母ちゃんが逝きました

テーマ:

2/21 母ちゃんが逝きました・・・

 

どんな時も沢山の愛を注いでくれたやさしい母ちゃんでした。
また強い人でもありました。
どんな苦境でもけして弱音を吐かなかった。
その愛情と強さは最後まで健在でした。
 
呼吸器をつけるという決断は、とても重く
自責の念は少なからず残りました。

 

(苦渋の決断の様子はこちら)
http://ameblo.jp/yaku2tatsu/day-20150113.html
 
一旦つけた呼吸器を外して、もしも死んでしまったら医者は殺人罪を問われます。
だから中々、呼吸器をはずすということは難しい。
それが外せたのです、完全に!
目の前から撤去されました。跡形もなく!

 

でも順調だったのは2週間あまり。
私がGocooの公演で京都・伊勢を周って帰ると、容態が急変していました。
また呼吸器をつけることになってしまいます。
今度は肺炎と腎不全を引き起こし、徐々に体全体の機能が低下していきました。
そして

再度、呼吸器をつけてから1週間後、ついに2/21帰らぬ人となりました。
 
今思えば、もしかして
呼吸器をはずしたのは、「お前の決断は間違っていなかったよ」ということを
私に分からせるためだったのか?
そうに違いありません。
我が子が悩まされることがないように
懸命に呼吸器をはずして、力が尽きてしまったのでしょう。
とても深い愛情と母の強さを感じました。
 
自分も母ちゃんの死を受け入れる体制ができていました。
入院してからの3ヶ月
色々なことをやりました。
もう楽になった方が良い、と思えるようになっていました。
父の時もそうでしたが、死を受け入れるための時間をくれたのです。
 
そして絶妙なタイミング
1週間後にはフィリピンツアーが控えています。
前は京都・伊勢ツアー、自分が企画した味噌作りWSがありました。
亡くなってから、明日の通夜・葬儀まで
ちょうどそばにいれるタイミングがここしかなかったのです。
母ちゃんは、そこまで気を配っていたのか、
本当に不思議な力を感じます。
 
深い深い愛情を感じ
出てくる言葉は、親父の時と同じ
ただただ「ありがとう」です。

自責の念

テーマ:
呼吸器をつけて落ち着きを取り戻した母ちゃん・・・
全然目が開かなくなった。
 
呼吸ができなくなった際に酸素が脳へまわらず広範囲で脳梗塞が進んだようだ。
やっぱり選択を間違えたのだろうか?
このまま目を覚まさないんじゃ意味がない。
やはり現実は厳しい。
淡い希望も自責の念が支配していく。
 
「ありがとう」パワーも今は使えない。
心から感謝することができなくなってしまった。
呼吸器をつけなきゃならなくなったのも元は、最初の小さな脳梗塞だ。
範囲は小さかったけれど、不幸にも運動をつかさどる場所であった。
その最初の脳梗塞を引き起こしたのは、お医者さんの判断で行った透析のためだ。
手術は本当に心から感謝したけれども
その後の対応には不信感を抱き
心から感謝する、ということができなくなってしまった。
いつも心から感謝して生きるというのはいかに難しいことか。
 
でも
ふと考えた。
自分が経験した、つらいつらい決断はたった1回だ。
お医者さんは、毎日そういう決断をしている。
何が正しいか、正解のない決断を常にしなければならない立場にある。
最善の方法を選択したとしても患者が命を落すことだってある。
家族の中には逆恨みする人もいるだろう。
助けようと身を削って誠心誠意の対応をしても、結果が悪ければ感謝されることはない。
自責の念にかられることも多いのではないだろうか?
なんと不条理な職業なのだろう。
 
そう思ったら
責任を一身に背負って、病気に立ち向かってくれるお医者さんは本当に有難いな、と思った。
だからと言って、即座にもやもやが消え晴れ晴れとした気持ちになるというわけではなかったが、少し軽くなった。
 
 
もう一つ
以前、辻先生から教えてもらったキーワード
 
今を生きる
 
過去に囚われることをやめ、今できることをしよう
未来の不安は考えず、今を精一杯生きよう
それを強く意識するようにした。
目の前にいる母ちゃんが現実だ。
現在の姿を受け入れ、今できることを考える。
少しずつでも良くなってくれればいい。
 
呼吸器は既についている。時間は過去に戻せない。
呼吸器が外せるようになればいいのだ。
今に集中することで、どうにもならない過去の悔いや未来の不安を封じ込める。

こうして自責の念は薄らいでいく。
 

現代医学の功罪

テーマ:

12/ 4 心拍数低下 電気ショックで戻す。
事なきを得た後であったが、人口呼吸器について今後の方針を確認される。
 
人口呼吸器をつけると
言葉は発せられない、ものも食べられない
そして
一旦つけてしまうと外すのが難しい
 
いつも自分で何でもやってた母ちゃんだ。
そんなもの付けたくないに決まってる。
つけない方針とすることを伝えた。
 
「本当にいいですね」と念を押される。
何でこんなに念を押されるのか、その時はまだ意味が分かっていなかった。
「つけなくて良いです」ときっぱり答えた。
母ちゃんの目がうっすらと開いた。

 

翌12/5 今度は血圧上昇
心拍数も乱高下する。
タンがつまって自力で吐き出せない。
目は見開き、動く左手をしきりに動かしている。
苦しそうだ。
でも薬を多めに投与することで、何とか落ち着いた。
もし同じことが起こった場合、呼吸器をつけないと危険だと宣告される。
再度、呼吸器の方針を確認された。
つい一昨日前、目を開けて俺に気づいてくれた。
さっきも目を開けて、手を動かしてたし、死が近づいているとは到底思えない。
容態が戻ったこともあって、「何かあったら呼吸器をつけて下さい」と弱々しく言い残
して病院を後にした。
 
