みなさん、こんにちは。

師走になり慌ただしくなってきました。

寒さや忙しさから体調を崩されたりしてないでしょうか?

たまには、お茶で一服してゆっくりと心を休めてくださいね。

 

お茶には煎茶やほうじ茶、玄米茶、抹茶や玉露などあり、

それぞれお湯の量や温度など美味しく飲むには入れ方が違います。

 

玉露は新芽が出始めから日光を遮ることで、茶に葉緑素が増し鮮やかな緑色。

また、収穫は基本手摘みとのこと。
手間をかけることからも玉露は高級茶として扱われています。

味は煎茶と違い独特の甘みがあります。アミノ酸が豊富で出汁のような味です。

 

 

普通の煎茶は80℃位の温度に対し、玉露は50℃ 〜60℃と低めで

お湯の量も一人前20㎖くらいととても少なめです。

 

 

残った茶葉にも栄養と旨味が豊富なので、ご飯に入れて食べると美味しいですよ。

塩を入れて混ぜるだけの簡単で身体に良い玉露ご飯のレシピ。ぜひお試しくださいね。

 

大切なおしらせ
 
先月末から、矢島園のホームページに不具合が発生しました。。
復旧作業に努めておりますが、しばらく時間がかかるようです。
 
ここから、オンラインショップでお買い物してくださるお客様は、大変ご不便をお掛けしますが、フリーダイヤル  0120-252055
までお電話をいただき、通販窓口でお買い物していただきますよう よろしくおねがいいたします。
 
 
 
2018.12.4