カウガールズ主催 第1回「牛種ごとの美味しさを探る食事会」を終えて Ⅱ | 熟成肉と本格炭火焼肉 又三郎
2015-07-11 10:46:53

カウガールズ主催 第1回「牛種ごとの美味しさを探る食事会」を終えて Ⅱ

テーマ:店長日記

食事会に向けて


「お手伝いさせてください」と


安井シェフ(東京銀座高知県アンテナショップ 料理長)と


稲越シェフ(静岡御殿場 レストラン稲越)が申し出てくれました。


そして、お客様として真っ先に申し込んで頂いた渡邊さん


(大阪中央卸売市場 グルメ食材と熟成肉「フェリア」代表)には、


私から「いやいや!笑 是非、お手伝いしてください」と無理やり引き込み。






食事会までの3か月ほどの間に


カウガールズの紀子さんが東京から


ちーちゃんが栃木から大阪へ3回も足を運んで


全員が仕事終わりの深夜、


メニューや料理の試食・細部の打ち合わせを重ねました。


大森シェフも6月初旬に、紀子さんと共に、


栃木の前田牧場にちーちゃんを訪ね、


牧場や畑の見学、


近隣の今牧場のチーズを紹介して貰ったり、


食材に触れる旅をしてきました。





参加申し込みもフェイスブックに告知して


すぐに満席となり、


1か月前には10名様程のキャンセル待ちの状態に。



お料理の内容は早くに決まりましたが、


これまで、自分が参加した食事会で感じたことを大切にしました。


*食べることが辛く感じるような量は出さない。


 最後まで美味しく食べれる量が大切。


*「クスッ」っと笑えるような、頬が緩むような楽しい演出


*〆のデザートも手抜かりなく本気で!



各牛種の前菜に付ける旗を前日にみんなで内職して



ホルスタインの肉をエールビールで煮込んだ


「エールパイ」はたこ焼きぐらいの大きさにしたかったので・・・


じゃ・・・たこ焼き器にパイ生地と


エ-ルビールとデミグラスで煮込んだタネを入れて


オーブンで焼き上げることに。


焼き上がってみるとまるでたこ焼き!?


じゃぁ、


木の船に載せて、本当のたこ焼き風に。


青のりはパセリ、紅しょうがはパプリカ、


ソースはデミグラス



短角のチマキの肉を


スプーンでこそげ取って

作ったミニハンバーグもバンズを思いっきり小さく焼いて


お肉主体に味わえるようにしました。


カレーは4牛種の骨・筋・肉で作ったもの。


「ご飯を牛の型で抜いたら?」と冗談で言ってみましたが


その方がオペレーションもスムーズに。



〆の大切なデザートには


北浜のカフェ「フレンチマーケット」の馬場シェフにお願いしました。


馬場シェフは、リーガロイヤルホテル、オテル・ド・ミクニなどで


腕を磨かれたパティエで、


ユーモアと仕事にかける熱意とセンスが


素敵で、当時、さほど親しくなかったのに!?


厚かましくお声掛けしたら


即「やらして下さい!」と快諾を頂きました。


何度も作り返しながら



一品目の桃のベリーニと



2品目の「熟成させてモンキーバナナに様々な食感を添えて」


特に熟成モンキーバナナは独創的で、


この食事会にふさわしい一品でした。



参加してくださったお客様、仲間の皆さんのお蔭で


出来た食事会。


皆さん、楽しそうに過ごされているか?そればかりが気になりました。


楽しかったか?否かはそれぞれの胸の中。


少し時間が経った時に、


お肉を選ぶとき、


お料理を目の前にしたときに


この食事会でのことが、


ふと頭に浮かべば嬉しい。



飲食店はお客様に来て頂かないと成り立たない。


また、良い食材に恵まれないと美味しい料理は生まれない。


お客様と食材の間に私たちが関わり、


熱気を生み出す。


その熱気を「美味しい」と感じるお客様が店に集まりだす。


又三郎はそんな店になりたいと願っています。


「牛種ごとの美味しさを探る食事会」にお越し下さいましたお客様、


ご協力いただきました皆様、


改めて、御礼申し上げます。



追伸  次回は東京と栃木で開催いたします。


     













熟成肉と本格炭火焼肉 又三郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス