~狩人達の酒場~

様々なことを書いてきましたが、当初の意図とは移りかわり、なんでもありの情報ブログ化してきました。まさに野次馬のごときブログです。いずれはいろんなハンター達の情報交換の場所をいずれは作りたいと思います。(ハンター×ハンター参照)


テーマ:



欧米は自国通貨安を放置したが日本は通貨安政策取っていない=麻生財務相


麻生太郎財務相が、円高に対する言葉による攻撃をさらにエスカレートさせている。ここ数年米国や欧州が自国通貨の大幅安を放置したことに苦言を呈し、また、米国に対してはドルを上昇させることを要望する発言をしている。



 安倍晋三首相率いる政権の通貨政策を握る麻生財務相によるこの批判は、現在は通貨引き下げ競争になっていると同政権が解釈している世界各国の潮流に対決姿勢を強めていることを改めて示すものだ。

今月中旬の総選挙では安倍氏が、円高が度を超しているとして、その是正を自民党の選挙戦キャンペーンの目玉政策の1つに掲げて大勝利を収めた。安倍氏とその周辺からの円水準に対する明確で強固な主張は、日本が世界通貨戦争をあおりかねないとの懸念を引き起こしている。しかし、麻生氏の発言もここ数年の円高による日本産業の世界との競争力減退に対する国内に渦巻く深い苛立ちを示すものだ。

 28日に行った財務相就任後の最初の報道各社向けインタビューでは、米国はドルを強くするという本来の仕事をするべきだし、その点はユーロもどうなのか、と語った。さらに麻生氏は、各国が通貨の引き下げ競争は行わないと誓った3年前の20カ国・地域(G20)の会合以来、円はドルとユーロに対し大幅に高くなったと述べた。その上で、G20メンバーのいくつの国がこの約束を履行していだろうかと疑問を投げかけ、日本は約束に則って適切な行動をとってきたと強調、「諸外国に言われる筋合いはない」、と述べた。(中略)

 近年では円の水準について懸念を示したのは麻生財務相だけではなかった。企業経営者やほかの政治家も円高に不満を漏らし、競争力喪失や減益、倒産や生産基地の海外移転の元凶と批難していた。

 2000年代後半の世界金融危機以来、ドルは円に対して30%下落して現在は1ドル=86円前後で推移している。この結果、日本製品の輸出価格が上昇して競争力が失われ輸出業者に大きな負担となっている。このドル安円高は麻生氏が20099月までの約1年間の首相在任時代に加速しており、当時の厳しい景気後退の一因といわれた。(後略)【WSJ 29日 12:51

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

うちの死んだ爺さんに曰わく
「80まで生きたら上等じゃ」

高橋是清、81歳没。確かに上等だ。
だけど是清、1933年に暗殺される…。

226事件だな。

これは軍縮を始めた是清に対して、陸軍がクーデターを起こした事件だ。しかし結果から見ると、時代はまさにファシズム。世界は殺戮と破壊の修羅場となっていく。
シオンの計画に書いてある通りにね…。

是清の時代、戦艦を何隻も保有する国があっただろうか。アメリカと並べると、太平洋戦争開戦時、12対1と、圧倒的な生産力の差があるが、それでもアジア地域では、日本は圧倒的な力があった。

当時の日本地図を見れば、大陸の満州、朝鮮半島はもちろん、フィリピンやインドネシアまで、日本と同じ赤に塗られている。(それは必ずしも、領土を表すものではないが)
とにかく影響力は絶大だった。

是清は、日本が軍拡する事が、アジア地域のパワーバランスを著しく損ない、やがて大戦争に引きずり込まれる事を知っていた、或いは察していたのかも知れない。

是清は勝海舟の息子とアメリカへ渡る際、アメリカ人に軍資金を盗まれる。そして大陸で、奴隷として売られ、現地の過酷な労働を強いられるのであった。
是清はたびたび起こる、奴隷の蜂起に参加しながら、英語圏の文化や言葉を学んでいく。

どんな時でも前を向く、如才ない是清の力強さを感じる。

是清は何とか帰国した後、政界にどんどん進出していく。そんな是清が最後に取り組んだのが、今と同じ、デフレに苦しむ日本の再生であった。
(続く)

1919年、アメリカが金本位制に移行する事で、各国がそれに続いた。
日本もそう。

そして金がどんどん流出し、アメリカ以外はデフレで疲弊していく。
後にFRB総裁のバーナンキは、金本位制を止めた国から、経済が回復する事を証明した。

証明もクソも、金本位制はアメリカに金を集める陰謀。各国が罠にかかっただけの話だ。

これを正したのは是清だった。
是清は日露戦争の資金を、ユダヤ人から引っ張り出した怪しい面を持つ。もと奴隷だけに、ユダヤのひも付きだった可能性はあるが、是清が金本位制を止め、日銀の国債引き受けから、デフレを脱却し、世界的な好例として日本経済を再生させた。

この是清の政策は、今この日本に重要なヒントを与えている。
義務教育では是清は徹底的に無視されるだろうが、それが真実を語っている。

現在、いつの間にか財政法にて、日銀の国債引き受けが原則禁止にされている。
これは、無節操な通貨発行により、過度のインフレを避けるため、だそうだがそれは真っ赤な嘘。ジンバブエのような、右も左も分からない日本人ではない。
マスコミ関係者も学者も官僚も政治家も、みんな分かってて、日本が沈没していく政策に沈黙を続けている。
そりゃそうだ。
目の前で仲間が不自然な死を遂げる中、事故だ病気だ自殺だで片付けるしかない。

言われるままに、簡単に御神木を切り倒され、巨木を求める業者の仕業だと報道されれば、そのまま信じて疑わない。
よく飼い慣らされた羊だよ。


以前に猛毒の砒素で、生命が生きているとNASAが発表。多くの科学者は疑問視するも、NHKは大々的に報道。
出てきた科学者とやらは、いかにも若い、チャラチャラした私服の男たちだ。安っぽい高校生のような雰囲気で、ケラケラ笑いながら発表していた。
後にあったのは、ニュートリノが光より速いと言う発表だ。

これは実験なんだ。

どれくらい嘘がまかり通るかのね。

未だにアポロが月に行ったと信じ、911がアルカイダの仕業だと信じる羊には、そのまま一生涯、人間牧場で暮らすのがお似合いだ。

しかし、その羊が食い荒らす大地が…。

もうほんとにどうかしてくれ…。

こんな国民が圧倒的大多数だとしたら、是清も沈黙したに違いない。
それこそ何も出来ないうちに犬死にする。

そして病気と報道されて終わりだ…。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
かっぱ寿司の地下では、捕まった河童たちが
泣きながら寿司を作る仕事をさせられている。
河童たちの給料は1日1本のキュウリだけ。
かっぱ寿司の正社員は、河童たちが逃げたりサボったりしないよう
いつも監視している。恐怖心を植え付けるため、時々無意味に
電気ショックを与えたりする。
河童のほとんどは子供で、「お父さん、お母さんに会いたいよう」と
いつも泣いている。睡眠時間もほとんど与えられず、
逆らうとキュウリを減らされる。

こうして人件費を大幅に抑えることで、かっぱ寿司は
安くて美味しいお寿司をみなさんに提供できるのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

以下は禁煙マスターさんからの引用です。


もちろん陰謀史観から、金融政策が基本的にバーゼルの指揮下にあると考えている。
バーゼルとは、中央銀行の中央銀行、世界決済銀行BISが拠点を置くスイスの都市だ。

ブッシュ大統領が、しきりに悪の枢軸と呼んでいたのは、このバーゼル傘下の中央銀行が存在しない国でしかない。

最近の世界の“市民革命”的な事変は、その国の中央銀行がバーゼル支配下に入ったまでの話に過ぎない。
現在攻略中のシリアは、もちろん中央銀行のない国だ。言うことを聞かないイラン、そして北朝鮮もまた、バーゼル由来の中央銀行を持たない。

今回、日本社会は日銀、中央銀行を自国の機関に取り戻そうと模索を始めた。そりゃそうだ。自国の中央銀行が独立してて、金融政策ができないんだから。

金融政策を、なぜか自国の中央銀行に、頭を下げてお願いする、という事態が続いているのだ。
山一証券が倒れ、自殺者を大量に排出する日本社会になった裏には、日銀法全面改正により、独自の金融政策を打てなくなった日本の姿がある。
ある経済人の話では、冷戦以降、アメリカの仮想敵国は日本だそうだ。しかしそのアメリカ自身が、肥大化し過ぎた結果、バーゼルの意思により弱体化を余儀なくされている、おそらく…。


相対的なアメリカの弱体化の対局には、やはり中国の台頭がある。(日本は絶対的だが‥)
アメリカのコントロールが難しくなり、中国を次の宿主に定めたところで、ここは手に負えないじゃじゃ馬だった。

ASEANへのテコ入れは、まさにここに要因がある。

ASEANの人口は約6億人。ユーロ圏をもしのぐエリア。しかも勤勉な労働者が破格の値段で働いている。(破格と言っても、もちろん国際通貨の比較の問題であって、日本人が格安で働くのとは違う)

この地域を次に成長させなければならない意図は、手に負えない連中が増えた結果、やむなしの話であろう。

計画通りであれば、互いに戦争をさせて弱体化するはずだったはずだ。


中央銀行を操る連中は、先進工業国の政策金利を低く抑え、この地域の金利を高く設定している。すると資本は、自動的に集まってくる。
あとはきっかけがあればよい。例えば中国のアホ民衆の、日本企業焼き討ちとか、ミャンマー民主政権樹立、とかね。

しかし彼らは分かっていない。相対的な弱体化を謀ろうとすればする程、全体の制御を困難にしていくという現実を‥。

世界はすでに先の大戦で、実に多くを学んでいる。


以上引用終わり



確かに今の支配層は自分で自分の首をしめてることに気づいてないような気がする。

豚は太らせて食えというのが、

太った豚でなくて、よく食べて鍛えられた豚になりつつあるのかもしれない。

情報が少なかった昔とちがって、今は民衆も学習しつつある。

もしくは、逆に極端にあほになってしまった民衆が恐怖というもの自体が分からなくなってる部分もあるかと思う。

たとえるなら「おまえ、そんなこと言ってどうなるかわかってるんだろうな」

と、いうのが脅し文句であっても理解できない輩が多いと「え、どうなるんですか?」ととぼけるでなく、

本当に素でわからない輩が多いと脅しが脅しでなくなってしまうことがあるんじゃないかと。

実際には脅しというのは脅してるから意味があるのであって、脅されてること自体が分からないとそれは効果がないということを


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【政治】 "国籍による差別だ。との批判でてたため"と生活保護の在日外国人、国民年金保険料が
全額免除に…厚労省★
http://logsoku.com/thread/uni.2ch.net/newsplus/1350748583/170-
この厚生労働省の決定に従い、日本年金機構は年金を払ってない在日
朝鮮人は、申請すれば日本人が積立てた年金が、自動的に在日に満額支給されることになる。
支給する理由は"国籍による差別だ" と在日朝鮮人から批判がでたためと民主党政権は回答して
いる。
実際は、民主党政権がある内に約束を実行するように催促され、民主党と韓国民団の裏公約であ
る、在日の保険料免除を決めたと関係者は語っている。 (記事 2012,10,20)

国民が知らない反日の実態 - 韓国民団の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/449.html
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4834.html
そうですね 投稿者: 投稿日:2007年 7月30日(月)07時49分30秒
年金支給や参政権は自民党政権では無理でしたが民主党政権なら実現できます。
これからの日本社会を背負う 日本人の若者世代をどう理解させていくかが大きなポイントです。
お人好しな日本人の気質をうまく利用していく必要があるのです。
こちらが一歩さがって、日本人の自尊心をくすぐってやるんです。
やつらはそういうのに弱いんですよ。ははは!

こんなことになってる現状。

民主がだめだから自民へといってるだけでは、国民は食い物にされてるだけになる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夢はつながります
そばにいるもの同士が一緒に寝ていると
夢がつながって 新しい夢
新しい物語が生まれます 」


(・・;)



たとえば
まーちゃんがファンタジーな夢を見て
いるかちゃんが冒険物の夢を見て
そしてとらちゃんが ご飯の夢を見たとします

そうすると
みるくのような受信系の子が みんなの夢を見ることで
ストーリーをまとめます

3人の夢を見てるので
ごはんを求めてファンタジーな冒険をする物語になると想います

そしてみるくがまとめたその夢を
今度はみんなが見るのです
その夢を見て 響きあってさらにまた新しい夢が生まれたりします

夢が夢を生む

そばにいる人が変わると
その夢が変わっていくのです 」

それは同じ種族同士だけでなく
違う種族同士でも夢が混ざります


人のそばに 木さんやお花さんがいても
木さんやお花さんの夢が 人の夢と混ざります


もちろん木さんやお花さんは
人よりも受信系なので
木さんやお花さんがまとめてくれた物語を
人が見る感じになります 」
「 
あと

起きていても夢がつながったりできたり

たとえば
仲良しさんどうし
手をつなぎあったり 肌を密着させあったりすると

それだけで自分の潜在意識に
相手の夢の情報が入ってきます 」





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「幻のさくら」より


「とりことばは
フレーズを繰り返す回数で 
想念に反応させる 
意味あいが変わってきます


 
同じ単語を
リズムよく 2回言うと その単語のイメージする物をマネる と言う意味になります 
リズムよく 3回言うと その単語のイメージする物を進めろ と言う意味になります 
リズムよく 4回言うと その単語のイメージする物を囲めと言う感じになります 

5回以上は あまりベビーの記憶や 
とり想念は長いものはおぼえきれないので
混乱するだけだと想います


とり頭なのです
 」


(・・;)・・




たとえば 
サンサンナナ拍子とか
3と3と7のようですが


とりさんから聞くと
3と3と4と3に聞こえて

すすめすすめ 囲め すすめに聞こえるそうです  


祭囃子も
とり言葉から来ていて

とりもどき(吸血鬼)や 
ちょっと前のとりの想念は 
そんなとり言葉に合わせて 
ロボットのように動いていました 


以前とりもどき首相が
構造改革 構造改革と
何度も同じ言葉を 繰り返していましたが

あれも理論を言ってるわけじゃなく

鳥の想念や 
赤ちゃんの頃の深層意識に 
反応させるために
あのフレーズを何度も繰り返していたのです 」以上引用終わり


という部分があったので、神社の拍手とも関係するのかとふと思ってさがしてみた。

4回が「囲め」という意味であるならば出雲大社とかのおまいりの仕方を怨霊封じ込め説をとっている人がいた。

以下にその分を記す





以下引用URL

http://www.izumo-murasakino.jp/yomimono-004.html


引用開始


出雲大社は怨霊を鎮める神社である、という説が出回っています。以前からある話ですが、一般に大きく広まったのは井沢元彦氏の「逆説の日本史」によるものだと思われます。しかし、本当にそうなのか、その主張を詳しく見ていきます。なお、筆者は井沢元彦氏のファンでもあり、ファンであるが故の指摘と思って頂ければ幸いです。


 「出雲大社は大怨霊オオクニヌシを封じ込めた神殿である」(逆説の日本史1古代黎明編、小学館)というのが井沢氏の結論ですが、その論拠としてあげられているのは

 ・出雲大社の本殿が日本で一番大きな建物であった
 ・神座が横を向いている
 ・五人の客神はヤマト系の神で、オオクニヌシを監視している
 ・しめ縄が普通の神社と反対の張り方をしている
 ・四拍手である
 ・出雲の「雲」は死の象徴である
 ・亡ぼしたオオクニヌシを丁重に祀らなければならなかった。三輪山がその例である

出雲大社の本殿が日本で一番大きな建物であった

 平安時代の口遊(くちずさみ)という本に、雲太、和二、京三という言葉があります。これは日本で最も高い建物の順番であり、一位が出雲大社、二位が奈良の東大寺大仏殿、三位が京都の平安京大極殿ということです。本当に出雲大社が一番高かったのか諸説ありますが、その当時はそう信じられていた、という井沢氏の話には納得できるものがあります。そして、出雲大社が一番高いのは「わ」の精神を表すものだから、という推論もかなり独自な視点で面白いと思います。
 ですが、なぜか井沢氏は神話のような平和な国譲りが行われたのではなく、「オオクニヌシは戦って敗け自殺したか、あるいは処刑されたのではないか」(逆説の日本史1)ということにこだわられているようです。ですが、私は平和に譲ったから「わ」の精神を表すものとして出雲大社が格別に大きなものに作られたのだと考えています。

 出雲大社の本殿というのは、神社の本殿の中で異例なもので、皇祖神天照大御神をお祀りする神宮(伊勢神宮)や藤原氏の氏神春日大社の本殿などと比べてかなり大きなものです。これについて国学院大学の椙山林継教授は「古代出雲大社の祭儀と神殿」(学生社)で述べられていることをまとめますと、「他の神社、例えば藤原氏などは春日大社の本殿をとびきり大きなものに造る力があった。でも作らなかった。それは自分たちの神社の本殿は別に小さいもので構わない、という認識があったのだろう。出雲大社については、国を譲られ、その地の本殿は高い建物だったのを見た大和政権が、国家の祀りとして立てるのだから、威信をかけて、他ではまねのできないようなとびきり大きなものを建てようとしたのではないか」という話をされています。出雲国では出雲大社と同じ造りの大社造で、比較的大型の本殿を持つ神社が多く、推論としては非常にうなずける話です。

・神座が横を向いている

 出雲大社の「神座が横を向いている」ということについて考えましょう。出雲大社の本殿内は逆”コ”の字のようになっていて、大国主神の神座は正面から見ると横向き(左向き)になっています。これを井沢氏は参拝者に拝ませたくないからだ、と主張され、「こんな形で神を祀っているのは、世界広しといえどもおそらく出雲大社だけではないか。」(逆説の日本史1)と書かれています。出雲には同じような大社造りの神社が多数あるという話はされていますが、実は出雲以外にも神座が横向きの神社があるのです。
 それはなんと「鹿島神宮」です。
 鹿島神宮と言えば、国譲りで天孫の使いとして剣の上に座って、大国主神に国を譲るよう交渉したあの勇猛な神、建御雷神(タケミカヅチ)が祀られている神社です。その鹿島神宮は本殿が北向きに造られて、神座が横を向いています。
 井沢氏の主張は「大国主神を拝ませないために神座が横向きだ」ということですが、とすると天孫側からすると大功臣である建御雷神も拝ませたくない、ということにならないでしょうか。

 では、なぜ出雲大社の神座は横を向いているのか、ということですが、はっきりこうである、という理由はもちろん伝わっておりませんので、あくまでの推論になり、諸説ありますが、一番有力な説は、出雲大社の本殿は古代の住居を現したもので、正方形の部屋に仕切りを設けてコの字方にし、入口より一番奥の部屋を上座としたから、というものです。それだけではどうして左向きなのか、等までは説明できませんので、井沢氏も引用している本「出雲大社」(第八十二代出雲国造、出雲大社宮司千家尊統著、学生社)では、西の方を見ているのは海、また北九州との関係があるのではないか、と指摘されています。なお、鹿島神宮の建御雷神の神座も東向き、つまり鹿島灘の方に向いています。何か関係があるのかもしれません。

・五人の客神はヤマト系の神で、オオクニヌシを監視している

 次は出雲大社の本殿内で祀られている「五人の客神はヤマト系の神で、監視させている」という主張です。これは前項の話とリンクしていて、大国主神の神座を拝ませないように横向きにして、横の部屋に正面向きに五人の客神を置いて、そちらを拝ませる、またこれらの神は「五人の客神は保安官であり、看守でもある」(逆説の日本史1)というのが井沢氏の主張です。井沢氏は「天之御中主神・高御産巣日神・神産巣日神。この三柱は『古事記』の冒頭に出てくる。つまり大和朝廷の神なのだ。他の二人もそうだ。」(逆説の日本史1)と明快に書かれています。では、その客座の五神とは

 天之御中主神 (アメノミナカヌシの神)
 高御産巣日神 (タカミムスヒの神)
 神産巣日神  (カミムスヒの神)
 宇麻志阿斯詞備比古遅神 (ウマシアシカビヒコヂの神)
 天之常立神  (アメノトコタチの神)

の五柱の神で、井沢氏が書かれたように古事記の最初に出てくる神です。天地開闢の時に、まず最初に成られたのが天之御中主神、次に高御産巣日神、次に神産巣日神で、その後に宇麻志阿斯詞備比古遅神、天之常立神が成られ、この五柱の神は別天つ神(ことあまつかみ)と称される、というお話です。一般的に天津神と国津神を分け、国譲り神話では天孫側が天津神、大国主神側が国津神と区分する人が多いようですが、古事記を見ればわかるのは、別天つ神五神は世の中の最初の神ですから、天津神国津神分離以前の神、双方の祖先ということになります。よって、五柱の神を天津神、天孫側、あるいはヤマト系と限定するのはおかしな話です。

 次に五柱の神を詳しく見ていきますと、まず最初の天之御中主神は、この最初に登場するだけで、これ以降古事記にもその他の神話にも事跡がありません。最後の二柱の神、宇麻志阿斯詞備比古遅神と天之常立神も同様にその後は登場しません。高御産巣日神は天孫降臨の際に天照大御神と共に神々を招集したり、使い神を指名したりしたり、天孫側と関係が深く、この神は井沢氏の言う「ヤマト系」の神にふさわしいかもしれません。問題は神産巣日神です。

 神産巣日神は古事記でその後出てくるのが「大国主神が兄弟達に殺された時に生き返らすのを助けた」「大国主神と共に国造りした少名毘古那神の父神だった」の二つで、また他に登場するのは出雲国風土記においてです。私はあえて「出雲系」と断定はしませんが、出雲と関係が深い神であったのは、間違いないところです。

そこで、整理してあえてどちら側かと分けてみると、

天之御中主神      = 中立
高御産巣日神      = 天孫側と関係深い
神産巣日神       = 出雲側と関係深い
宇麻志阿斯詞備比古遅神 = 中立
天之常立神       = 中立

ということになります。基本的に五柱の神とも祖先ですから、監視役というにはふさわしくない神です。もし、客神が建御雷神など天孫降臨時に遣わされた神であれば、監視役説がかなり説得力を持つと思いますが、これら五柱の神の立場、事跡を詳しく見ていくと、すべてヤマト系の神とは言えず、また、監視役というのには立派すぎる神であることがわかります。

・しめ縄が普通の神社と反対の張り方をしている

 一般的に神社は社殿向かって右が上位なので、しめ縄も向かって右から始めて、向かって左を終わりにする、というのが普通ですが、出雲大社はこれが反対で、向かって左は始めになっています。このことについて前述「出雲大社」において、千家尊統宮司は摂社の造り、本殿内の位置などを見ると、どうも出雲大社は向かって左を上位としているようだと記述しています。井沢氏はそれに対して、他の神社と反対である理由の説明になっていない、とし、その理由として、大国主命に死んだと気づかせるためで、「大社は「死の宮殿」であるからこそ、注連縄は「この世の神社と正反対」なのである。」(逆説の日本史1)という推論を立てておられます。

 ですが、実はしめ縄が反対の神社は出雲大社の他にも結構あるのです。例えば大山祇神社(愛媛県)や津島神社(愛知県)などです。
 しめ縄のみに限らず、神社での独自のしきたりや慣習について聞いてみると、
 「どうして、そうやっているのでしょう?」
 「わかりません、昔からそうやってたみたいです。」
という話がよくあります。最初は理由があったのかもしれませんが、長い歴史の中でわからなくなってしまったりするんですね。よってこの手の慣習の理由を後世の人間が無理矢理これだ、と断言するのはあまりよろしくないでしょう。もし、本当に出雲大社「だけ」反対ならば、井沢説もわからなくもないですが、他に同様な神社もあるわけですから、少し無理があるようです。

・四拍手である

 有名な話ですが、一般の神社の参拝作法は二拝二拍手一拝なのに、出雲大社では二拝四拍手一拝となっています。これについては「どうして「四柏手」なのか。「四」は「シ」であり「死」に通じる、縁起の悪いことこのうえもない。」(逆説の日本史1)と記され、これも大国主命に死を自覚してもらうためにわざと縁起の悪い四拍手にしている、というのが井沢氏の推論です。

 ですが、これも無理があり、出雲大社だけが四拍手ではありません。他には宇佐神宮(大分県)や弥彦神社(新潟県)でも四拍手ですし、神宮(伊勢神宮)でも参拝者はしませんが、八開手という作法があります。

 実は二拍手になったのは明治時代に神社が国家管理に入ってから後、作法を統一していったためにそうなっただけで、それ以前は各神社がばらばらな作法をしていたようです。出雲大社の四拍手の理由もよくわかりません。出雲大社を説明するバスガイドさんは「幸せの「し」だから四拍手です」と言ってますが、もちろん、それも正しいかどうかはわかりません。

・出雲の「雲」は死の象徴である

 千家尊統宮司の「出雲大社」では、イズモという言葉について考察し、出雲の「雲」は霊魂や神を表す時に使った言葉ではないか、と言われたのに対して、井沢氏はもっと踏み込んで「雲」イコール「死」の表現である、との主張されています。

 平成二十年の出雲大社ご遷宮での御本殿特別公開で見られた方も多いとは思いますが、御本殿の天井には「八雲の図」が鮮やかな色で描かれています。七つしかないのになぜ八雲なのか、などと色々と謎を呼ぶものでした。なぜ雲が描かれているのかもわかりませんが、千家尊統宮司は「神がいます所は雲の上、あるいは雲の中、あるいは雲の下でも、人里はるかに隔てた雲居の辺だ、と信じられていたことを示すものだろう」と書かれています。井沢氏はどうしても出雲を「死」と結びつけられたいようですが、私は素直に霊魂や神の現れと受け取る方が自然ではないかと思います。

・滅ぼしたオオクニヌシを丁重に祀らなければならなかった。三輪山がその例である

 その丁重に祀る例として、大和三輪山の話を挙げられています。滅ぼしたから丁重に祀るために、大和に大物主(大国主神とほぼ同神、と私も思いますが諸説はあります)を祀ったのだ。中国に似たような例がある、とされています。

 ここで注目すべきなのは「出雲国造神賀詞」(いずものくにのみやつこかむよごと)の記述です。「出雲国造神賀詞」は出雲国造が新しく就任した際に、はるばる京都の朝廷に参り奏聞する祝いの詞で、史書では奈良時代中期から平安時代前期まで行われたという記述があります。この中で、大穴持命(大国主神)は皇孫の守護神として祀られている、という話が出てきます。

 「そこで大穴持命の申し上げられますには、この大倭の国こそ、皇孫命のお鎮まり遊ばさるべき国であると申されて、ご自分の和魂を八咫鏡に倚り憑かせて、これを御霊代として、倭の大物主なる櫛ミカ玉命と御名を唱えて、大御和の社に鎮め坐ざせ、御自分の御子なる阿遅須伎高孫根命の御魂を、葛木の鴨の社に鎮座せしめ、事代主命の御魂を宇奈提に坐させ、賀夜奈流美命の御魂を、飛鳥の社に鎮座せしめて、これらを皇孫命の御身近の守護神として貢りおいて、御身自らは遠い守護神として、八百丹杵築宮に鎮座あらせられました。」(口語訳は延喜式祝詞教本、御巫清勇による)

 つまり、大国主神は自分の分身と子供の神たちを都の近くに皇孫の守護神として祀り、自分は出雲大社に鎮座した、という内容です。いや、この頃には怨霊を鎮める神から守護神へ変化してたのだ、という推理もなくはないですが、それにしても、滅ぼした王だけではなく、その子供を都の周りに祀らせるでしょうか。これは大和朝廷も本当に守護神としてみていた、ということでしょう。

 なお、井沢氏も取り上げられた周王朝の話ですが、殷を滅ぼした後に、祭祀が途絶えると祟るので、殷の王族にその祭祀が途絶えないよう続けさせた、ということであり、周王朝の守護神として祀ったわけではありません。

滅ぼされたのに祀られなかった神

 さて、ここまで見てきましたが、改めて井沢氏の主張を確認しましょう。
「いずれにせよ、大和朝廷はオオクニヌシを恐れた。なぜ恐れたかといえば、滅ぼしたからである。それは決して「国譲り」などという「和の精神」によるキレイ事ではなく、もっとドロドロした殺戮だったに違いない。
 だからこそ、大和朝廷はオオクニヌシを丁重に祀らなければならなかった。」(逆説の日本史1)

 しかし、この説の最大の問題は、同じように大和朝廷から滅ぼされたのにも関わらず、丁重どころかまったく祀られていない人物がいることです。

 その人物とは「長髄彦(ながすねひこ)」です。
 長髄彦は大和の国を支配していましたが、神武天皇との戦いに敗れ、結局は殺されてしまいます。実はこの長髄彦を祀っているという神社を聞いたことがありません。小さいところであるのかもしれませんが、大きなものはありませんし、神武天皇以後の神話、史書等で長髄彦の祀りをしている、という記述も一切ありません。

 神話では悪者になっていますが、長髄彦の立場からすると自分が治めていた国に神武天皇が侵攻してきて滅ぼされたわけで、井沢氏の言うオオクニヌシとほぼ同等の立場であり、怨霊理論の対象になってしかるべきでしょう。しかし、一方は守護神としてまで祀られ、一方は何も祭祀されず、うち捨てられたまま、という事実を見ると、大国主神が丁重に祀られているのはその怨霊を鎮めるため、とは思えなくなってきます。

終わりに

 ここまで見てきますと井沢氏の「オオクニヌシ=滅ぼされた=出雲大社は怨霊の神社」説はかなり苦しい推論であることがおわかり頂けたと思います。私は出雲大社と大国主神の異常とも言える厚遇は、やはり平和裏に国譲りがされたことが理由であり、「大国主神=平和に国譲り=出雲大社は国家守護の神社」であるとと考えています。

以上引用終わり




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
第二次世界大戦直前より国家の非常事態に備えてレアメタルの国家備蓄を行ってきた。

戦後になると、アフリカのレアメタル産出国の政情安定に対応するため、経済安全保障の立場から備蓄を進める国が増えた。 敵対国中国も同じ状況下にあった。

2010年を過ぎた頃から、資源獲得争いが活発となり国通しの争いが政治がらみで続いていたが、実力行使に赴いたのは、オリンピック後万博を待つまでに経済が急落した中国であった。

尖閣諸島での日本の争いなどはまだ可愛いもので、お隣の友好的なロシアでさえ圧力をかけるあり様で中国の無秩序な行動には国連にさえ手を焼く始末だった。

この領土国となった朝鮮半島は、リサイクルから再出されるレアメタルの確保により生活を維持する国民がほとんどとなり、河川や釜山港などは再出されるにあたって有害物質を垂れ流すが日常となる。

汚染された港では、不法投棄が続いて彼方此方でゴミの山となりその脇には魚の死骸がたくさん浮いている。

政府から『秀吉』の名前を頂いた浩太であったが、第三次世界大戦皮切りのこの朝鮮連合軍と戦う前に参謀3人を連れ、敵地に市場調査に出向く事となる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

今朝のラジオから、中国人がネットに世界の破滅を書き込んだ罪で数十人が逮捕、とあった。

当局によれば、根も葉もない噂で、人民の心を動揺させた罪だそうで、もはや日本の戦前戦中体制だ。

日本ではかつて、治安維持法に始まり、『流言飛語による人心攪乱罪』と言うのがあって、人々は何も言えないようになって行った。
真理だ何だと口にする者は、最後には人々の口を封じるようになる。
これが真理だw。


中国は毎年、7~8%の経済成長を達成できなければ、体制が維持できない、と中国人評論家がメディアで言っている。
それは中国共産党の意向でもあるのか、暴動発生の目安がその数値なのか、いずれにせよ、高成長を維持しなければ、体制が崩壊するかも知れないようだ。

もうそうなったら、中国共産党幹部は何をしでかす事やら…。
なんせ革命的な事が発生すると、中国人はリンチや公開処刑を当たり前にやらかす。日本人なら、そこまではなかなか行かない。しかし中国人は過激な面が強い。
もう後戻りは出来ないところまでヤってしまった共産党幹部の、尻拭いを迫られる中堅党員などは、どれほど戦々恐々としているだろうか。

持論ではあるが、社会的な悪事を野放しにする社会は、より反動的な体制を呼び込む。
これは後ろめたい気持ちを通り越して、恐怖に駆られる人間が増えるためだ。


基本的には子供の躾と同じだ。
大人がしっかり怒るべき時は怒るようにすると、子供はだいたい人の道からは外れない。
しかし、怒られるべき場面で怒られなかった子供は、やがて漠然とした不安を抱えていく。

その漠然とした不安感が、社会の許容範囲を超えると、まあ良くない事が起きる。

社会学的な解釈で言えば、ありきたりだが、一人一人の社会人としての、大人としての自覚の有無が、その社会の方向性を決定づける。

中国はもう、社会の許容範囲を超えた不安が蔓延している。それは銃乱射の絶えないアメリカも同様であるが、日本はまだ間に合う。

この国は本当に愛すべき国だと思うよ。






と、禁煙マスターさんが書いているんだが、おいらもまさにそのとおりだと思う。


昔の治安維持法と同じようなものがぼろぼろ出てくると思う。

たとえばネットの規制をはじめいろいろなイチャモンをつけて世の中とりしまるようになると思う。

現在でもネカフェに入るのに身分証明がないとだめだし、

児童ポルノなんかは、幼稚園の子供の写真、たとえば海水浴とかで友人の子供が裸で一緒にうつってたらアウトかもしれない。

迷惑メールとしてじゃかじゃか入ってくるものに添付されたエロ画像があったらそれでアウトとか。

いろいろやベー世の中だなあ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。