Yahoo SEO対策

Yahoo SEO対策

「Yahoo SEO対策」情報ブログ。Yahoo検索エンジンで安定上位表示・安定1位表示を達成するための役立ち情報を発信。Yahoo検索で顧客URL群の「安定上位表示」実績・「安定1位表示」実績大量のSEOプロによるYahoo SEO対策の助言。

Yahoo SEO対策

【まずYahoo検索エンジンの中身を知る】
Yahoo JapanがYahoo検索として採用している検索エンジンはYahoo Japan社の方針で変わって行きます。
2009年はYST(Yahoo Search Techonology)
2013年はGoogle

【中身を確認してから採用している検索エンジン向けのSEO対策を行う】
現在のYahoo Japanで採用されている検索エンジンの確認後、其の検索エンジン向けのSEO対策を行います。

【検索エンジンはロボット(人工知能含む)とスタッフ(人間)で構成される】
「検索エンジン」は自動化されたプログラムの集まりである「ロボット」(人工知能)と手動の検索エンジンスタッフ(人間)で構成されております。
この検索エンジンスタッフを含めたものを「検索エンジン」と呼びます。
「Engine」とは「動力源」の事ですので、検索の動力源には当然ながらロボットだけで無く「人」も含まれます。

検索エンジン側の99%以上の「仕事」は、検索ロボット・検索人工知能が担いますが、どうしても現テクノロジーでは解決できない部分に関してはごく一部分ではありますが目視手動で「人間」が代わりに検索の「仕事」を行っております。
検索エンジンスパム周りの「仕事」の一部は検索スタッフ(人間)が目視手動で対処しております。
そのため、自動化された検索エンジンロボットの検索アルゴリズムだけでなく、「検索スタッフの動き」(目視手動対応の動向)にも少し目を配る必要があります。

※具体的なSEOの技術的な話は当ブログ記事や弊メインSEOブログを参考にしてください。
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

上述した内容は貴サイト内で新たにページを増やさない場合のアドバイスですが、ページをサイト内で新たに増やせるのであれば「ページを増やす事で順位を安定させる」という方法もございます。
ターゲットキーワードに沿った新ページを貴サイト内部で量産して頂ければ、比較的早く順位が安定するようになります。

無料ブログ等の他ドメイン下のブログでキーワード「○○」関連の記事を書いても貴HPの順位安定には繋がりませんが、貴HP内で○○記事を色々な視点から書いて行き○○コンテンツを増やして行けば貴HPの各URLの順位安定度は増して行きます。
HP内で新ページを増やす場合も「情報充実URL」になるよう注意して頂く事と、新コンテンツ群の内容がキーワード「○○」に沿ったものになるよう注意して頂く必要がございます。

検索ユーザー目線で見た場合、ここに書いたような条件を満たすターゲットキーワードに沿った情報充実URLをサイト内に沢山持つ○○サイトは、有益で非常に役立つサイトになるのではないかと思います。
そういうサイトが安定して上位に表示されるようアルゴリズム調整しているのが「Googleの検索アルゴリズム」です。

SEOブログで解説させて頂いた通りでして、ネットショップの商品掲載ページであろうと、その他のどんなビジネスサイトであろうと、情報充実URLである事がGoogle検索では求められます。
サイト管理者はGoogle検索が求めている事を「満たす」事で安定的上位表示が達成でき、Google検索は検索ユーザーが求めている事を「満たす」事で検索エンジンシェアの維持や拡大を達成できます。

検索順位を決めるのはGoogle検索ですので、「Google検索第一、サイト訪問者第二」という姿勢で臨めば順位安定も達成できます。
まず第一にGoogle検索が求めている事を確り満たす、その範囲内でサイト訪問者の求める事も満たして行く、「SEO集客」を重視している場合は「要求を満たす順番」が大事だと申し上げられます。

サイト訪問者の要求は満たせていても、Google検索の要求を満たせていないURLは、順位は上がりませんし仮に上位表示されても順位維持は難しいです。

by SEO職人 トンちゃん

SEO対策 料金
バックリンク

テーマ:

>10、11月中ごろまでは正直あまり順位が上がらず、心配しておりましたが、ここ最近全体的に上がってきている様で嬉しいです。

ストレートに右肩上がりで対策URL群の順位が上がって行く事は滅多にありません。
また、設置した被リンクが仮に直ぐにGoogleサーバーにインデックス登録されたとしても、すぐに被リンクに十分な評価が乗るわけではありません。
Google検索では、ある程度の時間が経過してから被リンクに評価が乗りますので、直ぐに順位が上がって来なくとも心配するにおよびません。

あとは、其の時その時のアルゴリズム更新の影響も受けます。
検索アルゴリズムには株価のようにトレンドがあり、被リンク重視トレンドとコンテンツ重視トレンドが入れ替わって、それぞれのトレンドが一定期間続く傾向がございます。
こういったアルゴリズムのトレンドの影響も受けますので順調にストレートで右肩上がりで順位が上がって行くという事は通常はございません。

停滞期があったり、順位ダウン期があったり、間に色々と挟みながら、対策URL群の順位は上がって行くのです。
今後も一時的に停滞期をむかえたり、一時的に順位ダウン期をむかえたりしながら、貴URL群が上位に上って行くイメージをお持ちください。

我々は、被リンク重視トレンドにもコンテンツ重視トレンドにも対応できる状態を毎月SEO対策を通じて日々坦々と調えて行くのみです。
両方が実際に満たされた時に不動の上位表示に至ります。

>御社を信じて今後も対策をお願いしたいと考えております

お任せください。
初めて貴社からSEO依頼を頂いた頃よりも、更に弊所のSEO技術は伸びておりますし、社員も育ってきておりますので、ご期待に応えられるのではないかと考えております。

以上です。
今後とも、宜しくお願い致します。

by SEO職人 トンちゃん

検索上位
Webサイト 集客 入口



テーマ:

対策URLは、「そのURLだけで知りたい事が全部把握できる情報充実コンテンツページ」にして頂くか、もしくは、「そのURLだけでは解決しないがそのURLからリンクされているページやサイトを見れば全て知りたい事を把握できる」ようにして頂くと良いです。
このどちらかに該当するURLはターゲットキーワードで非常に有利な戦いが展開できます。

前者は「情報充実URL」、後者は「情報ハブURL」と申し上げられます。
対策URLは、情報が充実したURLにして頂くか、情報のハブとなるURL(ハブURL)にして頂くとスムーズに検索順位が上がって行き、上位表示後も順位が安定します。

不動の上位表示のコツは、繰り返しになりますが「ターゲットキーワードで情報の充実した情報充実URL」を用意して頂くか、もしくは「ターゲットキーワードで情報を網羅したハブ的な情報ハブURL」を用意して頂く事にあります。
情報を「充実」させるか、情報を「ハブ」するか、のいずれかが必要になります。

このどちらかに該当するURLであれば戦いを有利に運べます。
どちらにも属さないURLは「相応の苦労」をすることになります。

売上を追求しない一般サイト・趣味サイトならばハブURLやハブサイトにすればOKですが、ビジネスサイトの場合は他サイトや他URLへのハブでは他社他人を利するだけで自社は売上があがりません。
ですので、ビジネスサイトの場合は情報充実URLを増やし情報充実サイトを目指す事がGoogle SEO成功と売上アップに繋がります。

ネットショップサイトの場合は、末端の商品ページは情報充実URLをめざし、カテゴリーページはカテゴリ分野の商品群を網羅した情報ハブURLに仕立て上げれば、末端URLもカテゴリURLも両方とも「不動の上位表示」をさせる事も可能となります。
ブログなどもネットショップと同じで、カテゴリURLは情報ハブURLをめざし、個別記事ページは情報充実URLを目指すと各URLとも上位表示可能になります。

貴殿の場合は、どうもSEOのセンスのようなものをお持ちなようです。
2000字超えのコンテンツなどがその例です。

しかもただ文字数が多いだけでなく、ターゲットキーワード「○○」でコンテンツが初めから終りまで確りとまとまっております。
弊所がアドバイスせずとも、本能的にSEOの勘所といいますか、Google検索の上位表示要素を嗅ぎ分けて押さえているようです。

by SEO職人 トンちゃん

SEO対策 見積り
検索エンジン登録代行

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス