い発毛・育毛効果が期待できます。
 
ミノキシジル
 
ミノキシジルの主成分はミノキシジルです。
ミノキシジルは元々高血圧症の治療薬として開発されたもので作用は血管拡張による血圧の降圧です。そのミノキシジルに体毛を増加させる作用があることが分かったことで、発毛剤として利用できないかという研究が始まり、発毛剤に転用され、日本以外では「ロゲイン」として販売され、あの「リアップ」の元になりました。「リアップ」は日本での権利を大正製薬が買い取り販売しているもので「ロゲインのジェネリック医薬品・OTC医薬品」になります。
 
また、ミノキシジルのもう一つの作用は毛包の成長促進で発毛効果があります。その後、様々な臨床試験が行われ薄毛対策の治療薬として認められました。
 
ミノキシジルにはタブレットタイプのものとローションタイプのものがあり一般的にはタブレットタイプの方が発毛効果が高いといわれ、タブレットと外用剤の併用も可能で併用することで効果も期待できるといわれています。
 
ミノキシジルは頭皮の血管を拡張させる作用があり、たくさんの栄養を毛髪に運ぶとともに毛乳頭や毛母細胞を活性化させるため毛髪の発育を強く促します。毛乳頭や毛母細胞は髪の毛を生やしたり、しっかりと成長させてくれる細胞であり、この細胞が死滅してしまうとその部位からは発毛することはなく、発毛の命ともいえる細胞です。
 
ザガーロとミノキシジルの併用で効果アップ
 
ザガーロとミノキシジルを併用するとなぜ効果アップが期待できるのか。これはザガーロとミノキシジルは作用機序が違うことと、またAGA治療に対して得意分野が違うためです。
 
ザガーロはヘアサイクルを正常に戻し脱毛を抑え、産毛を生やし髪の毛が生えやすい状態にします。
 
ザガーロだけでも十分な効果を感じる方も多くいますが、AGAにお悩みの方の大半は髪に栄養を与えるための血管が細くなっているために十分な栄養が行き渡らないことが多いようです。そのため、ザガーロの服用による効果で生えた産毛がしっかりとした毛髪に育ってこない場合があるため、ザガーロの効果で発毛しても、十分に元気な毛髪が生えたとは一概には言えません。
 
そこでミノキシジルで頭皮の血管を拡張させ、毛乳頭、毛母細胞を活性化させ毛髪の発育を促し、産毛にしっかりと栄養を取らせるとしっかりとした発毛効果が得られるようになるのです。
 
また、部位によって薄毛・AGAの原因が異なることが知られており、一般的に生え際・前頭部の薄毛にはザガーロが効果的です。頭頂部にはミノキシジルが効果的と言われています。
 
もちろん、生え際にはミノキシジルが効かない、頭頂部にはザガーロが効かないというわけではありません。ザガーロの頭頂部の効果は臨床試験でも示されています。
 
ザガーロでヘアサイクルを整え、脱毛を抑え、産毛を生やし、ミノキシジルでその産毛にしっかりと栄養を取らせることにより、元気な毛髪となっていきます。
 
 

ザガーロの効果効能について解説したいと思います。ザガーロには主にヘアサイクルを正常化する効果と、発毛効果が期待されています。

 

 

ヘアサイクルを正常化

 

 

ザガーロの効果の1つとして、ヘアサイクルを正常化することがあげられます。ヘアサイクルとは髪の毛が生えてから、抜けおちるまでの一連の周期を意味します。
ヘアサイクルは髪の毛の「成長期」「退行期」「休止期」に分けられ、その大部分を髪の毛の成長期が占めています。成長期を終えた髪の毛はやがて抜け落ちることとなりますが、ヘアサイクルが正常であれば、抜け落ちた髪の毛の毛穴から新しい髪の毛が生えてきます。
 言い方を変えると、ヘアサイクルが正常である場合、新しい髪の毛に押し出されるようにして、成長期を終えた髪の毛が抜けおちることとなるのです。
ところが、何らかの原因によってヘアサイクルが乱されると、髪の毛の成長期が短くなり、髪の毛が成長し切らないうちに抜け落ちてしまうのです。そして、そのような毛穴が増えることで薄毛が進行する訳です。
 男性に見られる薄毛の代表的なものがAGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)ですが、AGAもやはりヘアサイクルの乱れによって進行します。
AGAにおけるヘアサイクルの乱れのリスクファクターとして、TGF-βと呼ばれる髪の毛にとって有害なサイトカインがあげられます。TGF-βは別名を「退行期誘発因子」と言い、正常なヘアサイクルを乱し、成長期を短縮させます。
TGF-βは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンと、男性ホルモン受容器であるアンドロゲンレセプターが結合することによって産生されます。
ジヒドロテストステロンは男性ホルモンであるテストステロンがより強力になったものですが、その強力化に際して5α-リダクターゼと呼ばれる還元酵素が大きな働きをします。
ザガーロの有効成分であるデュタステリドには、5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があります。そのためヘアサイクルを正常化し、抜け毛を予防する効果が期待できるのです。

 

発毛効果

 

ザガーロには発毛効果も期待されています。日本人を含むアジア人過半数を対象とした臨床試験によると、従来のAGA治療薬であるプロペシアに比べ、ザガーロの方が1.6倍の発毛効果を示したということです。

 

POINT

 

✔︎ザガーロは2016年に発売された新しいAGA治療薬

✔︎ザガーロの有効成分はデュタステリド

✔︎ザガーロの発毛効果はプロペシアの1.6倍

プロペシアやミノキシジルと比較してみると


ザガーロに含まれている有効成分であるデュタステリドは、プロペシアの有効成分であるフィナステリド、およびミノキシジルと並んで、厚生労働省に認可された3つの成分のうちの1つです。ではそれぞれどのような特徴があるのでしょう。

プロペシアとの違い

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、ザガーロの有効成分であるデュタステリドと同様、もともとは男性に見られる前立腺肥大の治療薬として用いられていました。
ところが、フィナステリド錠やデュタステリド錠を服用している男性に発毛が見られたため、フィナステリド錠としてプロペシアが、デュタステリド錠としてザガーロが製造されるに至ったのです。
プロペシアとザガーロの違いとしては、有効成分の半減期の違いがあげられます。半減期とは、血液中の有効成分の濃度が半分に減るまでの時間を意味します。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、半減期がおよそ4時間となっています。

一方、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは半減期がおよそ2週間とかなり長くなっています。有効成分が体内に長くとどまるため、プロペシアよりもザガーロの方が発毛効果も高くなっているのです。

 

ミノキシジルとの違い

 

ミノキシジルとザガーロの違いは、発毛に対するアプローチ法の違いです。ザガーロの有効成分であるデュタステリドや、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、男性ホルモンにアプローチすることで抜け毛を予防し、発毛を促進します。
 一方、ミノキシジルは血管を拡張し、頭皮の状態を改善することで、髪の毛が成長する環境を整えます。髪の毛は毛母細胞が分裂することで成長しますが、その成長には血液が欠かせません。
なぜなら、血液が全身に酸素と栄養を運んでいるからです。毛母細胞も毛包部にある毛乳頭から栄養を受けとって成長します。毛乳頭は毛細血管から栄養を受け取り、それを毛母細胞に送っているのです。
ところが、何らかの原因によって頭皮の血行が悪くなると、毛乳頭が毛細血管から栄養を受け取れなくなり、結果として髪の毛の成長を妨げるのです。
ミノキシジルの塗り薬タイプは、ミノキシジルを直接頭皮に塗布することで、頭皮への血液循環を促し、発毛環境を整えることが可能となります。
ちなみに、プロペシアの有効成分であるフィナステリドと、ザガーロの有効成分であるデュタステリドには同じような作用機序があるため、原則として併用することができません。
ところが、ミノキシジルの作用機序はフィナステリドやデュタステリドと異なっているため、プロペシアとミノキシジルを併用したり、ザガーロとミノキシジルを併用したりすることが可能となっています。
 日本皮膚科学会の策定する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」によると、AGAの治療においてフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルは「強く推奨する」治療法とされています。

 

POINT

 

✔︎ザガーロはプロペシアよりも発毛効果が高い

✔︎ザガーロとミノキシジルは併用可能

✔︎ザガーロは日本皮膚科学会推奨のAGA治療薬

ザガーロに含まれている成分


ザガーロにはプロペシアよりも高い発毛効果が期待されているということですが、その理由はザガーロの有効成分であるデュタステリドにあります。では、デュタステリドについて詳しく見ていきましょう。

 

デュタステリド

 

ザガーロの主成分としてよく知られているのがデュタステリドです。デュタステリドもフィナステリドと同様、もともとは男性に見られる前立腺肥大の治療薬として用いられていました。
デュタステリドやフィナステリドには、AGAの原因である5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があります。5α-リダクターゼは男性ホルモンであるテストステロンを、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化させる触媒としての働きを持っています。
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモン受容器であるアンドロゲンレセプターと結合し、抜け毛の元となる髪の毛に有害なサイトカインを産生します。
つまり、5α-リダクターゼの働きを抑制できれば、抜け毛を予防し、発毛を促進することが可能となるのです。ちなみに、5α-リダクターゼには1型と2型の2種類があります。
1型の5α-リダクターゼは全身の皮脂腺に多く分布しています。そのため、遺伝的に1型の5α-リダクターゼが活発に働く人の場合、皮脂の分泌量が多くなります。
 頭皮は皮脂の分泌量が多い場所ですが、過剰に皮脂が分泌されると、マラセチアと呼ばれる常在菌が異常に繁殖し、脂漏性皮膚炎のリスクを高めます。脂漏性皮膚炎はAGAと密接な関係にあるとされています。
2型の5α-リダクターゼは前頭部や頭頂部に多く分布しています。そのため、遺伝的に2型の5α-リダクターゼが活発に働く人の場合、額が後退したり、頭頂部が薄くなったりするリスクも高くなります。
プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、主に2型の5α-リダクターゼの働きを阻害する効果がありますが、ザガーロの有効成分であるデュタステリドには、1型と2型両方の5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があります。
そのため、プロペシアよりもザガーロの方が高い発毛効果を期待できるのです。ザガーロの2型の5α-リダクターゼの働きを阻害する効果はプロペシアの3倍、1型の5α-リダクターゼに関しては、100倍以上の効果が期待されているということです。

 

ザガーロのジェネリックはある?

 

プロペシアは国内での特許期間を終えているため、安価なジェネリック(後発医薬品)が複数のメーカーから発売されています。ザガーロは比較的新しいAGA治療薬であるため、プロペシアのようにジェネリックがありません。
そのため、ザガーロはプロペシアよりも比較的高価であるというデメリットがあります。ただし、その分だけ発毛効果は高いので、積極的に発毛に取り組みたい人にとっては、ザガーロがおすすめとなっています。

 

POINT

 

✔︎ザガーロの主成分はデュタステリド

✔︎ザガーロの発毛効果はプロペシアよりも高い

✔︎ザガーロにはジェネリックがない

 

ザガーロを処方する方法について

 

ザガーロは比較的新しいAGA治療薬であるため、ジェネリックが存在していません。

またザガーロは医療用医薬品であるため、個人で購入することはできません。
ただ、デュタステリドを配合した治療薬である「アボルブ」にザガーロと同じ効果が期待できることから、アボルブのジェネリックであるアボダードは海外から輸入するケことが可能ですので、安価で手に入ることから人気が高いAGA治療薬になります。

 

 

 

 

頭髪がM字型に後退していく原因として、男性ホルモンのひとつであるテストステロンとの関係が挙げられます。
 
テストステロンの分泌量は加齢によって減少していき、代わりに5α還元酵素という物質が分泌されるようになります。
 
この5α還元酵素とテストステロンが結合するとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化するのですが、このDHTがクセ者で、毛髪を育てる細胞分裂を邪魔してしまうのです。
 
そして、5α還元酵素が前頭部に集中していることが要因で、額からじわじわと頭髪が後退します。
 
症状が進むとM字型にハゲができてしまうというわけです。
 
ちなみに、AGAは人によって進行速度が異なりますが、毛量が多いとなかなか気付けないこともM字ハゲの厄介な点です。
 
 
前髪の部分の血行が悪い状態になると、髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなり、前髪が抜け落ちてしまったり、毛自体が細くなってボリュームが無くなり、前髪が薄くなったと感じる事になります。
血行不良かどうかは肩凝りがあるのか、額や前髪の部分の頭皮が硬くなっていないかなどをチェックしてみると分かりやすいです。
 
もしひどい肩凝りである、額や前髪部分の頭皮が堅い場合には、よくマッサージなどをして凝りの解消や柔らかい頭皮にしていくことで、栄養が行き渡って髪のボリュームがアップすることもあります。
前髪がハゲると、額が広くなって来たりM字型になってきたりします。
前髪を垂らしてごまかしているうちに取り返しがつかないほど、後退してしまうこともあります。
 
遺伝や男性ホルモンが影響する薄毛は、主に頭頂部に出やすいです。前髪がハゲる原因にも男性ホルモンの影響が出ますが、生活習慣の乱れがハゲる原因になっていることも多いパーツです。
原因としては、洗い過ぎ、慢性的な寝不足、栄養不足、運動不足、ストレス、飲酒・喫煙などが挙げられます。
 
洗い過ぎは、薄毛や不衛生を気にするあまり、過度に洗い過ぎて、本来、必要な皮脂まで取り除いてしまっているということが考えられます。
 
一般的なシャンプーに含まれている石油系の合成界面活性剤は非常に洗浄力が強い反面、頭皮に残りやすいと言われています。
 
シャンプーでゴリゴリ洗うよりも、シャンプー前のお湯で洗うということやすすぎ残しが無いようによくすすぐことが大切です。
サラリーマンで多いのが、寝不足や栄養不足、運動不足、ストレス、飲酒・喫煙などです。
 
これらの悪しき生活習慣は、頭皮の血行を悪くしてしまうため、頭皮が硬くなって薄毛の原因を引き起こします。
 

 

毛生え薬のミノキシジルで世界的に有名なのがロゲインです。
ロゲインは「元祖育毛剤」とも呼ばれている世界的に人気の育毛剤です。
 

 
主成分のミノキシジルによる作用で育毛、そして発毛を促し薄毛改善が可能となります。
AGAによる薄毛に効果てきめんなのですが、国内では販売されておりません。
しかし通販を使えば問題無く使う事が出来ます。
通販と言っても有名どころの通販サイトではありません。
海外の薬を個人輸入出来る「海外医薬品の通販」を利用することでロゲインは購入出来ます。
小難しい言い回しですが、使い方は一般的な通販サイトとなんら変わりありません。
そして非常にリーズナブルな価格で購入する事が出来ます。ライバルとも言える、国内で唯一ミノキシジルを配合する育毛剤のリアップx5プラスよりもかなり安く購入が出来るので、価格面を重視される方はロゲインを選ばれる事が多いようです。
ミノキシジルの濃度はどちらも5%です。
そのため効果に大きな差はありません。
しかしロゲインがおすすめ出来る理由があります。
元々は血圧を下げるための治療薬として開発されていた成分でしたが、使用していた患者より髪が増えたという報告が多く寄せられたため、薄毛に効果的なのではとの事で研究が始まりました。
そして1980年に育毛剤として発売されたのがロゲインです。
その効果は頭皮へ塗ることで血管を拡張させ(高血圧治療にも有効な血管拡張作用)、血流を良くします。
薄毛の原因は頭皮の血流の悪さや、それにより栄養が十分髪に行き渡っていない、頭皮が清潔ではない、毛穴に皮脂が詰まっている、などいくつかの要素が関わっているのです。
ロゲインではそのうち頭皮の血流を改善することと、それに伴い栄養を十分に行き渡らせる事が出来ます。AGAの発症により細く短い髪が、長い・太い・ツヤのある髪に成長するのはこのためです。
確認してみていただきたいのですが頭皮が固くありませんか。
これは血流が悪い証拠です。
そして他の育毛剤に使われている成分とは違い、ロゲインの主成分であるミノキシジルには発毛を促進させる効果もあります。それによりヘアサイクルの乱れで生えてこなくなった休止期の毛穴も活性化するのです。
他の育毛剤に配合されている有効成分では駄目です。厚生労働省、海外で言えばFDA(アメリカ食品医薬品局)でその効果が認められているミノキシジルでなければ薄毛改善は出来ません。もちろん、体質により合わない方もいらっしゃるでしょう。
その場合は日本皮膚学会が公表している成分を参考にして下さい。
 
