横浜元町 整体療術院 やか
http://www.yaka-seitai.com
https://www.youtube.com/watch?v=NPYkfOy8zzI



今日は、手足の冷え性は自律神経が影響しているという事についてです。


季節にかかわらず手足が冷たくなってしまう冷え性。


特に女性はこの症状に、日々悩まされているのではないしょうか。

 



冷え性の直接的な原因は、血行不良です。


私たちの体は、血液により体温を一定に保っています。


そのため、血液がうまく循環しないと、血液の届かない部分が冷えてしまいます。


したがって手足は心臓から離れた場所にあるため、特に血液が届きにくい場所です。


あなたは、自分の冷え性の原因はなんだと思いますか?


「体を温める食事をしていない」
「運動不足で筋肉が足りない」
「冷暖房で、体の体温を調整できなくなっている」


など、心当たりはさまざまでしょう。

 



しかし、それだけではありません。


なんと、それはストレスです。


なぜ、ストレスが冷え性=血行不良につながるのでしょうか。


その理由は、血流をコントロールする自律神経のバランス不均衡にあります。


まず、自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。


日中や活動時には交感神経が活性化し、血管を収縮させて筋肉を硬くすることで、体に適度な緊張感をもたらします。


一方、夜や休息時には副交感神経が血管を拡張し、筋肉を緩めることで体をリラックス状態にしているのです。


あまり意識することはありませんが、この二つがバランスよくはたらくことで、私たちは安定した日常生活を過ごしています


しかし、ストレスが蓄積されると自律神経のバランスが崩れ、交感神経が過剰にはたらくようになってしまいます。


これは「過緊張」と呼ばれる状態です。


過緊張になると血管が収縮するだけではなく、免疫機能を担う白血球が酸化し、血液がドロドロになってしまいます。


その結果、血行が悪くなり、冷えやすい体内環境をつくりあげてしまうのです。


目まぐるしく忙しい現代社会、特に働く女性は仕事と家庭の両立をしなければならないため、ストレスに敏感です。


ストレスはいつに間にカ大きくなり身体に大きな影響を及ぼすことになります。

 



ストレス解消法は色々ネットやテレビで紹介されていますが、一番重要な事はそれを続けることです。


まずは3ヶ月続けてみませんか。


きっといいことが待っていると思います。



HP「お勧めコンテンツ」の
「院長の坐骨神経痛日記」おススメ!

http://www.yaka-seitai.com/cat…/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

AD