12/7
やはり呼吸器を付けてまで生きながらえるのは母ちゃんの本意ではないな、
と思い直し、「やっぱり呼吸器はつけないで下さい」と言おうと思って病院へ入る。
このところ昼間は安定しているのだが、夕方になると心拍数が乱れてくる。
この日もそうだった。もう4日連続。 
あらゆる処置をしても安定しない。
ついに
今すぐ呼吸器をつけるか選択をせまられた。
 
本人がどう思っていたとしても人は生きようとする。
生き物は無意識に生きようとするのが本能だ。
必至で生きようともがいている母ちゃんを目のあたりにして、見殺しにはとてもできな
い。
呼吸器を拒否するということは、死を意味する。
俺が母ちゃに向かって拳銃のひきがねを引くことと同じだ。
 
どうすれば良いか分からない、誰かにすがりつきたい
選択をしたくない
言葉が出ない 息をのむ緊迫感
女医さんがこちらをまっすぐに見つめる。
 
俺が決めなきゃならない。腹をくくった。
今、俺は死を受け入れられるか、受け入れられない。
だってまだ痩せこけてもいないし、目も生きている。
早く呼吸器を付けて楽にさせてあげたい。
 
腹は決まった。
呼吸器をつけてもらうようお願いした。
今まで我慢してきた涙がどっと溢れ出た。
 
呼吸器を付けた後は、安らかに眠っている。
これで良かった、と自分に言い聞かせるしか術がない。
本来は寿命だったものを、無理やり延命させてしまったのかもしれない。
これから長くなるかもしれないし、植物人間のようになってしまう可能性だってあるわ
けで、そんなのは母ちゃんの思いとは全然違っているだろう。
 
結局、どちらを選択するにせよ、自責の思いは拭えない。
これから先も俺につきまとうだろう。
 
医学の発展は、素晴らしいとは思うけれど、
簡単に死なせなくするようにもなってしまった。
こんなにもつらい思いをしている人達が沢山生まれている。
現代医学の功罪と思わずにはいられない。

ありがとうパワーは絶大!

テーマ:

11/18 母ちゃん転倒。大腿骨骨折
11/20 心筋梗塞になりかけていることが判明し緊急手術
11/26 透析中に脳梗塞を引き起こす

 

ここまで約1週間
ついこの間まで元気にしていた母ちゃんが・・
右手が動かなくなり、言葉も話せなくなった
足は骨折したまま

 

神はなんという試練を与えるのだ。
人が一生のうちにかかるかどうかという大病を一気に3つも背負わせるとは
あまりにも酷だ

 

いつもニコニコ笑顔を絶やさず
泣き言は一つも言わず
人に与え続けてきた母ちゃん
普通の人よりもずっと徳を積んでいるはずではないのか
あれよあれよという間に何もできなくなってしまった。

 

〇心臓手術

 

心臓検査から即手術が必要と診断され、心臓手術を引き受けてくれる病院を探す。
リスクの高い高齢者の心臓手術を引き受けてくれる病院はそんなにない

しかも難しい手術だ。

手術してくれるという病院が見つかり救急車で移送した段階で、すでに10時を過ぎていた。これから夜通し検査を行い翌日手術となった。

 

手術は成功した。

 
手術が成功した時は、本当に心から感謝した。
ありがとう ありがとう ありがとう
何度、感謝しても足りない。
あぁ心から感謝するというのは、こういうことなんだと思った。


〇脳梗塞

 

医者も分業化していて、手術前にリスクを説明して署名を求める先生
実際に手術を行なう先生、手術後の経過観測をする先生
と役割が分かれている。
手術後に担当した先生は女医さんだった。
おしっこの出が悪いので、透析を行うと言う。
その女医さんは初対面の時にケバイ厚化粧をしていて、何か引っかかるものがあったんだけど、その前に大腿骨に人口関節を入れる手術の日程が決まったので嬉しさのあまり、なんの気なしに了承してしまった。
それが脳梗塞を引き起こした。
たらればになってしまうが、透析なんてしなければ脳梗塞なんて起こさなかったかもしれない。
途端にお医者さんに対する感謝の気持ちは薄れていく。
なんとも釈然としない。

 

脳梗塞発生後は目が開かないことが多くなった。ずっと眠ったまま。
なんとか元に戻って欲しいと気を送り始める。
気を集中して送り込む。でも反応がない。
マッサージも始めた。
毎日、仕事帰りに病院へ寄り、パワーを送り続ける。
もう帰る頃はフラフラになって、受付のソファに座るとしばらく立ち上がれない。
パワーを送り続けてから3日後、他の方からのアドバイスもあって、気張ってエネルギーを送るのではなく「ありがとう」の感謝の気持ちを送るように変えてみた。
否定的な感情や頑張れという念を押し込めて、
命があってありがとうございます
いつも最善を尽くしてくれている先生や看護婦さんに感謝
というただただ感謝の念を送る。

 
するとどうだ。
目がバチッと開いて、にこっと笑った!
完全に分かっている。言葉にはならないけど俺に向かって何か言ってる。
明らかに俺を認識できている。
ありがとうパワーは絶大だ。確かに効果があると確信した。

 

寺田啓佐さんや斉藤ひとりさんが言ってたことは本当だったな。
「ありがとう」がミラクルを引き起こしてくれた。
本当に 本当に ありがとう!