ロゲインの主成分ミノキシジル
 
ミノキシジルは日本皮膚学会が公表しているガイドラインで堂々の「Aランク」で評価されています。これは最高ランクであり、AGAによる薄毛はミノキシジルを使い治療をする事が強く進められている証拠と言えるでしょう。
同じくAランク評価が与えられているのがプロペシアの有効成分フィナステリド。
こちらもまた、薄毛改善における使うべき成分として真っ先にその名前が挙がります。
日本のみならず世界中でも実績があり、他の育毛剤では得られない「発毛作用」も得る事が出来るのです。
すなわちロゲインを使う事で薄毛は改善していくのです。ただし即効性はありません。最低でも半年は使っていきましょう。
そのため、費用も抑えていかなかれば少しきついはず。
ロゲインならば続けられます。
 
ロゲインの使い方
 
ロゲインは1日2回使わなければなりません。
12時間の間隔を空ける事が望ましいので、ほぼ全ての方が朝と夜に使われていると思います。
ミノキシジルの効果を絶えず得られることになるので、毎日続けていくと違いが見えてくるでしょう。
回数も重要ですがその間に取る行動にも気を付る必要があります。
まず最初にお伝えしたいのは、ロゲインだけではなく全ての育毛剤に言える事です。
必ず頭皮を清潔な状態にしてから使用して下さい。言わずもがな皮脂が毛穴に詰まっていたり汚れが付いているとミノキシジルは浸透しません。
必ずシャンプーをして頭皮を清潔にしてから使います。
その流れから続いて、髪が濡れた状態で使うのは当然駄目です。
理由はお分かりだと思いますが流れてしまうからです。
全く使った意味がありませんよね?ですから必ず髪を乾かしてからロゲインを使いましょう。
たまにドライヤーで乾かさず、タオルドライをした後にすぐ使う方がいいという情報もあります。
しかしそのままで乾くのを待つと時間がかかるしますし、生乾きになるので頭皮に悪影響です。
その後にドライヤーを使えば当然成分を蒸発させますから、結局意味が無くなってしまいます。
そのためロゲインを使うのであればきちんと乾かし、12時間間隔を空けて毎日使いましょう。
ロゲインは通販のみでしか購入出来ない
ロゲインはファイザー製薬がかつて販売していたミノキシジルを配合している育毛剤です。
現在はその事業をジョンソンエンドジョンソンに売却し、傘下企業のマクニール社が販売元になっています。ちょっとややこしいかもしれませんが、効果などは特に変わりはありません。
ロゲインは男性のみが使う育毛剤というイメージが強いですが、女性用も販売しています。近年は女性が薄毛になってしまうケースも多いため、覚えておくと良いでしょう。
またロゲインは国内では販売されておりません。
そのため海外医薬品の通販を利用するか、ご自身で海外から取り寄せる必要があります。
 
通販を利用してロゲインを購入するメリット
 
冒頭でお話したようにロゲインは国内では流通していない育毛剤です。その理由は厚生労働省より承認されていないため。
実にシンプルな理由ですね。
発売から20年余りが経過していますが一向に日本ではその気配がありません。しかし海外で販売されているロゲインは購入する事が出来ます。
「個人輸入」となるので、一般的に販売されている医薬品であれば購入する事が可能です。
ロゲインもそれに該当するので問題はありません。
ただ、数量には制限があり1回の利用では2ヶ月分しか注文出来ないので注意をしましょう。
つまりロゲインだと2本が上限ですね。規定を超える場合地方厚生局に申請をしなければ、税関でチェックを受ける際に没収されてしまいます。
ロゲインを購入するためには決まりを守って注文せねばなりませんし、到着まで10日前後かかってしまいます。
実は国内でもミノキシジルが配合されている育毛剤が販売されています。薄毛に悩む男性であればほぼ全員がご存知なのではないでしょうか。
それは大正製薬の「リアップシリーズ」です。その中でも最上グレードであるリアップx5プラスは国内版ロゲインといっても過言ではなく、内容量や成分濃度(5%)もほとんど同じ!効果もほとんど差がありません。
 
価格面で差が生まれる
 
ロゲインはリアップx5プラスと同じ容量、ミノキシジル配合量なのですが、非常にリーズナブルな価格で購入出来ます。その価格は4000円前後。
一方リアップx5プラスの価格は7000円以上します。結構良いお値段ですよね?もちろん効果は確かなので、薄毛改善をされる方にとって見返りはあるはず。
価格なんてどうでもいい!すぐに使って薄毛を改善したい!とお思いの方にとっては、金銭面を抜きにしてもすぐに使えるリアップx5プラスを購入し使うことでしょう。
しかしミノキシジルの効果によって発毛が実感出来る時間は、最低でも半年ほど必要なのです。
もう少し早い時間でその効果を実感出来る方もいらっしゃいますが、単純に半年分かかるコストを計算してみれば、その差が分かると思います。薄毛改善にあたりこれは大きな問題で、医療機関は気になるけどコストが心配になるという理由と合致するのではないでしょうか。
 
金銭的な余裕が生まれ、薄毛改善の選択肢が広がる
 
その点、ロゲインは価格が安く続けやすい育毛剤です。通販サイトによって差はありますが、平均で見ると1本4000円前後で手に入れる事が出来ます。
この時点ですでに3000円ほどの差なのでかなりお得なのがお分かりいただけると思います。
ですがさらにお得感を得たいのであれば、2本セットを選びましょう!
セットは7500円前後で販売されています。計算してみると、1本あたりの価格が3800円前後!通販は複数個で購入すると価格が下がるケースが多く、ロゲインも単価が安くなるのです。金銭面のストレスが減るので気分的にもすごく楽になると思いますよ。
ロゲインをすすめる理由はこのようなメリットがあるからなのです。
 
ロゲインのジェネリック
 
リアップx5プラスと比べると3000円以上安く購入出来るロゲイン。薄毛に悩む男性にとって費用が少なくなるのは助かりますよね?しかし通販にはもっと安価なミノキシジル配合の育毛剤があります。
「ロゲインのジェネリック」とも呼ばれています。ジェネリック大国であるインドの製薬メーカーを筆頭に本国のアメリカのメーカーからも発売されており、とても人気があるようです。
 
カークランド
 

右差しひらめき電球カークランド(Kirkland)5%

カークランドもロゲインのジェネリックの中で有名な育毛剤です。
カークランドは日本でも展開されているコストコのプライベートブランドとであり、正式なブランド名はカークランドシグネチャーといいます。
この育毛剤の商品名にも、その他の商品と同じように例外ではなくブランド名が付けられています。
と言いましても、薄毛の男性にとってはカークランドと言えばロゲインのジェネリックと連想するはずです。
ロゲインと同じミノキシジルを5%配合しているにも関わらず、値段が安いのでジェネリックでも気にされない、コスト重視の方はカークランドを選ぶメリットがあります。
カークランドを購入する方法は個人輸入(通販サイト含む)が最も簡単かつ安価であると思います。
 

AGAのメカニズムは科学的に解明されており、AGAの進行を遅らせる治療薬のフィナステリドまたは、ディタステリドと、発毛させる治療薬ミノキシジルによりハゲを克服できます。

 

ミノキシジルとはもともと血管拡張剤(高血圧の経口薬)として開発された成分ですが、後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見ました。
1980年代に世界で初めて認可された脱毛症の治療薬になります。
世界90か国以上で承認されており、アメリカをはじめとした世界中の多くの国の人が使っている育毛剤に配合されている成分です。
アメリカでは、ロゲインやカークランドといったものが有名ですが、日本でも、市販薬ではリアップなどがミノキシジル配合の発毛剤(第一類医薬品)として国内で認可されています。
ミノキシジルには、リキッドタイプ(外用薬)のほかに経口タイプ(内服薬)のミノキシジル(ミノタブ)があります。

 

 

ミノキシジルの効果
 
ミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけ、血流を増やす作用があります。
血流を増やすことにより、毛根に栄養が多くいきわたり、髪の成長を促します。
ミノキシジルを単剤使用した場合は、すでにある毛根に対しては成長を促しますが、産毛を生やすという作用は多くありません。
髪の成長を最も効果的に促進するにはミノキシジルとフィナステリドまたは、デュタステリド の併用するのが最も効果的です。
ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、外用薬については薬局でも購入できますが内服薬については通常の医療機関では取り扱いをしているところは少ないですが、個人輸入で入手可能です。
 
血管を拡張して血流を改善
 
ミノキシジルは、その血管拡張作用により、脱毛スイッチが入ってしまった毛根や収縮した血管の再生を促し、髪の毛を製造する毛乳頭細胞や毛母細胞へより多くの栄養素や酸素を行き届かせます。
従って、AGAで弱った髪だけではなく、円形脱毛症のほか殆どの脱毛症に効果を発揮すると言われています。
 
発毛シグナルの産出
 
ミノキシジルには、毛母細胞の分裂を促し、育毛・発毛を促進する発毛シグナルのインスリン様成長因子1(IGF-1)や血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の産出を促す作用があるとされています。
 
毛母細胞の死滅を抑制
 
ミノキシジルには毛母細胞の死滅(アポトーシス)を抑制して髪の毛が成長期から退行期へ移行し、脱毛を予防、発毛を促進する作用があります。
ミノキシジルは主にこれらの3つの作用で発毛・育毛を促進しますが、その効果は、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版でも推奨度A(行うよう強く勧める)と評価されています(但し、内服薬については、D(行うべきではない)です)。
 
ミノキシジルの副作用
 
ミノキシジルを外用薬として利用した場合、最も多い副作用としては「頭皮のかゆみ」があります。その他には、その因果関係が明らかになっていないものの、
・頭皮の発疹・発赤
・頭皮のかぶれ、フケ、使用部位の熱感等
・頭痛、めまい、気が遠くなる
・胸の痛み、心拍が速くなる
・体重増加、手足のむくみ
・接触皮膚炎、湿疹、脂漏性皮膚炎
などの症状が副作用として確認されています。
尚、ミノキシジルの含有量が多いほど、副作用の発生するリスクも高まります。
ミノキシジルを内服薬として利用した場合はその効果も高くなりますが、副作用もさらに強くなります。
ミノキシジル内服薬の主な副作用としては、
・低血圧
・反射性高血圧
・全身の多毛症
・手足のむくみ
・頭痛、めまい、ふらつき、動悸、息切れ
・赤ら顔、皮膚の潮紅
・性的不能、勃起障害
などの副作用のほか、腎性全身線維症(腎不全、皮膚の硬化、関節拘縮をきたし、身体機能障害に陥る病気)、高カリウム血症、多臓器不全等重篤な副作用のリスクもあるとされています。
もともと降圧剤として開発されたものですが、循環器系への副作用が強いため降圧剤としても使用されなくなった経緯があります。
また、耐性の問題もあります。耐性(薬剤耐性)とは、生物が、自分に対して何らかの作用を持った薬剤に対して抵抗性を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなる現象のことです。
ミノキシジルについて耐性が確認されている訳ではありませんがその可能性はないとは言えないのが現状です。
薄毛改善や育毛ケアも大切なことではありますが、心身の健康に関する副作用やリスクがあるのでは問題です。
 
個人輸入で購入
 
上記リスクを理解した上でミノキシジルやフィナステリドまたは、ディタステリドを自己責任で個人輸入することは可能です。
但し、個人輸入には一定のルールがありますのでルールに従って個人輸入する必要があります。
現在では薄毛改善に安心安全な成分が開発されており、上記のような副作用やリスクがない商品も多数販売されていますので、購入前にはその点をしっかりチェックしてから使用することが重要といえます。

 

AGAのメカニズムは科学的に解明されており、AGAの進行を遅らせる治療薬のフィナステリドまたは、ディタステリドと、発毛させる治療薬ミノキシジルによりハゲを克服できます。