逸脱(いつだつ)酵素の話 | やくろう   健康のこと、病気のこと、漢方のこと、

やくろう   健康のこと、病気のこと、漢方のこと、

健康のこと、病気のこと、漢方のこと、発信いたします。
間違ったことも 多かろう と思います。
専門の先生、諸賢の方、
ご叱責、ご指摘、ご訂正、
 ご教授、よろしくお願いいたします。


テーマ:
肝臓、肝炎と漢方の話 その4の1.

肝臓細胞では、おびただしい酵素が活躍しています。

そして、細胞が破壊されますと、
それらの酵素が逸脱し、血管にあふれ出てきます。

その特定の 血中酵素量を測ることで、
遂次、肝臓細胞の破壊 現況の指標となります。

初夏、イモリ








 水辺の初夏、イモリ


GOTや、GPT は、
アミノ酸中の 窒素を、より簡単な化合物に 組み替え、
尿として廃棄したり、
単純化して、再利用に資する途中に、
働く酵素です。

他臓器にも少量あり、
細胞更新時に洩れるものもありますから、
ゼロではなく、大体、3~40以下なら、健康です。

初夏、イモリたち








 水辺の初夏、イモリたち

こうして、
これらの血管に溢れ出た酵素は、
現今の、 “肝臓破壊の状況” を、
つまり、
代表的には肝炎の “
炎症の程度” を、
即時的に数値で表します。


つづく、、、。



やくろうさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス