薬剤師の求人・転職・就職情報!

薬剤師の求人・転職・就職に関する情報をお届けします。
利用者満足度の高い求人サイト・非公開求人情報。


テーマ:

薬剤師の人間関係がつらい理由とは!?

薬剤師に限ったことではありませんが、多くの現代人は「人間関係」に関する悩みを抱えています。
「人間関係」の問題は薬剤師の転職理由の中でもトップに位置します。
何故薬剤師の「人間関係」はうまくいかないのでしょうか?(転職に成功した先輩薬剤師の話はこちら
 
 
 

失敗が許されない環境

薬剤師の仕事では、「失敗」は絶対に許されません。
薬の種類や用量など、僅かでも間違えると患者さんの命を危険に晒すようなシビアな環境に身を置かれているのです。
その為、職場は緊張状態にあり、常にピリピリしています。
殺伐とした空気の中では、人間関係も悪化しやすい傾向にあります。
 

閉塞的環境

ドラッグストアの場合は、調剤業務以外にも、フロアの管理やOTCの販売等、様々なお店の仕事があります。
文系の社員やパートタイマー、アルバイターなど、多くの人間が行き来する職場の為、合わない人がいてもある程度ストレスは緩和されます。
ところが、調剤薬局の場合はそうは問屋が卸さないのです。
狭い空間でずっと働いている為、合わない人でも常に顔を合わせていなければなりません。
加えて、調剤業務はダブルチェックが基本で、強いチームワークが要求されます。
合わないからといって、その人から逃げる事は出来ないのです。
 

病院薬剤師の場合は?

大手チェーン店の調剤薬局やドラッグストアなどで、定期的に人事異動がありますから、合わない人がいたとしても、あと半年もしたら移動する、と思えば我慢できるというものです。
薬剤師の人間関係は経営者にとっても困り物ですから、上司に訴えかければ店舗移動などの対応をしてくれる場合も少なくありません。
ですが、病院薬剤部は基本的に人事異動がないです。
いつも同じメンバーで5年、10年など当たり前です。
病院薬剤部の人間関係が致命的に問題になるケースはこのような背景が大きな原因の一つです。
 
 
 

良好な人間関係を構築するコツ

原因がわかったところで、人間関係を上手に構築するコツについて一例をご紹介します。
 
 

ドラッグストアの場合

ドラッグストアは体育会系です。
その為、ノリが良く、レスポンスが早い人の方が好まれやすく、上司からの印象も良くなる傾向にあります。
元気よく「ハイ!」「いらっしゃいませ!」と大きな声を出しましょう。
また、薬剤師は店舗に一人だけという場合も多く、悪い意味で「特別扱い」されてしまう場合があります。
その為、他の従業員とも積極的にコミュニケーションを取り、深く関わっていくようにしましょう。
調剤室に籠城せず、お客様の前に出て商品に触れましょう。
 

調剤薬局

調剤薬局は女性が多い為、女性特有の派閥等の問題が起こりがちです。
仕事以外の話題を積極的に振るなど、和やかな雰囲気作りに努めましょう。
薬局長が男性社員であとは女性などといった体制の薬局も多いですが、このような女性の多い職場では、男女平等に扱う事に特に注意しましょう。
分け隔てなく接し、「褒める」を基本に接するように心がけます。
 

病院薬剤部

病院薬剤部の人間関係は調剤薬局と似ていますが、特に他の医療従事者との関係で問題が起こりがちです。
看護師は体育会系志向が強く、対応を誤ると大きな問題に発展しがちです。
病院では「医師」→「看護師」→「その他」という関係性が根強く、薬剤師の肩身は狭いです。
レスポンス良く対応し、仕事以外の話もするなど、積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3年間薬剤師として働いていると、自分が置かれている立場や業界事情、企業の状態などが見えてくるようになり、自分の将来像がより明確化してきます。

今いる会社でそのままスキルアップ・キャリアアップしていくことを目指すにしても、転職を考えるにしても、きちんと将来を見据えた行動をしなければ、後悔してしまう事になるかもしれません。

今回は薬剤師が3年めで転職する際に注意しておきたい3つのポイントについて紹介していきます。

 

薬剤師が転職サイトを利用する理由は?

 

 

薬剤師が3年目に転職する際に注意したい3つのポイント!

薬剤師は他の職種と比べても転職が頻繁な傾向にありますが、特に就職後1ヶ月前後の時期と、3年め~5年めにかけては転職する確率が増えます。

早ければ3年めにして管理薬剤師や薬局長といったポストに就くこともあり、業界や企業の事が徐々に見えてくる時期です。

自分が置かれている状況が見えてくることで、改めて将来を考え、この時期に転職する薬剤師が増えるのです。

 

 

 

ポイント1.「転職サイト」を活用しよう

薬剤師として転職する事場合、転職サイトは切っても切り離せません。

転職サイトを利用する事で通常の転職活動とは遥かに有利な状況で臨む事が可能になりますから、これを利用しない手はないです。

より効率的に転職活動を行いたいと考えるなら、転職サイトは1サイトに絞らず、2~3サイト登録して比較検討するようにしましょう。

 

 

ポイント2.転職理由をハッキリさせておこう!

転職理由がハッキリしている転職と、転職理由が曖昧な転職では、結果に大きな差が生じます。

新卒であれば曖昧な状況で就職してしまうのも無理もないというものですが、業界や企業の事情がよく理解できるようになってきた3年めの転職ともなると、新卒での就職とは事情が違います。

給料等の待遇面は勿論の事、勤務時間や休日、通勤時間や、転勤の有無など、転職先の条件はハッキリさせておきましょう。

条件が曖昧なまま転職してしまうと、転職する事で元の職場よりも環境が悪化してしまうケースもあります。

 

 

ポイント3.条件に優先順位をつけよう

より転職活動をスムーズに行う為には、自分が求めている転職先の条件の「優先順位」を定めていきましょう。

何を重視しているのか、どこを妥協しても良いのか、妥協していいものは、どこまで妥協しても構わないのか・・・

具体的には、固定給の有無や、転勤の有無、通勤時間はできれば30分以内、妥協しても1時間以内まで…など、譲れない条件を絞っていきましょう。

 

 

「転職」と「就職」は似て非なるもの!

経験者としての転職と新卒の就職は似て非なるものです。

新卒薬剤師として働き始めた時は、何を重要視すれば良いのか、何を切り捨てても良いのか、当然ですが、わからない事ばかりです。

そうして、わからない内に経験を重ねていく間に、徐々に日々の業務にも慣れてきて、自分が目指したいのはどのような薬剤師なのか、自分が理想とする「薬剤師像」のビジョンが徐々に見えてくる事でしょう。

転職で成功する為には、まず自分と、自分の置かれている環境をよく知る事が重要です。

  • どうして自分は転職しようと思ったのか?
  • 自分が仕事に求めているものは何なのか?
  • 薬剤師として何を成し遂げたいのか?

具体的に、かつ明確に目標を定め、転職活動を行うことこそ、転職で成功する為には最も大切な事なのです。

 

 

嫌われる薬剤師の特徴ランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はじめまして、こんにちは。

このブログでは薬剤師の求人・就職・転職に関する様々な情報を取り上げていきたいと思います。

よろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。