さて、ポンプはもう上がらない。

ので、営業再開に向けて、井戸は新たに掘らなければならないといけません。

 

ですか勝手に掘ってはいけないと「温泉法」で定められています。

まずは、県の環境審議会(温泉部会)に審議してもらい、「掘っていいよ!」という許可が必要です。

そこで問題になってくるのが、なんと審議会は年3回しか行われません。

少ない~!と思ってはダメですか。

 

一番早い審議会は、6月。

その前に4月中に必要書類を作り、受付を済ませます。

5月中に書類審査が行われ、5月下旬~6月中旬に現地調査が行われます。

審議会本番は6月下旬。

許可は7月上旬にでます。

 

やっと掘り始められるのが7月中旬。

掘るのに半年、24時間掘り続けて2~3か月はかかるそうです。

 

掘り終わって「イエ~イ!再開するぞ~」とはいきません。

またまた、県の環境審議会に通さなければならないのです。

え!!年3回しかなかったよね、審議会。

 

次の審議会の受付は8月。

あ~。無理ですね。

井戸掘ってる最中です。

 

その次は12月。

そこを目指すしかない!!

12月に受付が間に合えば、許可が下りるのは3月上旬。

 

ほんとにまるまる1年かかるということです。

 

その間、まことの湯どうしましょう。

1年間まるまる休むわけにはいかなぞ~

どうする~???

 

つづく